RSS1.0 | Atom0.3



A&C静岡・運営スタッフ募集

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市では、

2017年春季開催にむけて運営スタッフを募集致します。

 

【運営スタッフ募集について】

 

◉2名の運営スタッフを募集致します。

(男女各1名の採用を予定)

 

 ※基本、週末土日がお休みの方

 ※開催時、2日間の参加が可能な方

 ※県内在住の方

 ※18歳以上30歳前半まで

 ※A&C静岡に来たことがある

 

◯運営スタッフについて

・会場内の業務(受付・案内・車の誘導など)すべてに関わって頂きます

・運営スタッフは全て「有給スタッフ」となります。

・静岡在住で、会場へ車で通える範囲の方。(バイク、自転車、徒歩でも構いません)

・春季と秋季開催の2日間に参加出来る。(基本は4月と10月の第2週の土日)

 

ほか、

運営スタッフの詳細は面接時にお話をさせていただきます。

 

運営スタッフ面接を希望される方は、

「氏名・年齢・住所・電話番号」を必ず明記の上、

shizuoka@tezukuriichi.com 担当:名倉 までご連絡下さい。

 

 

ここから先はちょっとした小話として。

読んでも読まなくても面接に支障は御座いません。

 

 

A&C静岡では、

無給のボランティアスタッフ採用は受け付けていません。

ボランティアスタッフという制度を考えたこともありません。

 

スタッフとして責任をもって取り組み、

相応の時間を提供しなければならない以上、

それは仕事としての対価が支払われるべきと考えるからです。

 

A&C静岡の運営にかかる経費の中には、

運営スタッフの給料が含まれる、

会場利用料が含まれる、

チラシ等の宣伝雑費が含まれる、

などなど。

要するに、ふつうに運営されている。

そう考えています。

 

A&C静岡には、

20代前半から30台までのスタッフが在籍をしております。

スタッフはふだん別の仕事を持ち、

『好き』という気持ちをもって関わってくれています。

 

スタッフには、

作家さんが活躍する場に関わってみたいという

シンプルな想いを持つ人が多いのですが、

いずれは自分で飲食店をやってみたいと思っている人。

いつか作家さんの作品を扱うお店をやってみたいと思っている人。

などなど、自分の好きを、将来は自分のお店という形で

表現してみたいと思っている人もいます。

 

そんな様々なスタッフと関わり、

共に現場をつくり、小屋企画に取り組んでいると思うことがあります。

 

A&C静岡として長く運営が続き、

常に変化を重ね前進してゆく為には、

ひとりふたりの力ではあまりに不足する…

ということを。

 

大切なのは、

必要とするのは、

スタッフの『好き』という力。

好きを形づくる実行する力。

 

つくり手が月日をかけて変化を重ねる以上、

迎える私たちも変化を重ねない訳にはいきません。

 

そんな会場の代表として関わる中で、さらにふと考えてしまうこと。

『好き』という気持ちを利用している自分が常に在る。そのことを。

 

お金をもらって更に生まれる、スタッフの義務と意識。

お金を支払うからこそ生まれる、義務をもとめる私の道理。

 

普段こうしたことを考えている訳ではありませんし、

よりよい会場づくりに邁進するだけ、

と思っておりますが、ことスタッフ募集を再開する時に思い出すのは、

答えが出ることのないこんなこと。

 

 

今春で、A&C静岡は14回目の開催を迎えます。

 

出来るかぎりオープンな会場運営をしてゆきたい。

と思うと同時に、スタッフと一緒に取り組み、

更なる変化を自分たちでに求め発信してゆきます。

 

小話はやっぱり長話になりました。

ここまでご覧頂きありがとうございます。

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

名倉哲

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HPhttp://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





しごと。

 

ここ数ヶ月、他人の仕事をなんとなく聞き眺め感じたことがある。

 

共感とか、共有とか、

そんなものを前提にされる行いよりも、表現よりも、

たった独りの他愛もない仕事や感じたものの発露がどれだけ大事かってことを。

 

そう、手創り市はそもそも個人の仕事や成果を、

もっと云えば欲望を、渇望するものを、

見たいが為につくった場所。

 

最大公約数のみんなの為に…を前提としない場所。

 

それが特別なことだと思わない。

思って欲しくない。

 

 

「器のはなし」

 

1月15日に東京・雑司ヶ谷の手創り市で開催される「ふゆの陶器市」で発信される小咄。

 

決してボリュームのある記事ではないけれども、

文章を自分の鏡としてナニカを感じることが出来る様な気がします。

 

A&C静岡にも関係するこれらのこと。

 

それではまた。

 

名倉

 

・・・・

 

**運営スタッフ募集**

 

2017年春季ARTS&CRAFT静岡手創り市

開催スケジュールをお知らせ致します!

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





2017年春季開催「ワークショップ公募」

 

2017年春季ARTS&CRAFT静岡

ワークショップ公募について

 

【一般参加 兼 ワークショップ公募について】

 

ARTS&CRAFT静岡では、

一般参加兼ワークショップの出展者を公募致しております。

 

ワークショップを通してものづくりの楽しさを伝えること、

作家さんと来場者の交流が深まれば、より一層会場の魅力が深まるはずです。

 

「創る」風景が点在すること。

 

そんな会場づくりをこれからも継続してゆきたいと考えております。

 

 

●ワークショップ概要

 

春季ARTS&CRAFT静岡 2017月4月8日9日

一般参加と併せてブース内で両日ワークショップを行えること。

 

・ワークショップ用の貸し出しベンチは1脚。

 サイズはおおよそ幅160cm・奥行き30cm・高さ40cm程度。

 

・ワークショップ兼の出展作家さんには看板を貸し出し致します。

 看板のサイズはおおよそ高さ60cm・幅40cm程度。

 

・ワークショップの事前の告知はARTS&CRAFT静岡がお手伝いします。

 告知はブログやSNSを通して行われます。

 

・ワークショップは当日参加を基本とし、

 予約の対応の場合には、出展者自ら行ってください。

 

・ワークショップ内容は下記条件を満たすものであれば、内容は参加作家さんにお任せします。

 

※一般参加兼ワークショップの出展者の方には、

 特約として、1ブースあたり4名までのご参加が可能です。

 

 

●ワークショップ応募条件

 

・1人1人違うものが出来上がること。

 

・電源がないので電気を使用しなくてもよい内容。

(発電機を持ち込む場合には必ず事前にお申し出下さい)

 

・30分〜1時間程度で出来ること。

 

・教える作家さんがつきっきりにならなくても出来ること。

 

・その場で持ち帰れること。

 漆を用いた場合、その場で持ち帰ることが出来ない事もあるかと思います。

 その際の対応はすべて出展作家さんの責任でご対応頂きます。

 

 

●お申込について

 

・申込用紙は『一般参加申込書』でお申し込みください。

 

・出展料は一般参加と変わりません。

 

・出展場所などの検討材料になるモノやコト。

 スタッフが開催時に立会いができませんので

 ワークショップの作業内容は詳細にご記入ください。

(例:ワークショップの値段、発電機を使用する、匂いや音が発生する…等)

 

・申込書に、自作品と併せて、ワークショップで出来上がる作品の写真を貼付してください。

 

 

*ほかワークショップのお問い合わせにつきましては下記メールまでお気軽にどうぞ*

 

担当スタッフ

雫石

 

ARTS&CRAFT静岡





2017年春季申し込みスタート!

 

2017年春季ARTS&CRAFT静岡手創り市の申し込みがスタート!!

開催までの詳細は下記をご確認下さい。

 

 

開催日:2017年4月8日(土)9日(日)

申込期間:2月1日事務局必着まで

発表:2月12日

 

 

たくさんのご応募をお待ちしております。

 

 

※一般部門の規約改訂「個人に特化する会場」

 

※飲食出店の規約改訂「消火器の用意が必須」

 

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram





2016 → 2017

 

2016年のA&C静岡は、

春と秋の護国神社、冬の手前のくらしのこと市

そして、夏には三島で新たな会場、

Villageが始まり次なる一歩を踏み出しました。

 

2017年にむけて、

スタッフは小屋企画にむけて動き始めております。

 

A&C静岡の春季開催の小屋企画は、

春ということもあり、

新生活を迎えるにふさわしい展示会を実施致します。

 

 

また、2017年の秋季開催(10月7日8日)には、

会場全体でテーマを設けチャレンジをしてゆきます。

 

秋の開催のテーマは「白と 黒と」

 

 

一般部門は、

『白と黒』をテーマにご出展頂ける作家さんのみ応募を募ります。

 

白と黒の作品のみでブース全体で提案出来る方。

白と黒の作品を集めたひとつのコーナーをご用意出来る方。

幅広い白と黒をあつめた作品をご紹介する機会を作ります。

 

詳細については後日ご案内致します。

 

 

本年もA&C静岡のさまざまな会場にご参加ご来場頂き有り難う御座いました。

2017年もARTS&CRAFT静岡手創り市は変化を重ねてまいります。

 

それではまた。

良いお年を。

 

名倉哲

スタッフ一同

 

・・・・

 

【規約改訂:原則、1ブースにつき1作家まで。】clicks!!

 

【飲食出店規約改訂:消火器の用意が必須となります】clicks!!

 

 

2017年の開催スケジュールについて。clicks!!

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市
Mail shizuoka@tezukuriichi.com
HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com
twitter
Facebook
Instagram
 

 

 








Profile
New Entries
Archives
Category