RSS1.0 | Atom0.3



Villageよりお知らせ(5月27日)

 

Village出展者の皆様へ。

 

◯案内その1

昨日、皆さま宛に作家紹介についてのメールをBCCにて案内を致しました。

メールが届いていない方はinfo@village-mishima.comまでお問い合わせ下さい。

 

◯案内その2

ワークショップ兼出展の作家さんにもWSの情報請求のメールを送りました。

メールが届いていない方はinfo@village-mishima.comまでお問い合わせ下さい。

 

 

 

今回のVillage開催時には、

ご来場者の皆さまにむけて作家さんの出展場所などがわかる

会場マップ(パンフレット)が配布されます。

 

A&C静岡と違い、

Villageは公園内に出展場所のかたまりがあちこちに点在します。

その為、場内を回遊する為にはある程度の案内や補助が必要ですから。

 

また、今回のVillageの特徴として挙げられるのは、

それぞれのブースの固まりを『エリア』とは呼ばず、

『ナニナニ町』といった風に呼ぶことを進めます。

(例えば梅御殿周辺は『梅の小径』といったような)

 

 

Villageのコンセプトは、

三島という町のなかに更に特徴のある

『あらゆるつくり手が集う街』をつくること。

 

 

その第一歩として今回の開催では

上記を反映した会場マップ(パンフレット・無料)を配布します。

 

2日間で10000枚の用意を予定しております。

売り切れ御免(無料ですけど…)となりますので予めご了承下さい。

 

パンフレットは、入場時に園の係の方より配布されます。

受付の際に受け取ってくださいね。

 

名倉

 

 

 

<Village運営スタッフの募集は随時行っております!> clicks

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





A&C静岡・運営スタッフ募集

 

 ARTS&CRAFT静岡手創り市では、

2017年秋のA&C静岡開催にむけて運営スタッフを募集致します。

 

 

【運営スタッフ募集について】

 

◉4名の運営スタッフを募集致します。(男女問わず)

 

 ※基本、週末土日がお休みの方

 ※開催時、2日間の参加が可能な方

 ※静岡市または県内在住の方

 ※18歳以上30歳まで

 ※A&C静岡手創り市に来たことがある

 

◯運営スタッフについて

・会場内の業務(受付・案内・車の案内など)に関わって頂きます

・運営スタッフは全て「有給スタッフ」となります。

・静岡在住で、会場へ車で通える範囲の方。(バイク、自転車、徒歩でも構いません)

・春季と秋季開催の2日間に参加出来る。(原則、4月と10月の第2週の土日)

 

ほか、

運営スタッフの詳細は面接時にお話をさせていただきます。

 

 

運営スタッフ面接を希望される方は、

「氏名・年齢・住所・電話番号」を必ず明記の上、

shizuoka@tezukuriichi.com 担当:名倉 までご連絡下さい。

 

 

A&C静岡には、

20代前半から30代までのスタッフが在籍をしております。

スタッフはふだん別の仕事を持ち、

『好き』という気持ちをもって関わってくれています。

 

大切なのは、

必要とするのは、

スタッフの『好き』という力。

好きを形づくる実行する力。

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市は今年で8年目を迎えます。

これからも静岡の地でよりよく続けてゆく為に今回もスタッフ募集を致します。

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HPhttp://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





BLACK & WHITE / 公募について (2017秋季A&C静岡)

 

2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市の一般部門は、

「BLACK&WHITE」に参加する方のみを公募の対象としております。

 

これまでB&Wについての案内を私達なりにしてきました。

まずはこちらを参考までにご覧ください。

 

<B&W・考察その1>

<B&W・考察その2>

 

さて、公募の概要をご案内致します。

 

開催日

 

 2017年10月7日(土)8日(日) 9:00〜16:00 ※雨天開催

 

申込期間

 

 7月1日〜8月2日事務局必着まで

 ※申込書はHPトップよりダウンロード願います

 

 

申込方法

 

 申込書に必要事項記載、写真添付の上、ご郵送下さい。

 

  〜お願い〜

  B&Wでは

  作品写真以外にも

  作家の文章(言葉)による提案も

  重視したいと考えております。

  文章は、正解不正解ではなく、

  文字数の多い少ないではなく、

  伝える為のひとつの方法です。

  出来る限りでかまいません。

  ご協力頂けますようお願い申し上げます。

 

 

募集内容

 

 陶磁・木工・金工・ガラス・皮革・染織など、

 また、様々な種類のフードなどなど、

 ジャンルを問わない公募と致します

 

 〜出展資格として〜

 出品作品の全てがB&Wに該当する方。

 又は、ブース内の3分の1程度をB&Wに該当する作品コーナーをつくれる方。

 フード部門につきましては、まずはお問い合わせ下さい。

 

 

区画

 

 1ブース(3.0m×3.0m)

 出展料

 一般部門 10,000円 / フード部門 12.000円

 

 

注意事項

 

 必要な什器はすべて出展者様でご用意ください。 
 什器の貸し出しはございません。

 ほか出展に際しての規約は【参加要項】をご覧ください。

 


ご不明な点、ご質問などございましたら

shizuoka@tezukuriichi.comまでお問い合わせください。 

*フード部門につきましては「B&W」以外の参加お申し込みも受け付けております*

 

 

【2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市】

 開催日:10月7日(土)8日(日)

 申込期間:7月1日〜8月2日事務局必着まで

 出展者発表:8月13日

 ※一般部門はBLACK&WHITEに参加する方のみとなります

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





B&W 考察2

 

 

 

2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市では

会場全体で「白と黒」をテーマに開催致します。

 

前回の「考察1」に引き続き、本記事では考察2をお届け致します。

 

_

 

先日の反省会時、スタッフと共に考えてみた。

 

「白と黒のキーワードってなんだろう?」

 

わかりやすいはずなのに、つたえづらい。

そんな白と黒。

 

自分たちなりに考えやすく?してみようと、

 

具体的なもの、形のあるものを上部。

抽象的なもの、形のないものを下部。

 

ふたつに分けてキーワードをあげてみました。

 

 

*画像をクリックすると更に大きな画像をご覧頂けます*

 

 

 

 

 

 

ここで挙げた紙面に書かれたことに、

いわゆる正解のようなものはありません。

あくまでとっかかりのキーワード。

 

_

 

チラホラ届く作家さんの声。

 

「チャレンジし甲斐があるけど、ムズカシイ…」

「白と黒の作品を作ればいいって訳ではなさそうだし…」

「頭のなかのB&Wを形にして、どうやってお客さんに伝えるのか…」

「シンプルだと思っていたものが考えるほどに複雑になって…」

 

そんな風に届く、どの声も正しいものだと思いますし、

その過程にB&Wのようなものに参加する楽しみがある。

そうあって欲しいと、私たちは願います。

 

_

 

BLACK & WHITE

 

求められるものは、

作家ごとのアプローチ着地点

双方を見せることではないでしょうか?

 

「言葉で説明することは難しいし、正直なところ好きじゃない。」

「言葉で説明出来ないからこそ形に、作品にするんです。」

 

そういった声のどれもが理解出来るからこそ、

尚更、ひとりひとりのアプローチを知りたいですし、

体験してみたいと思っております。

 

次回のブログ更新は5月22日を予定。

「BLACK & WHITE」の公募についてご案内致します。

 

※記事について、B&Wについてのお問い合わせは下記mailまでお気軽にどうぞ。

 

名倉哲

shizuoka@tezukuriichi.com

 

・・・・

 

*2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市*

 開催日:10月7日(土)8日(日)

 申込期間:7月1日〜8月2日事務局必着まで

 出展者発表:8月13日

 ※一般部門はBLACK&WHITEに参加する方のみとなります

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





2017・春の反省会

 

先週の日曜日のこと。

一ヶ月前の春季A&C静岡の反省会を行った。

 

午前10時に集合し、

途中の昼食(BBQ)をはさみ、

14時より再開し17時に解散。

いつも通り一日がかりの長丁場。

まずは参加してくれたスタッフたちにありがとうを伝えたい。

 

サンキュー

 

(頭をかくひと、笑いをこらえる人、様々である。)

 

反省会では、

まずはふたつのグループに分かれ、

今回の中心となる議題について自由に話し合ってもらうからスタート。

 

今回の議題の中心は、

2日間の流れを改めて確認し、

「やるべきこと・やらないこと」を整理しようということだった。

 

話しは少しそれてしまうが、、

 

ここ数年、

スタッフの現場で発揮する力のベースアップによって、

より細やかな対応が出来るようになり、

スタッフ内でも自発的に動けるようになってきた。

 

細やかな対応はイコール、

ディテールを突き詰めることに繋がる。

 

これは一見良きことのように感じるが、

私はそこに落とし穴があるような気がしていた。

 

ディテールを追い求めることは、

スタッフとしての良心と幾らかの自信のあらわれ、

なにより、スタッフ同士の相互の信頼から生まれることであり、

そのことになんら反論することはないけれど、

その先にあるものは、ディテールを過剰に追い求めるあまり迎える

ある種の不幸が生じてしまうだろう。

 

ある種の不幸とは、

出来なかった自分への反省や後悔の感情。

本来、やるべきことは全て出来ていたのにも関わらず。。

それは哀しいことだと私は思う。

 

そのことを案じていたけれども、まあそれはそれ。

放っておこうと思った。

それもまた途中経過でしかないのだから。

 

今回の開催で「もうこれ以上は止しておこう…」と感じ、

改めて2日間の流れを洗い出し、

やるべきこと・やるべきではないことを整理することに繋がった。

 

ここで大事なことは「やるべきではないこと」を整理すること。

そのことへの「何故?」をしっかりと理解し直してもらうこと。

スタッフとして現場に立つ人の「良心」と「やるべきではないこと」は、

時として相反するものでもあるから。

 

私から皆へ理解してもらうことをお願いすること。

スタッフ間で理解しあうこと。

それがあってはじめて、現場で形になるのだから。

 

(緊張感のある人たちのなかにも緩和をつくる人もいたり。)

 

2日間の流れについてここで詳細をあげるのは割愛するが、

やるべきこと以上のことができるスタッフたちだからこそ、

その力を、その時々で生まれる小屋企画や、

自分たちで発信出来る未知のことへ反映させてゆきたい。

そう結論づけた。

 

_

 

BLACK & WHITE 。

 

反省会の後半はB&Wについて時間を費やした。

 

スタッフが考える白と黒の

「具体的なもの」と「抽象的なもの」を

キーワードとして挙げてもらいお互いに閲覧しあう。

 

具体的なものを「上部」として、

抽象的なものを「下部」として置き換え、

当初はこれ難しいな〜という声もあったけれど、

やってみれば意外とそれぞれの共通点や違いが見えて面白い。

 

その辺りのことは「BLACK & WHITE 考察」その2としてご案内致します。

 

_

 

次回のブログ更新は5月21日。

B&W 考察その2をお届け致します。

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

名倉

 

・・・・

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 








Profile
New Entries
Archives
Category