RSS1.0 | Atom0.3



申込スタートまであと1週間。

 

本文と写真は関係御座いませんが、

昔々の働く人々の作業着は見えないところにお洒落がいっぱいだと思います。

外に見えるは心がけ。内に見えるは…さて、なんでしょう。

 

_

 

1週間後より2017年秋季のA&C静岡の申込みがスタートします。

今回、一般部門は「BLACK&WHITE」に限るということになっております。

まだ知見の無い方はまずはご覧頂けたら幸いです。

 

そしてARTS&CRAFT静岡手創り市の基準である「個人に特化すること」

お申し込みの際には、こちらもお忘れなく!!

 

_

 

Villageの開催まであと3週間ほど。

もうすでにやれることは少ないかもしれないけれど、

きっとVillageのスタッフは最後の最後まで足掻くと思う。

現場スタッフとして出来る人間たちだからこそ、

そのことに安住せず、やれることを最後まで。

Villageは今まさに昨年の反省と自らへの復讐?を形にしようとしています。

暑い夏に、熱いスタッフたち。

さてさて、どうなることやら・・・

 

 夏を盛りつけるワークショップ at Village内梅御殿にて

 2017年7月15日16日 各日2部制

 お申し込み受付中!

 

名倉

 

____

 

**ARTS&CRAFT静岡・運営スタッフ募集**

 

↑↑↑ CLICK CLICK ↑↑↑

 

 

【2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市】

 開催日:10月7日(土)8日(日)

 申込期間:7月1日〜8月2日事務局必着まで

 出展者発表:8月13日

 ※一般部門はBLACK&WHITEに参加する方のみとなります

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 





畑の見学(夏を盛りつけるWS関連)

 

 

先週末はVillage開催にむけて

午後より会場シミュレーションを実施しました。

午前は「夏を盛りつけるワークショップ」

ご協力頂く農家さんの畑にお邪魔してきました。

 

今回ご協力いただく農家さんは三島にあります

「フードカルチャー・ルネサンス」さん。

 

在来種や固定種の作物を完全無農薬で育てています。

 

 

畑で聞かせて頂いた、土壌のこと。

なにより刺激があったのは

作物の素になる種も自分たちでつくられているとのこと。

 

 

人参や大根などの花は時間の経過と共に朽ち、花は種への変わります。

その種が新たな作物として成る。

自然のサイクルに寄り添い、作物が育つ無理のない環境をつくること。

大変な仕事をされているなあ〜と思いました。

 

そんなフードカルチャー・ルネサンスさんの野菜は

今回の梅御殿でのワークショップで実際にご利用になれます。

 

野菜の姿形。手にした時の感触。匂い。

などを意識しながら盛りつけ、実際に召し上がって頂けたら幸いです。

 

 

 夏を盛りつけるワークショップ at Village内梅御殿にて

 2017年7月15日16日 各日2部制

 お申し込み受付中!

 

 

名倉

 

____

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





Village 広報活動(6月10日)

 

Villageスタッフの高木です。

  開催まであと約1ヶ月となりました。

  開催日に雨が降らないことを祈りながら日々を過ごしています。

 

さて、6月10日。

三島と沼津、そして富士の店舗様に、

Villageのチラシをお願いさせていただきました。

 

 

 

山口洋佑さんのイラストが描かれたフライヤーとなります。

もし、よろしければお手にとってくださいね。

 

今回、フライヤーをお伺いさせていただいたのは以下の店舗様です。(敬称略)

 

=三島=

・iri http://iri-mishima.com/

・sora https://www.mishimanosora.com/

・chigiri http://utuwa-chigiri.com/

・10-1 Kettle http://10-1kettle.skr.jp/

・Iwase - coffee http://iwase-coffee.com/

・クレマチスの丘 NOHARA BOOKS http://www.noharabooks.jp/

・casa サントムーン店

・サントムーン柿田川

 

=沼津=

・Wild Oven https://www.facebook.com/WILD-OVEN-263596697136458/

・Swing coffee stand https://www.facebook.com/swingcoffeestand/

・THE BLUE WATER http://the-blue-water.com/

・花野子 http://cafe-kanoko.com

 

=富士=

・pain campanio http://pain-campanio.jugem.jp

 

 

特に三島駅の近くのiriさん、soraさん、chigiriさんなどの皆さまには、

非常に励みになるお言葉をいただきました。

スタッフ一同、気を引き締め、頑張ります。

 

私たちVillageはまだまだ開催の歴史が浅いイベントです。

少しでも多くの方々に知っていただけるようにも活動を進めております。

そのような知名度の低いイベントにも関わらず、

各店舗様はご協力いただき本当にありがとうございます。

 

出展される作家の皆さま、そしてご来場いただく皆さまにとって

心に残るイベントとして続けていけるよう準備を進めてまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

*後日、Villageのスタッフが静岡東部の店舗様をご紹介する記事を作成する予定です。

*A&C静岡版はこちら→ ぐるり静岡 / おいしい静岡

 

高木

 

_

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com





ワークショップまとめ(Village 2017)

 

2017年7月15日・16日

第2回 Village mishima rakujuen

 

2日間の開催中、

出展作家のブースにて行われる

ワークショップのまとめ記事をご案内致します。

 

すべてのワークショップの参加方法は直接ブースに訪れご確認ください。

 

*画像をクリックすると該当するページへ移ります*

 

______

 

小浜の森では、

「苔玉のワークショップ」「匙づくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

梅の小径では、

「革のガーランドとキーホルダーづくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

北町では、

「革でつくるバスケットづくりのワークショップ」

「端切れでつくるぬいぐるみづくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

西町では、

「手織りのコースターづくるのワークショップ」

「アロマキャンドルのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

*会場マップ*

事前にダウンロードする際には【こちら】clicksをご覧ください

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





「夏を盛りつけるワークショップ」夕顔 藤間夕香(Village)

 

 

 

Village mishima rakujuen 2017

<夏を盛りつけるワークショップ>

 

 

景色を切り取り、見つめ、味わうこと。

旬のお野菜を季節に置きかえて見てみると、

いつもとは少し違ったひと皿ができあがる。

 

光も影も鮮やかに目に映る夏。

夏 といえば、

どんなことを想いますか?

景色、記憶、温度、色あい etc..

 

園内にある梅御殿にて

「夏」からひろがるイメージを

野菜や果物に重ねて味わう「盛りつけワークショップ」を行います

 

夏。

鮮やかに照る太陽

(例えばその姿を、トマトの色形に重ねたり)

水が恋しくなり、涼を求める気持ち

(そのイメージを、瑞々しさ溢れる胡瓜に繋げたり)

 

.

 

本ワークショップは、

ずらりと並んだ 夏野菜・果物から、

これ という組み合わせを選んでいただき

思うままのかたちに切って、

各々へご用意する Village参加作家さまの大皿へ、

夏景色を盛りつけてゆきます。

 

盛りつけ後には、みなさんのお皿の上のお話に耳を傾けながら、

夕顔特製「 香りのオイル 」とともにサラダとしてお召し上がりいただきます。

ハードブレッドもご用意しますので、お食事としての「夏」もお愉しみいただけます。

 

「こんな風に盛りつけたいのだけれど、どうしたら?」や、

「夏の景色? どのように?」

などなどありましたら、お気軽に声をかけてくださいね。

盛りつけのコツや景色をたてる手がかりをお話しながら、

夏のひと皿を一緒にみつけてゆけたらと思います。

 

みなさまのご参加、愉しみにお待ちしております。

 

 

 

*本ワークショップでは三島の農家さん、

 フードカルチャー・ルネサンスにご協力いただきます。

 

 

 

【日時】

 

 7月15日(土)16日(日)

 各日ともに

 第1部  10 : 00 〜 12 : 30

 第2部  13 : 00 〜 15 : 30

 ※各回、12名までの参加となります。

 ※申込方法は下記にてお知らせ致します。

 

【場所】

 ※申込完了時に案内のデータを送ります。

 

【参加費】

 

 おひとり 4000円

 盛りつけていただいたサラダ + ハードブレッド ・お茶付き

 (サラダには、自家製番茶オイルをはじめ、

  夏野菜と相性のよいオイル・ドレッシングをご用意いたします)

 ※別途、園内入場料(300円)がかかります。

 

【持ち物】

 

 必ず必要なものではありませんが、

 お洋服の汚れを防ぐエプロンがあると安心です

 

【作家】

 

 夕顔  藤間夕香

 HP www.fujimayuka.com/

 Instagram instagram.com/fujimayuka/

 

【申込方法】

 

 件名を「夏を盛りつけるワークショップ」とし、

----------------------------------------

 ・ご希望の時間帯(ex.15日1部)

 ・氏名(全員のお名前)

 ・参加人数

 ・携帯電話番号(代表者のみ)

-----------------------------------------

をご記入の上、info@village-mishima.com担当・松村までお申し込み下さい。

 

お申し込み後、Villageよりご返信いたします。返信をもって参加予約完了となります。

(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)

※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。

※参加希望の方は事前にメールにてご予約をお願いいたします。

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、

 空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。

※参加費のお支払いは梅御殿への入室時にお支払いください。

※事前準備がございますため、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

 開催日1週間をきったキャンセルの場合、

 キャンセル料金として参加費全額のお支払い頂きます。

 

なお、今回のワークショップではVillageに出展する参加作家の器を利用致します。

 

【器の貸し出し協力作家】

松本美弥子クロノユキコ芽子生窯 近藤亮介

初澤 勉 / おぐろちはる / モノエ / 石川隆児

a e i  / 土のしごと 小倉夏樹・眦舁吏

3RD CERAMICSKANEAKISAKAIPOTTERY

フナハシトモハル

 

__

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 








Profile
New Entries
Archives
Category