RSS1.0 | Atom0.3



「第20回目の2020年春にむけて」

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市は2020年の春をもって20回目の開催を迎える。

丸っと10年で、準備期間を含めれば11年目。

 

第20回目の開催は云うまでもなく節目の開催となるだろう。

その時に何をするのか?

 

彼此5年ほど、毎開催ごとにテーマを設けて開催してきた私たち。

テーマの規模はその時々だ。

会場全体で行ったこともあれば、有志で行ったこともあるし、一部エリアを規定、自作の小屋を使って行ったこともある。

 

これまで会場にてテーマとして行ってきた一覧。

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

「ハル 星まとう コヤ」2014年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=588

 

さまざまな作家のアクセサリーが集まる自作の小屋の展示会。

絵描きがアートディレクターとして加わった回でした。

 

 

 

 

 

 

「アキ 花めでる コヤ」2014年10月開催

http://www.shizuoka-tezukuriichi.com/koya/201410/

 

花器を集める展示会を自作の小屋で開催しました。

他会場にて巡回展も開催。

 

 

 

 

 

 

「 g r e e n 」2015年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=765

 

第10回目の開催は未熟から成熟を目指した開催でした。

会場全体でテーマを用いた初めての試みでした。

 

 

 

 

 

 

「MY CUP IS …」2015年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=776

 

取手のつかないフリーカップを集めた場を場内につくりました。

自家焙煎の珈琲豆のWSも同時併催。

 

 

 

 

 

「おやつの時間」2016年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=911

 

菓子皿を中心とした作家が集まる企画を提案しました。

 

 

 

 

 

 

「酒器と日本酒。」2016年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=983

 

あらゆる酒器を集めた展示会を場内にて開催。

県内の酒造蔵と共に企画を進め、料理家にも参加して頂きました。

 

 

 

 

 

 

「春の雑貨展」2017年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1077

 

さまざまな作家や店舗が集まる場所を雑貨店と称して2日間限りのお店をつくりました。

お店は自作の小屋です。

 

 

 

 

 

 

「BLACK&WHITE」2017年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1072

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1191

http://shizuoka-info.jugem.jp/?cid=43

 

会場全体をひとつのテーマ「白と黒」で提案しました。

いつかまた、再び挑戦してみたいテーマです。

 

 

 

 

 

 

「本とわたし」2018年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1246

 

出展者とスタッフの本を通して背景を伝える、入口とする場を作りました。

出展者とスタッフが交わる場としても機能しました。

 

 

 

 

 

 

「日日はさむ」2018年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1369

 

生活とアートをテーマに見開きの本を舞台に行いました。

抽象的なこの提案は思いの外、多くの方に楽しんで頂きました。

 

 

 

 

 

 

「キレとクチあたり」2019年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1454

 

マニアックな視点と思いがちのキレとクチあたりは体験を通して伝える場になりました。

県内で永く続くお茶屋さんとの協力は私たちにとって新たなチャレンジにもなりました。

 

 

 

 

 

あるべき姿を、目標とする場所を理想とした場合、常に他者の存在を意識しつつ、けれど、まずは自分たちで考え決定するという意志を持って、その時々のテーマを課してつくってきた。

 

いつだって、多くの方に協力してもらってきた。

今は現場にいないスタッフも含めて。

 

いろんなことが同時進行している私たち。

 

そろそろスタッフ内でどんなテーマを提案するのか?

話し合おうと思っている。

 

遅くとも、9月上旬には案内できるようにしたい。

 

第20回目の開催時もきっと多くの方の協力によって形づくられるだろう。

その時には、静岡スタッフの誰ひとり欠けることなく、何かしらの役割をもって、全員でやりたい。

 

正解を見つける為の場所ではないが、チャレンジはするべき場所として。

だからこそ、一歩踏み込んでみよう。

それが次なる1ページの幕開けなのだから。

 

名倉哲

スタッフ一同

 

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 





「 ハレの日の装身具 」(#静岡手創り市2019秋)

 

 

 

2019A&C静岡手創り市

 

<ハ レ の 日 の 装 身 具>

 

 

深い緑の護国の杜でハレの日に見つける装身具を見つけてみませんか。

ハレの日に身につけてもらえる装身具を提案してみませんか。

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市では、

「ハレの日の装身具」と題したテーマで一部エリアを作ります。

 

以下、公募の案内となります。ご覧ください。

 

 

 

 

 

 

◯舞台の設定

 

今回、「ハレの日の装身具」では「ウェディング」を舞台とすることを定義します。

 

<対象>

・主役となる女性

・主役を祝うゲスト(主に女性)

※いずれも女性への作品の提案を中心になることを想定しております

 

 

 

 

 

 

◯対象となる作品

 

・髪飾り

・耳飾り

・首飾り

 

など。

 

対象外の作品について

▷皮革、ファーを使った作品

▷生花を使った作品

▷ブラックパール

 

なお、上記、対象外の素材を作品の一部としてご利用の場合、事前にご相談下さい。

ご相談なく出品された場合、出品をお断りする場合が御座います。

ご理解とご協力をお願い致します。

 

 

 

 

 

 

◯対象となる作家

 

「髪飾り」を出品できること。(点数は問わず)

 

ハレの日の装身具では主に女性を対象としております。

ウェディングの際、多くは髪の毛をアップにすることからも髪飾りの出品を必須と致します。

 

「1」出展の際には「ハレの日の装身具」に該当する作品のコーナーを作って下さい

「2」ハレの日の装身具に該当する作品の出品数は問いません

「3」ハレの日の装身具に該当しない作品の出品も可能です

 

上記作品「3」については対象外となる素材は御座いません

 

 

 

 

 

 

◯出展数

 

20組程度の参加作家を想定しております。

 

※申込書は「工芸クラフト部門」をご利用ください

※申込書の余白にはっきりと「ハレの日の装身具 出展希望」と記載して下さい

※申込期間は7月1日〜7月31日事務局必着

 

 

 

 

 

 

◯出展者紹介

 

ハレの日の装身具で出展する作家を別途ご紹介致します。

 

・紹介する場はA&C静岡の「ブログ」「インスタグラム」です。

・開催時に配布される「会場マップ」にも掲載致します。

 

※出展者紹介で掲載される作品は「ハレの日の装身具」に該当する作品のみなります。

※出展者紹介は9月中旬頃を想定しております。

 

 

 

 

 

 

◯「ハレの日の装身具」では <空間演出> と <試着の場> をひとつの空間としてまとめ提案致します。

詳細につきましては、後日ご案内致します。

 

 

 

 

 

 

以上、ハレの日の装身具の公募案内となりました。

 

気になる点、ほかお問い合わせは下記メールアドレスまでお気軽にご連絡ください。

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

 

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

 

 

長めの追記。

 

今回の企画はいわゆるジュエリー作家にとって挑戦が求められる企画だと思います。

 

「ハレの日を祝う為の作品であっても、ふだんと同じでいいのでは??」

それはそれとしてひとつの考え方ではありますし、相手があってのことですから問題ではないでしょう。

 

けれど。

 

「ふだんと同じでいいよね」では、この企画の存在意義はありませんし、参加する意義もないように思います。

 

だからこそ。挑戦が求められる企画なんですね。

もちろん。私たちスタッフも挑戦と変化が求められる企画。

 

一緒にやりましょう。

一緒に考えてゆきましょう。

 

そんな風に出展者と私たちスタッフが共に歩める企画。

そんな性質を持ったものを提案させてもらいました。

 

ご応募をお待ちしております。

 

名倉哲

 

 

____

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 





6月1日 ヴィレッジ。

 

本文と写真は関係御座いません。

 

 

今季ヴィレッジの日記を投稿した。

これをもって一先ずの自分の役目はひと区切り。

 

http://village-jp.jugem.jp/?eid=126

 

閉幕直後から何を書こうか書くべきかずっと考え、結局はその答えは見つからずに書き終えた。

なので、とても淡々と現場にあった事実だけで書き終えてしまった。

それでいいと思う。答えを見つけるのは7月7日。スタッフが集まる反省会にするべきだから。

 

 

 

現在、秋の静岡手創り市にむけて、冬の入口、12月の「くらしのこと市」にむけて準備を進めている。

 

くらしのこと市は昨年残した大きな課題を改善するため、現時点で出来うる案内を実施した。

 

https://www.instagram.com/p/ByB9h2eFgrG/

https://www.instagram.com/p/ByEf3MtlsNO/

https://www.instagram.com/p/ByEiWVvF-XW/

 

ここから先は公募を実施し、出展者への協力願いを案内し、いっぽいっぽ着実に準備してゆくこと。

 

少し先の未来に向けて。

よろしくお願いします。

 

名倉

 

____

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 

 





【 2019秋季A&C静岡手創り市 / 公募 】

 

 

【秋季】

 

会期:10月12日(土)13日(日)

申込期間:7月1日消印〜7月31日事務局必着まで

発表:8月11日予定

 

申込書は「工芸クラフト部門」「食品部門」「飲食部門」の3通り。PDFのみ。

「飲食部門」は現場調理が可能。

静岡手創り市ではキッチンカーの出店が出来ません。

HPトップ右よりダウンロードして下さい。

なお、事務局からの申込書の郵送は行っておりません。

 

<フード部門出展規約について>CLICK!!

 

 

 

 

今季開催では#ハレの日の装身具をテーマに一部エリアをつくります。

 

公募の案内では、私たちなりに考えた「ハレの日」を提案致します。

ご応募の際には詳細をご確認頂いた上でお申し込み下さい。

 

詳細は近日公開致します。

 

 

 

 

ここ4、5年ほど静岡手創り市のイラストは、いわゆるクラフトフェアのビジュアルからどんどん離れていきました。

理由は、会場に在るものを説明するのが退屈だったから。

だってそうでしょう。

クラフトフェアにはおおよそこんなものがあるってゆうのは誰でも知ってるから。

なにより。自分で自分に知ってるわ!と突っ込んでしまうから。。

 

その結果、ロゴが入ってなければ何をやってるか?

皆目見当もつかないイラストをつくってきました。

自分でもわかってます。

時折、周辺からも笑顔(苦笑)でそう云われます。

その笑顔はきっと、正しい笑顔です。

 

(これは2015年の春のビジュアル)

 

(こちらは2016年のビジュアル)

 

(それから、、2017年のビジュアル)

 

(そして、2018年のビジュアル…)

 

グリーンジャイアントに始まり、その後は様々な変形バージョンを経て、2018年は狛犬と縄文土器(一応そうゆうことに)。

その最終形態として、白の神様に着地。

もはや、かろうじてクラフトフェアを想像出来るだろう土器すらありません。

 

ギリギリを越してアウト。

ふざけているのか!?

そう感じる方もいらっしゃるでしょう。

その気持ち。わかります。とっても。

 

 

ここから先は個人的な事も含めて。

チラシとは関係のない話。たぶん。

あとはご想像にお任せします。

 

長文となりますが、お付き合い頂けたら幸いです。

 

 

2006年の秋より都内で手創り市というイベントを始め、その頃はまだ、そういったイベントはほとんど見かけませんでした。

当初、都内とその近郊でチラシを持って宣伝している時のあの寂しさ。

お邪魔する店々でこんなんですよ〜と説明する日々、なかなか伝わらない毎日。

もどかしさと充実の行ったり来たり。

今もたまに思い出しニヤニヤします。

 

その後、手作り市的なものは都内都市圏を中心に広がり、街の、地方活性の、役割を担いつつ全国へ広がっていきました。

それは、手作り市でもクラフトフェアでも広がり方は同じでしょう。あと、マルシェも。

 

 

ここから先は手作り市的なものもクラフトフェアに含んだ形で続けます。

 

 

現在、47都道府県でクラフトフェアがない場所を見つけるのは難しいのではないでしょうか?

調べたことが無いのでわかりませんが。。

 

クラフトフェアにも様々なコンセプト(テーマ)を掲げたものがあり、多種多様な中から作り手は場所を選びます。

 

時折、作家さんと食事をし話を聞くと、いろいろあるんだな〜と単純な感想を抱きます。

 

同時に。

クラフトフェアの役割ってなんだろう??

そんなことも考えます。

 

例えば、、

クラフトフェアまつもとさんのようなクラフトフェアの先駆けの創世記と現在では全てにおいて環境は変わっており、手作り市的なイベントが、ものづくりに関わる、参加することのハードルを下げ、大衆化し、その延長として次なる場をネットに移し、iichiさんに代表されるような作家の品物をサイトで販売する仕組みとして作られ、更に認知は広まり、その流れの傍流として、個店さんでもオンライン通販を選択するようになってきた。それが今。

私はそんな風に捉えています。

 

(大衆化という言葉はなんか気持ち悪いですが、語彙不足で思いつかず…)

 

そういった目まぐるしく変化する環境の中、作家は自身の力で、時に周囲の力を借りつつあらゆる面でサヴァイブし、生きてゆかなければならない。

同時に、選択肢の広がりによって、活動の仕方、自由度は広がっていきました。

 

知人の作家は経験と知識を経た上で、クラフトフェアに出ることを生き甲斐のように考え(勝手にそう思ってます)、イベントを主催する者以上に、時に過剰なまでに想像し、準備をする人間もいます。

その過剰さは尊敬に値しますし、冗談半分で、僕たちの居場所をなくさないでね…そのようなことを云ったりもします。

 

程度の差はあれど、クラフトフェアに参加し続ける作家は声をあげないだけで、様々なことを考え、期待しています。

 

作家が求めるクラフトフェア。

クラフトフェアに期待すること。

どれも一概に云えることではありません。

 

けれど、そのことを知りたい。

想像し続けたい。

そう思います。

 

その理由は簡単。

作家への思いは基本、片想いのようなものだから。

 

 

2020年春で静岡手創り市は第20回目の開催を迎えます。

記念すべき10周年の開催はスタッフ総出で企画を立ち上げます。

乞うご期待!

 

名倉哲

スタッフ一同

 

____

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





5月27日 長野行き。

 

樹木が立ち並ぶ山中は彼方此方で木々が倒れ鬱蒼とした気配を放つ。

先日の雨のせいか蒸した空気が鬱陶しい。

湿った土と草の匂い。少し不気味だ。

今朝は無駄に早起き。

することもないので向かいに見える山へ散歩に向かった。

何がある訳でもないが、コンクリで蓋された防空壕がある。

昔、そこでよく遊んだものだった。

 

 

 

先週末は「クラフトフェアまつもと」へ。

 

正直なところ、今年は行くつもりがなかった。

が、皆が行くゆうので、それほど積極的ではない感じで「行こうかな…」と答えた。

 

 

「SZKさんが出展するらしいですよ。」

 

そんなことを聞いたので、行かなければならない。行く。そう決めた。

 

会場はだだっ広い。

お目当てのSZKさんはどこにいるのかわかりゃしない。

左手には手土産の日本酒。と一筆。

あんまりにも見つからなかったら無かったことにし捨ててしまおうか。

そんなよからぬことを思いながら歩くと見つかった。

見つかったものの、どう話しかけたらいいのかわからない。

お客と長話をしているのであたりを行ったり来たり。

気づいてくれないかな〜とせこいことを思いながら。

20分ほどして、ようやく長話夫妻がいなくなったので向かうと、むこうが気づいてくれた。

手土産を渡し適当な会話。

と云っても、どうしても故人の話しになってしまうが手短かに。

会話の内容は他愛もないものだった。

話すことは話したし渡すものは渡した。

さよなら。またどこかで会いましょう。

そうお別れを。

 

松本での目的を消化し、ようやく会場を見る気になり見て回った。

欲しいものがない。そりゃそうだろう、そもそも消極的な来訪だったから。

幾つか器で気になるものはあったけど、買うまでには至らなかった。

その理由は色々だが割愛。

 

 

 

 

その後、場所を移し、諏訪の「リビルディングセンタージャパン」さんへ。

 

U&Tが薦めてくれた栓抜きが良くて。

見つけた下手すぎる絵付けの湯呑みが良くて。

共に購入してしまった。

 

あんなにも良い作品が沢山あった場所で買わず、ここではどうでもいいよなモノを2つを購入。

自分でも意味不明だが、買い物を楽しんだ。そゆうこと。

 

 

 

 

長野滞在の最後は夕飯でも食べて行こう。

諏訪湖そばのハンバーグ屋さんへ。

個人的に、好きなファミレス(?)なんですよね。

 

 

スタッフと解散し実家へ戻り、近所のコンビニで缶ビールを一本。

うだるような暑さは夜風となって涼しげに。

たかがコンビニ外のベンチで一本のビールが何よりものご馳走だ。

 

出来ることなら、これからもスタッフと共に遠出をする機会をつくりたい。

どんなに忙しくなろうとも、そんな他愛のない時間を大切にしたいから。

 

 

5月もそろそろ終わる今日この頃。

2019年の締めに向けて準備を進めなければ。

 

名倉

 

____

 

 

**運営スタッフ募集**CLICK!!

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 








Profile
New Entries
Archives
Category