RSS1.0 | Atom0.3



第2回 Village mishima rakujuen 出展者発表!

 

第2回 Village mishima rakujuen 出展者発表 

2017年7月15日(土)16日(日)at 三島市立公園 楽寿園

116組の出展者が参加致します!

 

*出展場所の発表は6月中旬を予定しております*

 

「チームで活動」6組

KANEAKI SAKAI POTTERY(陶磁) 3RD CERAMICS(陶磁)

ODD (木工と皮革) スカンクとアルマジロ(皮革と染織)

土のしごと(陶磁) 岩本家(古材と植物)

 

「陶磁」18組

陶芦澤 北條潤 石川隆児 小林加代子 モノエ

松本美弥子 TULUSIWORKS 原村俊之 陶工房 扇屋

新井尋詞 長浜由起子 伊藤豊 うつわ工房 千の森

クロノユキコ atelier juca 芽子生窯 初澤勉 小黒ちはる

 

「木工」14組

トロワ家具製作 さくらい商店 木のぬくもりを暮らしに 工房やす

Nakariwatch JP(時計) 遠藤マサヒロ record キッコロ

FURNITURE STUDIO COM マツモト工作室 mujina木工房

フナハシトモハル 生地史子 キグミデザイン&クラフト 南裕基

 

「ガラス」6組

金子朋恵 栗原志歩 吹きガラス工房 琥珀

sorahug nico glass and yarn 三浦侑子

 

「金工」14組

DECO+ momoendo a e i  savor toya she me.

catalpa-Atelier Sacco- 小野銅工店 Sanctuary

yuta ミツメ 田中友紀 火づくり刃物 祥啓 niu.

 

「皮革」7組

Lille go Stor ai-cha NOBUKOFU am(帆布含む)

PEANUTS dot design sew

 

「染・織」8組

kuuki nocogou ノコゴウ gochisou 三橋妙子

megRu perico畑 くらしのぬの 聚落社

 

「その他」21組

analog books(BOOK SHOP) 榊麻美植物研究所(植物)

さざなみ(衣服) ラフイユ(ドライフラワー)

市川りえ(衣服) rala design(紙もの)

Horo(布小物) awai(刺繍アクセサリー) TAGAKU(磁器アクセサリー)

YOHEI NOGUCHI(刺繍アクセサリー) motonaga(水引きアクセサリー)

NON handmade jewelry(鉱石・アクセサリー) L1113(帆布)

Enishi Candle(キャンドル) tef-tef(帽子)

大野写真研究室(写真) kana∴kana(アクセサリー)

nul(アクセサリー) nicori(キャンドル)

portray aromas(アロマ) bebelulu(アクセサリー)

 

「フード」21組

room coffee(キッチンカー) TSUKIMO BAZAAR(キッチンカー)

ノリさんのかき氷 トコトコ(キッチンカー)

Brocante cafe みつばちのーと

天然氷のかき氷 ふわり山ふわり Kuche

ハワイ食堂Lea Lea グラノーラ専門店fig

IFNi RAOSTING & CO.(15日のみ) nogi農園(16日のみ)

tote Yeti Fazenda COFFEE

うめぼしの松本農園 skywalker bakery&cafe

quatre epice シイたけぞう

SPICE 6 asian dinning&cafe Su-Ha 夜明け前

夕顔 藤間夕香(梅御殿・ワークショップ)

 

_

 

次回のブログ更新は、

Villageスタッフ高木による

出展者発表後のお知らせを致します。

ぜひともご覧ください。

 

・・・・

 

*Villageでは運営スタッフを募集しております*

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





Village・運営スタッフ募集

 

Village mishima rakujuenでは、

2017年の開催にむけて運営スタッフを募集致します。

 

【Village運営スタッフ募集について】

 

◉3名の運営スタッフを募集致します。

 

※基本、週末土日がお休みの方

※開催時、2日間の参加が可能な方

※県内在住の方(静岡東部在住の方尚良し)

※18歳以上30歳前半まで

 

◯運営スタッフについて

 

・会場内の業務(受付・案内・車の誘導など)関わって頂きます

・運営スタッフは全て「有給スタッフ」となります。

・会場へ車で通える範囲の方。(自転車、徒歩でも構いません)

 

ほか、

Villageの運営スタッフの詳細は面接時にお話をさせていただきます。

 

*応募は随時受け付けております*

 

運営スタッフ面接を希望される方は、

「氏名・年齢・住所・電話番号」を必ず明記の上、

info@village-mishima.com 担当:名倉までご連絡下さい。

 

 

Villageについて少しお話をさせて頂きます。

 

昨年より三島・楽寿園で始まったVillageは今年で第2回目を迎えます。

 

三島のVillageのコンセプトは、

『楽寿園という場にものづくりを生業とする街をつくること。』

 

そして、街を支えるのは、私たちが定義する個人商店の人々たち。

私たちの定義する個人商店とは、

『個人のつくり手、グループで製作する方々、素材・道具・本を扱う方々』

を指します。

 

そんなVillageの運営スタッフとしての参加。

ご興味がおありでしたら是非とも運営スタッフにご応募ください!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

Village mishima rakujuen

名倉哲

 

・・・・

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





梅御殿。再び。

 

2017年7月15日16日開催の三島・楽寿園のVillage

 

今年も園内にあります文化財、

梅御殿にて夕顔・藤間夕香さんによる2日間限りの空間を作って頂きます。

 

 

 

今回、夕顔・藤間さんは、

夏野菜を中心とした盛りつけのワークショップを実施予定となり、

Villageにご参加頂くであろう作家さんの器をつかってWSが行われます。

 

(これまでの盛りつけワークショップは【こちら】clicksより)

 

今回の盛りつけワークショップで目指すところは…

 

梅御殿の雰囲気を取り込みつつ、

夏野菜は県内の農家さんより調達し、

実際に盛りつけで利用する器は作家の貸し出し作品を利用すること。

 

(参加作家さんの器は7〜8寸程度の平皿の利用を想定しております)

 

私たちVillageスタッフも楽しみにしております。

 

さらなる詳細はまた後日ご案内致します。

 

 

 

夕顔 藤間夕香

HP http://www.fujimayuka.com/

Instagram https://www.instagram.com/fujimayuka/

 

 

・・・・

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

申込期間:3月1日〜4月18日事務局必着まで

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 

 





Village / 出展者発表は4月30日

 

第2回 Village mishima rakujuen の出展者発表は4月30日。

公式HPにてお知らせを致します。

もうしばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

 

_

 

2017年版のVillage申込書を掲載致しました。

公式サイト「申し込み」より各種申込用紙をダウンロードをお願い致します。

 

 

静岡県三島市の楽寿園にて7月15日(土)16日(日)に

開催される「Village mishima rakujuen」の申込みがスタートしました!

 

お申し込み期間は3月1日より4月18日事務局必着まで

 

宛先:〒173−0021東京都板橋区弥生町68−1手創り市事務局「Village」係

 

皆さまのご応募をお待ちしております!!

 

・・・・

 

Villageスタッフの高木です。

 

7月15日(土)16日(日)開催の

「 V i l l a g e mishima rakujuen 」について、

会場見聞に引き続きスタッフで打ち合わせを行いました。

 

=================

 

「1」公募について

 

 「 V i l l a g e mishima rakujuen 」では、

 

・個人のつくり手

・グループで製作する方々

・素材、道具、本を扱う方々

 を「個人商店」と定義し、公募致します。

 

 

「2」申し込み期間

 

3/1(水)から 4/18(火)となります。

4/18(火)事務局必着となりますのでご注意ください。

 

 

「3」会場のブース配置の見直し

 

前回開催の反省を元に、会場内のブースの位置の見直しを行いました。

具体的なブース位置についてはまた追ってブログでご紹介致します。

 

 

「4」搬入・搬出の見直し

前回開催の反省を元に、搬入搬出時の車の乗り入れが最大限可能なように、

搬入・搬出ともに見直しを行いました。

見直し内容については、ブース位置の発表と共にお知らせ致します。

 

 

Villageは、前回開催の反省を活かし、ひとつづつ会場の事を見直しています。

ご来場いただくお客様が楽しんでいただくために、

まずはしっかりとした基盤を固めること。

 

その基盤とは、

 

・出展者の皆様が気持ちよく出展できる仕組み

(搬入・搬出・当日の運営等)

・「楽寿園」を活かした会場づくり

・人(スタッフ)

 

その上で、

A&C静岡手創り市とも、

雑司が谷の手創り市や&SCENEとも違う、

「 V i l l a g e mishima rakujuen 」ならではの会場にしていきます。

 

=================

 

 

以下、個人的な想いを少し。

 

静岡や東京で経験を積んだ頼りになるスタッフとともに、

会場を作り上げていくことは本当に楽しい。

 

スタッフ一人一人にVillageをもっとこうしていきたい、

という想いが個々にあるのがわかる。

 

その想いを実現するために、今やる事を選択し、取り組む。

急に飛び越えようとせず、でも確実に進めていけるように。

 

そうしていく中で、

静岡や東京とは異なる三島ならではの

芯を持つ会場を作り上げられたら、

と思っています。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

スタッフ 高木

 

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

申込期間:3月1日〜4月18日事務局必着まで

 

 *Village運営スタッフ募集*

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





B&W 考察1

 

4月22日はVillageの選考会が楽寿園で実施されます。

本来であればそのことをについて書きたいところだけど、

ここはA&C静岡春季開催の「BLACK & WHITE」について少しだけ。

 

_

 

先日、とある作家さんとB&Wについて話しをしている時にこんなひと幕があった。

言葉は強めな部分もあるけれど、的を得ている言葉だったのでそのまま引用したい。

 

「秋の白と黒。すごく楽しみですよね。

 ふだん白や黒をつくっていない人が、

 敢えてチャレンジするのって面白いですけど…」

 

そう、たしかにそれはある。

ただ、そうはいっても、

単に白ければ黒ければいい…という訳ではないはず。

なにをどう提案するのか?補う自分なりの言葉というものも大切な気がする。

 

「けれど、、

 ふだん白と黒つくってる人間が、

 なにも工夫せず、いつも通りやでいいや、

 でやってたら間違いなくアホですよ。」

 

う〜ん、そこまで私は言ってないけれども、、その意見は本質的だ。

 

「逆に云えば、、

 ふだんから白と黒をつくっている人間からしたら、

 すごい挑戦的だなあと思いますよね。

 どうしてくれてやろう!?って考えるはずですよ。絶対。」

 

…そゆうことなんですけど、

私たちA&Cスタッフにとっても挑戦ですし、

なんとなくのニュアンスだけでやりたくありません。

つくり手とつかい手をつなげる私たちの役割があります。

春の小屋企画は秋にむけての道筋であったと云っても過言ではありません。

 

_

 

上記の文章を読んでなんだか気分を悪くする方もいるかもしれません。

けれど、間違っていないものと感じましたのでご紹介しました。

きっと多くの方が考えること。

なんとなく思ていたりすること。

B&Wって何をしたらいいんだろう?

…なんて考えている方との見えない対話と思って頂けたら幸いです。

 

B&W。

次は前回開催時の作家さんからのアンケートを基に考察第2弾をお届けします。

 

_

 

さて、Villageの選考会。こちらも正念場。

 

名倉

 

・・・・

 

Village mishima rakujuen 2017.0715_0716

*運営スタッフも募集しております*

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 








Profile
New Entries
Archives
Category