RSS1.0 | Atom0.3



Village・運営スタッフ募集

 

Village mishima rakujuenでは、

2017年の開催にむけて運営スタッフを募集致します。

 

【Village運営スタッフ募集について】

 

◉3名の運営スタッフを募集致します。

 

※基本、週末土日がお休みの方

※開催時、2日間の参加が可能な方

※県内在住の方(静岡東部在住の方尚良し)

※18歳以上30歳前半まで

 

◯運営スタッフについて

 

・会場内の業務(受付・案内・車の誘導など)関わって頂きます

・運営スタッフは全て「有給スタッフ」となります。

・会場へ車で通える範囲の方。(自転車、徒歩でも構いません)

 

ほか、

Villageの運営スタッフの詳細は面接時にお話をさせていただきます。

 

*応募は随時受け付けております*

 

運営スタッフ面接を希望される方は、

「氏名・年齢・住所・電話番号」を必ず明記の上、

info@village-mishima.com 担当:名倉までご連絡下さい。

 

 

Villageについて少しお話をさせて頂きます。

 

昨年より三島・楽寿園で始まったVillageは今年で第2回目を迎えます。

 

三島のVillageのコンセプトは、

『楽寿園という場にものづくりを生業とする街をつくること。』

 

そして、街を支えるのは、私たちが定義する個人商店の人々たち。

私たちの定義する個人商店とは、

『個人のつくり手、グループで製作する方々、素材・道具・本を扱う方々』

を指します。

 

そんなVillageの運営スタッフとしての参加。

ご興味がおありでしたら是非とも運営スタッフにご応募ください!

 

ここまでご覧頂きありがとうございました。

 

Village mishima rakujuen

名倉哲

 

・・・・

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





梅御殿。再び。

 

2017年7月15日16日開催の三島・楽寿園のVillage

 

今年も園内にあります文化財、

梅御殿にて夕顔・藤間夕香さんによる2日間限りの空間を作って頂きます。

 

 

 

今回、夕顔・藤間さんは、

夏野菜を中心とした盛りつけのワークショップを実施予定となり、

Villageにご参加頂くであろう作家さんの器をつかってWSが行われます。

 

(これまでの盛りつけワークショップは【こちら】clicksより)

 

今回の盛りつけワークショップで目指すところは…

 

梅御殿の雰囲気を取り込みつつ、

夏野菜は県内の農家さんより調達し、

実際に盛りつけで利用する器は作家の貸し出し作品を利用すること。

 

(参加作家さんの器は7〜8寸程度の平皿の利用を想定しております)

 

私たちVillageスタッフも楽しみにしております。

 

さらなる詳細はまた後日ご案内致します。

 

 

 

夕顔 藤間夕香

HP http://www.fujimayuka.com/

Instagram https://www.instagram.com/fujimayuka/

 

 

・・・・

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

申込期間:3月1日〜4月18日事務局必着まで

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 

 





Village / 出展者発表は4月30日

 

第2回 Village mishima rakujuen の出展者発表は4月30日。

公式HPにてお知らせを致します。

もうしばらくお待ち頂けますようお願い申し上げます。

 

_

 

2017年版のVillage申込書を掲載致しました。

公式サイト「申し込み」より各種申込用紙をダウンロードをお願い致します。

 

 

静岡県三島市の楽寿園にて7月15日(土)16日(日)に

開催される「Village mishima rakujuen」の申込みがスタートしました!

 

お申し込み期間は3月1日より4月18日事務局必着まで

 

宛先:〒173−0021東京都板橋区弥生町68−1手創り市事務局「Village」係

 

皆さまのご応募をお待ちしております!!

 

・・・・

 

Villageスタッフの高木です。

 

7月15日(土)16日(日)開催の

「 V i l l a g e mishima rakujuen 」について、

会場見聞に引き続きスタッフで打ち合わせを行いました。

 

=================

 

「1」公募について

 

 「 V i l l a g e mishima rakujuen 」では、

 

・個人のつくり手

・グループで製作する方々

・素材、道具、本を扱う方々

 を「個人商店」と定義し、公募致します。

 

 

「2」申し込み期間

 

3/1(水)から 4/18(火)となります。

4/18(火)事務局必着となりますのでご注意ください。

 

 

「3」会場のブース配置の見直し

 

前回開催の反省を元に、会場内のブースの位置の見直しを行いました。

具体的なブース位置についてはまた追ってブログでご紹介致します。

 

 

「4」搬入・搬出の見直し

前回開催の反省を元に、搬入搬出時の車の乗り入れが最大限可能なように、

搬入・搬出ともに見直しを行いました。

見直し内容については、ブース位置の発表と共にお知らせ致します。

 

 

Villageは、前回開催の反省を活かし、ひとつづつ会場の事を見直しています。

ご来場いただくお客様が楽しんでいただくために、

まずはしっかりとした基盤を固めること。

 

その基盤とは、

 

・出展者の皆様が気持ちよく出展できる仕組み

(搬入・搬出・当日の運営等)

・「楽寿園」を活かした会場づくり

・人(スタッフ)

 

その上で、

A&C静岡手創り市とも、

雑司が谷の手創り市や&SCENEとも違う、

「 V i l l a g e mishima rakujuen 」ならではの会場にしていきます。

 

=================

 

 

以下、個人的な想いを少し。

 

静岡や東京で経験を積んだ頼りになるスタッフとともに、

会場を作り上げていくことは本当に楽しい。

 

スタッフ一人一人にVillageをもっとこうしていきたい、

という想いが個々にあるのがわかる。

 

その想いを実現するために、今やる事を選択し、取り組む。

急に飛び越えようとせず、でも確実に進めていけるように。

 

そうしていく中で、

静岡や東京とは異なる三島ならではの

芯を持つ会場を作り上げられたら、

と思っています。

 

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。

 

スタッフ 高木

 

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

申込期間:3月1日〜4月18日事務局必着まで

 

 *Village運営スタッフ募集*

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





ふたつの取材。(for Village)

 

7月15日16日のVillage開催にむけてふた組の作家へ取材へ行ってきた。

 

双方、岐阜の産地で作陶活動をしているけれども、

その背景は違う人たちだった。

 

久しぶりの、取材をする側。

相手はお互いをあまり知らない人たち。

思っていた以上に緊張した。

 

 

Villageは私たちなりの『個人商店』という定義をし開催する。

 

・個人で活動をする作家

・チームで活動する作家

 

これについては、

規約で触れているので割愛するけれど、

どちらも根っこは『個』から始まること。

当たり前のことだけれど、常に私たちはそのことに意識をしたい。

何故なら。

『個』と『チーム』を峻別することは、

その背景を無視することになるし、

そこには、単なる知識と先入観しかないから。

事実、私もそうだったように今は思う。

 

これからのVillageは、

ARTS&CRAFT静岡手創り市と対するものをつくってゆくことになる。

 

対する…

そう言ってしまうと語弊があるかもしれないが、、

 

Villageらしさ。A&C静岡らしさ。

それぞれに対抗するものではなく、

健全なライバル意識のようなものを自分たちでつくってゆきたい。

 

全国にある数多のクラフトフェア。

そんな中で私たちなりに提案させてもらうルールが、

イコール、理想になってゆくような場づくりを行ってゆきたい。

 

2017年の「Village」のお申し込み〆切は4月18日事務局必着まで。

 

ご応募をお待ちしております。

 

それではまた。

 

名倉

 

・・・・

 

開催日:2017年7月15日(土)16日(日)

申込期間:3月1日〜4月18日事務局必着まで

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





Village 会場検分。

 

 

 

 

 

2017年のVIllageは、

7月15日(土)16日(日)に開催が決定し、

来年度にむけて新たに会場検分を実施しました。

 

「1」

前回、2.5Mのブースを

参加作家さんの要望により3.0mに変更し、

新たに増設ブースとエリアを決定。

 

「2」

これまで複数のブースの固まりを総称するため

「エリア」と呼ぶことにしてきたが、

Villageのコンセプトである

『街のなかに更なる特色をもった街をつくる』

をより進める為のアイデアを出し合った。

 

「3」

また、A&C静岡との違いを明確に打ち出すことを意識し、

個人の作家以外にも、個人商店としての出展枠を明確に規約を盛り込むことも決定。

 

「1」〜「3」については、改めて規約の中に盛り込み、

特に「3」については説明を必要とするので別途案内をさせて頂きます。

 

なにはともあれ、2017年のVillageを成功するべく一歩一歩前進してゆきたい。

 

年内中には規約の改訂のお知らせを致します。

 

それではまた。

 

名倉

 

 

2017年7月15日(土)16日(日)開催 at 楽寿園(三島)

 

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市
Mail shizuoka@tezukuriichi.com
HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com
twitter
Facebook
Instagram
 

 

 

 

 

 





秋の楽寿園。

 

先週末はsoraさんでの展示会がてら、

三島を街歩きしつつ、

久しぶりに楽寿園さんへお邪魔してきました。

 

園内はいくらかの紅葉が見られ、

今後いっそう散策が楽しめる時期がやってくるんだろうな〜と。

 

 

 

三島の街歩きでは、

前回のVillageにて宣伝等でご協力頂いた器のギャラリー

「chigiri」さんにもお邪魔してきました。

 

(叶谷真一郎さんの個展最終日でした)

 

chigiriさんは焼き物の作家の作品を紹介するだけでなく、

その背景まで毎回丁寧にご紹介していて

それは展示会のお知らせとなるDMにも反映されています。

 

三島にお立ち寄りの際にはぜひ伺ってみてくださいね。

 

 

2017年のVillageは、

昨年同様海の日の3連休に開催予定となります。

 

現在、開催までのスケジュールの見直しなどを行っておりますので、

後日詳細をご報告させて頂きますね。

 

それではまた。

 

名倉

 

 

 

・・・・

 

 

*V i l l a g e 公式インスタグラムもやってます*
 

info@village-mishima.com

www.village-mishima.com

instagram.com/village.mishima_rakujuen





久々のVillageブログ更新。

 

 

久々のVillageブログ更新。

(スタッフ日記ともいう)

 

夏の開催よりあっという間に月日は過ぎて冬到来?

毎年この時期発売されるサッポロビールの冬物語が楽しみです。

 

あの旨さはきっと、

コンスターチが絶妙なバランスで

添加されているからだと思うが、

それは定かではない…

気になる方はぜひ

サッポロビールさんに問い合わせてみましょう。

 

 

今週末は一部スタッフと関西方面へ行き、その翌日は久々の三島へ。

 

 

楽寿園のそばにあります、

soraさんの二人展にお邪魔してきます。

 

本展は金工のyuta須原健夫さんと焼き物の加藤かずみさんの二人展ということで、上記写真にもありますが、なんだか月夜の晩のようなドキドキが期待されます。soraさんの空間がどんなものになっているのかとても楽しみです。

 

(須原さんのブログにこんな記事が。嬉しいですね。)

 

会期は11月11日〜11月17日まで。

 

 

楽寿園にも行き、久々の園内散策。そして、三島を街歩き。

充実した週末を過ごせそうです。

 

それではまた。

 

名倉

 

 

第1回目のV i l l a g eは

2016年7月16日・17日開催しました

会場は三島市立公園 楽寿園

 

 

*V i l l a g e 公式インスタグラムもやってます*
 

 

info@village-mishima.com

www.village-mishima.com

instagram.com/village.mishima_rakujuen

 

 





Village。反省会。

 

先週末のこと。

Villageスタッフ内の反省会を行いました。

 

反省会時に決まったことを、まずはお知らせ致します。

 

 

「1」2017年Village開催決定。

 

2017年の開催は、

今回と同じく7月中旬の週末、

2日間の開催を行うことを決定しました。

(会期については、あくまで予定としてご理解ください)

 

 

「2」2日間の搬入出について。

 

・2日間の搬入出に困難があったことを鑑みて、

 よりよい搬入出が出来るよう、

 出展者の方へ事前の準備を呼びかけること。

 

・特に2日目の搬出時、

 場内へ車を出来るだけ多く入れることの

 出来るような体制と時間割をつくること。

 

 

 

「1」については、

まずは来年以降も「Villageが開催される」というお知らせとなり、

「2」については、2日間でよりスムーズな対応が

主催者・出展者ともにとれるような

出展要項の作成を進めることになります。

 

特に「2」については、

単に「出来るだけのことをやります…」と終わることのないよう、

第2回目の開催にむけて、主催者として行うことを明確にし、

それを出展要項に盛り込むことで出展者の方の協力を仰ぐ形を

どなたでも見れるような仕組みをつくること。

その仕組みの先に、

楽寿園の中に出来る「街」というものが生まれること。

そのような考えで取り組んでゆきます。

 

ほか、現時点でお知らせ出来ることとして、

 

 

「3」出展ブースについて。

 

出展ブースの面積は3m×3mとすること。

今回、主に陶磁の出展者の方よりバックヤードをつくることが難しかった…

という意見をもとに、改めてゆきます。

 

 

「4」会場マップについて。

 

Villageという会場の特性にあったマップづくりをすすめること。

個人商店たる参加作家がすべて掲載された、より詳細な会場マップづくり。

 

 

「5」広報活動について。

 

三島市と取り組む広報活動。

また、お互いの得意な分野での広報活動を行う役割分担。

 

 

おおまかに以上5つの点で

まずは第2回目にむけて改善してゆくことを決定しました。

 

ここまでご覧頂きありがとうございます。

 

 

 

ここから先は、

反省会時の様子のよもや話のようなもので御座います。

あくまでよもや話ですから。

たいしたものではございません。

お好きにどうぞ。

 

今回の反省会は、

第1回目のVillageを終えて3週間ほどのことで、

いくらか冷静に2日間のことを思い出しながら、

皆で話をしてゆく6時間だったと思う。

 

反省会の始まりは、

各自の2日間の雑感を話してゆくことから始まり、

その後、2日間の搬入出についての検討へ。

 

搬入出について。

これは反省会のなかでメインのようなもの。

 

2日間の搬入出について意見交換を始めた時、

皆が皆、スイッチが入ったようにしゃべりだした。

 

途中、あまりにも話が広がり過ぎて、

時系列も、話す内容も、若干のズレがあったものの、それはそれ。

今はその為の時間と思い、まとめるようなこともせずいた。

 

何故と問われれば、

 

第1回目の現場というのは、

いつか振り返ればすべてにおいてゼロ回目のようなもので、

そのことを思えば、今こうして感じたことを感じたままに話し、

内側にあるものをひとまず出してもらうことで、

自分たちがこれからどうやってVillageをより良いものに

してゆくのか考えてもらいたかったから。

 

うまくまとめることも、

改善する為のすべを見つけることも、

さほど難しいことではないし、

そのどちらも出来ない理由はない。

 

搬入出の件は、スタッフの役割の本質に関わること。

いわば、運営スタッフとしての関わり方の

初期衝動が生まれる場だと私は思う。

 

その後、今後の会場マップ作りとチラシ作りの話に移り、

私は会場マップとチラシが一体化したものを

つくるようにしてゆきたいと提案した。

 

そこから先のスタッフ間のやり取りが面白かった。

というか、意見が分かれたことによって、

それぞれの持つ特性のようなものが垣間みれたような場面だった。

 

偽悪的にいえば、

男性スタッフと女性スタッフの考え方の相違。

 

大まかな方向性は一緒だけれども、

特に会場マップの在り方についての向かう先が違ったこと。

いいな、と感じた。

 

もともとA&C静岡の会場マップもそうだけれど、

私は会場マップというものを詳細につくるつもりは全くなく、

場内の必要な設備(主にお手洗い)と全体の構造が

おおまかにわかればいいと思う性分。

むしろ詳細で精密なマップというものは不要で、

そんなものを見せられた日には気分もなえる。

なぜかといえば、

自分が見たい景色や感じるものは自分のものなのだから、

他人にあれやこれと事細かに説明されることを望まないから。

男性陣が同じ考えかどうかわからないけれども、

おおよそ似たような考えであると思う。

 

ではVillageについてはどうか?と問われれば、

今回の開催を経て、

自分の趣味嗜好はこれまでとなんら変わらないけれども、

敢えてこれまでよりも詳細なマップ作りを進めていい、

と素直に思えた。

 

それはやはり、

VillageはA&C静岡が開催される護国神社とは、

全体のブースの配置が大きく異なるから。

 

時計回りか半時計回りかの護国神社と比べ、

Villageは場内のブースのかたまりがあちこちにちらばる。

そして、出展者を個人商店として位置づけている

Villageなりの特徴として、目に見える形でマップ内に

個々の出展者を案内することで、

まずはわかやすく変化をさせてみたいと思った。

だからこそ、まずは変えることを決め、

そこから自分なりにスタッフと共に考えてゆきたい。

そう感じた。

 

細かなことを云えばまだまだあるが、

ここらでお開きとさせて頂きます。

 

Villageは来年も7月の2日間に開催され、

初期メンバーの中に新たに三島を中心とする

静岡県東部に在住のスタッフが加わった形で開催される予定。

第2回目こそ私たちのやってきたことが問われる

緊張感のある回だと思えば、その緊張感を楽しみつつ、

よりよいものにしてゆきたい。

 

これにて第1回目のVillageはようやく終焉を迎えます。

 

第2回目の開催についての詳細告知は、

秋深まる頃にご案内予定。

 

乞うご期待!

 

名倉哲

 

・・・

第1回目のV i l l a g eは

2016年7月16日・17日開催しました

会場は三島市立公園 楽寿園

 

 

*V i l l a g e 公式インスタグラムもやってます*
 

 

info@village-mishima.com

www.village-mishima.com

instagram.com/village.mishima_rakujuen

 





楽寿園と…

 

 

先週末のこと。

 

Villageが開催された楽寿園へお邪魔しました。

 

久しぶり…といっても

あれからわずか2週間程度のことだけれど

もう随分と前のような気がするのは私だけでしょうか?

 

 

園の職員さんたちとの反省会。

 

今回、2日間の感想を率直に教えて頂き

お互いの意見交換をする中でいろんな感情が渦巻いた。

 

すべては課題と改善に繋がることで

それは今週末のスタッフ全体の反省会にて

さらに話をすることなので割愛するけれども

 

ひと言で言うならば

楽寿園の職員の方々への感謝と同時に

また来年も一緒に取り組みたいと思えたこと。

 

親身に

そして現実を見据え

お互いここまで話せるようなものになるとは思わなかったから。

 

今はまだ漠然としているところもあるけれど

きっと、もっといいものになるはずだし

ARTS&CRAFT静岡とは違った性質をもった会場ができあがるはず。

 

 

今回、はじめて私のいない現場(2日目)を経て

自分自身いろんなことを考えてみたものの

2日間の現場に身をおいていないのだから

まずは周囲の声をひろってから

自分なりの考えを反映させてみようと思った。

 

それはやはり、現場の声の集積こそがリアルなものだから。

 

 

今週末、8月7日にはVillageスタッフとの反省会。

そこで話されたことを後日ブログを通してご案内させて頂きます。

 

と同時に、来年も開催されるのかどうか?

大切なそのことも含めてお知らせ致します。

 

名倉

 

 

出展者の皆さま&ご来場者の皆さまへ。

 

Village開催時に撮影されたお写真などありましたら是非お送り下さい。

Village公式HPにて活用させて頂きます。

 

送り先→ info@village-mishima.com

 

※お送りいただいたお写真の掲載は、

 数に限りがありますことを予めご了承ください。

 

・・・

 

第1回目のV i l l a g eは

2016年7月16日・17日開催しました

会場は三島市立公園 楽寿園

 

 

*V i l l a g e 公式インスタグラムもやってます*
 

 

info@village-mishima.com

www.village-mishima.com

instagram.com/village.mishima_rakujuen

 





Village開催を終えて…(荒巻)

出展者の皆さま&ご来場者の皆さまへ。

 

Village開催時に撮影されたお写真などありましたら是非お送り下さい。

Village公式HPにて活用させて頂きます。

 

送り先→ info@village-mishima.com

 

※お送りいただいたお写真の掲載は、

 数に限りがありますことを予めご了承ください。

 

 

先週の3連休、その土日に、

三島・楽寿園にてVillageが開催されました。

 

代表の名倉さんからスタッフに話があったのは、

4月の護国神社での静岡手創り市が閉幕した一週間後。

それから3ヶ月。

 

開催当日、形となったVillageは

想像でしか補えなかった部分を

良い面、悪い面の両方でまざまざと浮かび上がらせた。

 

そして 、きっと関わったスタッフの全員が

今回の開催で悔しい思いをしたことの方が多いと思う。

 

初めての開催だから。という言葉で片付けたくないけれど、

じゃあ、護国神社で開催されている静岡手創り市が、

第1回開催から12回開催の現在と同じ形であるかと言われたら、

そうではない。

開催を重ね、改善点を見直し、

よりよい開催へと試行錯誤を重ねたからこその、

いまある形なのだと思う。

 

ならVillageもそうしていくより他にない。

有り難いことに、出展者の皆さんにお願いした

アンケート(や、いただいたメール)には

厳しい意見も多く、しかしそれは決して一方的なものではなく、

私たち手創り市スタッフを信頼してのものが多かった。

ほとんどの方が厳しい意見と共に、労いや感謝の言葉が添えられており、

その一言で、来年はもっと!という欲が湧いてくる。

 

まだ正式に来年の開催が決まったわけではないが、

出展者の方にも、来場者の方にも、

そして会場となる三島市(楽寿園の職員)の方にも

次の開催を心待ちにしていただいている。

 

反省や改善点は、次の開催がないと生かせない。

次の開催は、これから時間をかけて、スタッフ全員で何度も話し合い、

そして三島市ともできる限りのことを調整していただきながら、

よりよい開催へとつなげていきたい。

 

 

開催についても・・

今回、梅御殿で開かれた「茶屋 夕顔」

作家さんの器を使用して豆かんが提供されるものだ。

わたしも初日の朝一で伺ったが、本当にステキだった。

受付をすませ、廊下を一人歩くときの高揚感。

豆かんが目の前に運ばれて来た時の、

あの小さな完成された世界に心を奪われた。

 

器の貸出に協力いただいた作家さんからも、

茶屋夕顔を訪れたことでブースにいらっしゃったり、

そこでの話をされることが多かったようだ。

あそこでの茶屋はこれからも続いたらいいなあと思う。

続いてほしい。

 

 

個人的に好きだったのが、

メリーゴーランドや豆汽車があるあのエリア。

木々の間をランダムにブースを配置するのは、

最初はちょっと不安な面もあったが、

実際に作家さんたちがそれぞれの軒先をつくると

とても良い雰囲気の場所になった。

とある作家さんも言っていたが、

あの雰囲気を会場全体に波及させたいな、なんて個人的に思ったり。

 

 

最後に。

今回、2日目は代表の名倉さんが

東京の雑司ヶ谷にて開催される手創り市のため

楽寿園にはいなかった。

わかっていたことだから、

スタッフ皆ある程度の覚悟を持って臨んていたと思う。

何かがあれば自分たちで判断し、行動しなければならない。

開催中、名倉さんから何度か状況確認の電話があったそうだが、

こちらから緊急の連絡をすることもなく、やり遂げることが出来た。

 

静岡護国神社での開催を通して、

すっかり私たち鍛えられているなあ、なんて。

そうは言っても迷い、意見を求めるときもあるけれど、

他のスタッフがきっぱりと止めたり、明確な言葉を投げてくれる。

いい仲間だ。

 

この仲間となら、大丈夫だ。

わたしたちを信頼してくれている作家さんとなら、

思い描く場所を形にしていける。

そうして形にした場所は、

きっと来場者の皆さんにも届く。

 

すぐに反省会がやってくる。

来年の夏のVillageの話をお届けできるとき、

より良い開催を想像できるよう、スタッフ一同頑張ります!

 

 

Villageスタッフ

荒巻

 

※本記事の写真はすべて大野写真研究室さんに撮影して頂いたものです。

 

・・・

 

第1回目のV i l l a g eは

2016年7月16日・17日開催しました

会場は三島市立公園 楽寿園

 

 

*V i l l a g e 公式インスタグラムもやってます*
 

 

info@village-mishima.com

www.village-mishima.com

instagram.com/village.mishima_rakujuen

 








Profile
New Entries
Archives
Category