RSS1.0 | Atom0.3



9月8日 Village反省会。

 

 

三島市立公園・楽寿園にて開催された夏のクラフトフェア。

「Village mishima rakujuen」の反省会が明日スタッフ内で行われます。

(遅くてスミマセン…)

 

 

*会場の様子はこちら*click!!

 

*梅御殿のWSの様子はこちら*click!!

 

 

第2回目のViilage mishima rakujuen。

 

初めての開催時の反省を踏まえ、

スタッフ内で「これだけは絶対にやろう」と幾つも決め、

実際に現場で形づくることが出来た。

これは集うスタッフの力があってこそ。

まず、そのことに改めて感謝したいし、

2日間の現場を共に出来た喜びがあった。

 

その反面、

目に見える結果が出たようには思えなかった。

 

スタッフと共に形にしてきたこと。

2日間の現場の結果。

双方をあわせた時、まだまだ及第点でしかない。

それがVillageとしての現実。

 

閉幕後、たくさん届いた出展者の言葉。

開催中と開催後に感じたスタッフ全員の想い。

それらをまとめ、2018年にむけての一歩を踏み出したい。

 

名倉

 

____

 

*は じ ま り の 小 屋*(B&W小屋企画)

 

*ARTS&CRAFT静岡・運営スタッフ募集*

今回の募集は来春にむけての募集となります!

 

 

【2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市】

開催日:10月7日(土)8日(日)

※一般部門はBLACK&WHITEに参加する方のみとなります

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 

 





2017年のVillageを終えて…

 

2017年第2回目のVillageは天候にも恵まれ、

大きなトラブルもなく無事幕を閉じることが出来ました。

 

出展者の皆様、改めてご参加いただき有難う御座いました。

ご来場者の皆さま、お暑い中、ご来場頂き有り難う御座います。

 

 

今回のVillageは昨年の反省点を活かし 、

スタッフの現場の動き、

特に搬入出について重点的に目標を定めていた。

 

2日間の開催における出展者の方々の出入りについては、

定めたことを定めた通りにしっかりと進行することが出来、

また、現場での大きな混乱もなく、現場を運営する上でのベースが出来たように思う。

 

現場を運営する上でのベース。

 

これこそ出展作家さんとの役割の違いで、

私たちが担うべきことであり義務。

 

沢山のお客さんを招くことや、

作家さんの作品が手に渡ることも大切なことだけれど、、

 

このベースな無い中で何をやろうとも、

所詮は全て人任せ(作家さん任せ)で

私たちが存在するべき理由は心許ない。

 

そういった点において、

運営スタッフとして

ようやっとスタートラインに立てたように思うし、

このベースを活かして

様々なことにチャレンジできる環境が出来た。

すべては、信頼できるスタッフのお陰。

 

_

 

個人的な目標として、

場内の様子を写真におさめることを2日間の中で意識をしていた。

 

その中で特に印象的だったことを2つ紹介したいと思う。

 

 

ひとつは上記の写真。

植物を扱う作家さんと革の作品を出品していた作家さんのお店。

ここでは、両者のブースの境目がなくなるような作りになっていて、

且つ、お互いのブースでそれぞれの作品が展示され、

ひとつのブースで双方の作品が楽しめるような場所になっていた。

護国神社のA&C静岡では、見られない景色だったように思う。

 

そしてもうひとつは以下の写真。

 

 

陶磁器の作家さんのお店では、

やってきたお客さんがほっとひと息つけるような場所として、

自作品を用いて冷たいお茶を提供していた。

 

なんだかとても、粋な計らいだと思ったし、

夏に開催されるからこその作家さんの小さな、

けれど、特別な工夫だと思った。

 

他にもきっと、

作家さんのそれぞれのお店では、

様々な工夫がなされていたと思う。

 

Villageスタッフの中でも、

それぞれでの発見があったと思うので、

その辺りについては反省会の時に仕入れ後日紹介したい。

 

 

今回の開催では、

昨年出展場所として利用していないエリアをつかって、

楽寿園全域に出展者を配置した。

それぞれのエリアには街の名前をつけることから始め、

街の様子を記した立て看板を設置しご来場者に案内をした。

 

それから…

これまで個人的にも作ることを否定してきた会場マップをつくってみた。

会場マップとしての精度はまだまだ善処する必要はあるけれども、

マップをつくることによってVillage=街という図式に肉付けが出来たように思う。

 

これもまたA&C静岡にはない特徴なので、

今後も続けてゆきたいし、より工夫し、

参加作家とお客さんが繋がる為の機会となるようにしてゆきたい。

 

 

最後に(ちょっと長めのを)ひとつ。

 

Village mishima rakujuenは、

楽寿園という市立の公園内に年に1度2日間だけあらわれる、

小さな、けれど、つくり手が存在してはじめて生まれる特別な街のこと。

すべてはそこに人の存在とお互いの準備があってこそ形づくられる場所。

 

私たちVillageの運営スタッフは当日を迎えるまでに、

現場に問題が起きないような仕組みと流れを考え、

安全を第1に開催するように心がけ、

その上で、

沢山のお客さんがやってくるように広報を進める。

では参加する作家さんは?

彼ら彼女らは自身の作品制作に取り組み、

不足なく出展できるよう準備をする。

 

とある出展作家さんがこんなことを話していた。

 

「私たちはスタッフさんが一年かけて準備し、

 搬入出の問題もなく、

 安心して出展が出来る環境をつくってもらっている。

 運営側の広報の努力も必要なことで、

 やってもらわなければいけないことだけど…

 私たち出展作家も、

 出展までに、

 単に作品制作をするのではなく、

 新作の準備をしたり、

 新作が出来上がったら紹介したり、

 小さなことでも

 具体的な宣伝をしたらいいし、

 宣伝を運営する側に任せきりではなく、

 作家が出来る努力をしないといけないと思う。

 自分の宣伝をする事で

 結果的に会場が盛り上がればいいんだから…

 そうやってそれぞれに良い宣伝をしあえたら

 もっと会場が盛り上がりますよね。」

 

はにかんでそういう彼に感謝を思うと同時に、

私たち運営者は、同じように考えている

彼ら彼女らにおんぶにだっこではいけない。

そう思うと同時に、、

これからのクラフトフェアに必要なものは、

そのようなしかけなのかもしれないと感じた。

 

Villageはまだまだ生まれて間もない未熟な会場だ。

だからこそやるべきことが多く、

それはやり甲斐にも繋がり、

望むことも望まれることもたくさんある。

 

まずは9月にやってくるVillageスタッフ内での反省会を迎え、

2018年をどうやってゆくのか?

そのことを決めてゆきたいと思う。

 

まとめとしてはなんだか中途半端な気もするが、ここらでお開きとします。

 

いつもどおり、

いささか自己満足なまとめをご覧頂き有り難う御座いました。

 

Villageについてのご意見ご質問などは下記メールまでお寄せ下さい。

 

 

info@village-mishima.com

  担当:名倉哲

 

_____

 

Village mishima rakujuen

2017年7月15日(土)16日(日)

於・三島市立公園 楽寿園

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





【2017年のVillageは閉幕致しました】

 

2017年のVillage mishima rakujuenは天候にも恵まれ幕を閉じることが出来ました。

出展者の皆様、ご協力ありがとうございました。

ご来場者の皆さま、お暑い中いらしてくださり感謝しております。

ありがとうございました!!

 

Village HP www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

 

*ダウンロードできる会場マップ*clicks!!

 

 

ご来場の皆様に向け、VillageのQ&Aをお送りします。

 

 

ー Villageとは?

 

三島市立公園楽寿園で行うクラフトマーケットです。

 

全国から、

『陶磁、木工、ガラス、金工、皮革、染織などの

 個人またはグループのつくり手』

『素材・道具・本を扱う方々』

が楽寿園に集い、展示販売を致します。

 

会場では”作ること”を体験できるワークショップもあります。

さらに、県内外の方々によるフードの出展もございます。

作り手と触れ合いながら、お買い物や食事を楽しんでください。

出展者は以下のマップをご覧ください。

 

 

 

ー 開催日時は?

 

7月15日(土)16日(日)の2日間、

時間は、9:00から16:00です。

雨天決行です。

 

 

ー 入場料は?

 

土曜日のみ、楽寿園の入場料がかかります。

入場料は、おひとり様300円です

(15歳未満無料、学生証提示により大学生以下無料)。

日曜日は楽寿園の無料開放日であるため、入場は無料です。

 

 

ー 駐車場は?

 

近隣のコインパーキングをご利用ください。

 

 

ー ペットを連れていってもいい?

 

ペットを連れての楽寿園へのご入園はできません。

 

 

ー 小さな子どもを連れていきたいのですが

 

 

楽寿園内には、お子様が遊べる遊園地、動物園もございます。

乳児のお子様をお連れの場合、

場内に授乳室を用意しておりますのでご利用ください。

また、割れもの等を販売している出展ブースも多いため、

場所によっては、

お子様が走り回らないようにご配慮いただければ幸いです。

 

 

ー作品の写真を撮りたいのですが。

 

作品の写真を撮影する際には、

必ず出展者の方に声をお掛けください。

無断での撮影はお控えください。

 

_

 

ご理解ご協力のほど、宜しくお願い致します。

 

Village mishima rakujuen

スタッフ一同

 

____

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 

 





ぐ る り 三 島(静岡県東部を中心とした店舗様のご紹介)

 

スタッフ高木です。

Villageでは、静岡県東部の店舗様を中心に

フライヤー(チラシ)を置かせていただいております。

 

Village開催中には、フライヤー設置店様のみを対象とした、

ショップカードを並べる場所を受付につくります。

魅力あるお店の情報が得られますので、是非とも受付にお越しください。

(スタッフ一人一人がお店に伺っているので雰囲気もお伝えできますよ!)

 

本日はその店舗様のご紹介です。(敬略)

 

=三島=

・iri(ギャラリー&ショップ)http://iri-mishima.com/

・sora(ギャラリー&ショップ)https://www.mishimanosora.com/

・chigiri(ギャラリー&ショップ)http://utuwa-chigiri.com/

・dilettante cafe(レストラン、カフェ)www.dilettantecafe.com

・ミチスガラ(イタリアン)http://izu-sanpo.com/michisugara/

・amefri chai&craft(雑貨、カフェ)facebook.com/amefri.earth/

・10-1 Kettle(カフェ)http://10-1kettle.skr.jp/

・Iwase - coffee(カフェ)http://iwase-coffee.com/

・JUNkobo bakery(パン)http://junkobo.jugem.jp

・クレマチスの丘 NOHARA BOOKS(本、雑貨)noharabooks.jp/

・佐野美術館 http://www.sanobi.or.jp

・casa駿東店 http://www.casa-swen.com/shop/241.htm

 

=熱海=

・cafe KICHI、KICHI plus(カフェ)www.cafe-kichi.com

・Haco Cafe(カフェ)facebook.com/hacocafe222/?fref=ts

・refs(野菜)http://fujiyama-veggie.com

 

=伊豆の国=

・KIKIカフェ+器(ギャラリー&ショップ、カフェ)www.la-lala.net

・玄米レストラン ぜんな(レストラン)http://zenna.jp

・irodori(ケーキ、カフェ)http://www.irodori-nitta.com

・べケライ・ダンケhttps://www.backerei-danke.com

・アイハラ(パン)http://izu-sanpo.com/aihara/

 

=沼津=

・hal(雑貨)http://hal2003.net

・weekend books(本、雑貨)http://www.weekendbooks.jp

・Fermata(イタリアン)facebook.com/Fermata-1337116586310221/

・ひねもすカフェ(レストラン)http://www.geocities.jp/hinemoscafe/

・Mission Bay(カフェ、雑貨)www.facebook.com/missionbay.jp/

・THE BLUE WATER (カフェ、雑貨)http://the-blue-water.com/

・自家焙煎珈琲屋 花野子(コーヒー、カフェ)http://cafe-kanoko.com

・ハニーサックル(ケーキ、カフェ)http://www.honeysuckle-cake.com

・Wild Oven(パン)facebook.com/WILD-OVEN-263596697136458/

・Swing coffee stand(コーヒー)facebook.com/swingcoffeestand/

 

 

=富士=

・sinilintu(雑貨)http://www.sinilintu.jp/about.html

・grow books(本)http://shakebrain.blog45.fc2.com

・pain campanio(パン)http://pain-campanio.jugem.jp

・HINA-CAFE(カフェ)http://www.hina-cafe.net

・キャトルエピス富士店(ケーキ、カフェ)http://www.quatre-epice.com/

 

=富士宮=

・芸術空間あおき(ギャラリー&ショップ、カフェ)facebook/ArtSpaceAOKI

 

=御殿場=

・ロバギター(雑貨、カフェ)http://robaguitar.exblog.jp

 

=清水=

・プティタプティ(パン)facebook.com/Petitapetitshizuoka/

・キャトルエピス静岡店(ケーキ、カフェ)http://www.quatre-epice.com/

・D&D SHIZUOKA (ショップ、カフェ)d-department.com/jp/shizuoka

・BLUE BOOKS cafe SHIZUOKA(カフェ、本)bluebookscafe.jp/shizuoka/

・静岡市美術館http://www.shizubi.jp/

 

是非是非、各店舗様に遊びに行って見てくださいね!

 

Villageスタッフ

高木

 

 

 

Village mishima rakujuen

at 三島市立公園 楽寿園

7月15日(土)16日(日)

9時〜16時 ※雨天開催

*Village来場者専用駐車場が御座いません*

 

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





「夏を盛りつけるワークショップ」夕顔 藤間夕香(Village)

 

 

 

 

〜お知らせ〜

メールでの予約受付は7/12(火)いっぱいで締め切りを致します。

なお、開催日・当日受付のお席を少しご用意できます。

それぞれの部の開始時間10分前までにVillage会場内「受付」にて承ります。

 

 

Village mishima rakujuen 2017

<夏を盛りつけるワークショップ>

 

 

景色を切り取り、見つめ、味わうこと。

旬のお野菜を季節に置きかえて見てみると、

いつもとは少し違ったひと皿ができあがる。

 

光も影も鮮やかに目に映る夏。

夏 といえば、

どんなことを想いますか?

景色、記憶、温度、色あい etc..

 

園内にある梅御殿にて

「夏」からひろがるイメージを

野菜や果物に重ねて味わう「盛りつけワークショップ」を行います

 

夏。

鮮やかに照る太陽

(例えばその姿を、トマトの色形に重ねたり)

水が恋しくなり、涼を求める気持ち

(そのイメージを、瑞々しさ溢れる胡瓜に繋げたり)

 

 

 

 

本ワークショップは、

ずらりと並んだ 夏野菜・果物から、

これ という組み合わせを選んでいただき

思うままのかたちに切って、

各々へご用意する Village参加作家さまの大皿へ、

夏景色を盛りつけてゆきます。

 

盛りつけ後には、みなさんのお皿の上のお話に耳を傾けながら、

夕顔特製「 香りのオイル 」とともにサラダとしてお召し上がりいただきます。

ハードブレッドもご用意しますので、お食事としての「夏」もお愉しみいただけます。

 

「こんな風に盛りつけたいのだけれど、どうしたら?」や、

「夏の景色? どのように?」

などなどありましたら、お気軽に声をかけてくださいね。

盛りつけのコツや景色をたてる手がかりをお話しながら、

夏のひと皿を一緒にみつけてゆけたらと思います。

 

みなさまのご参加、愉しみにお待ちしております。

 

 

 

*本ワークショップでは三島の農家さん、

 フードカルチャー・ルネサンスにご協力いただきます。

 

 

【日時】

 

 7月15日(土)

 第1部 10:00〜12:00 締め切りました

 第2部 13:00〜15:30 残席僅か

 

 7月16日(日)

 第1部 10:00〜12:00

 第2部 13:00〜15:30

 

 ※各回、12名までの参加となります。

 ※申込方法は下記にてお知らせ致します。

 

【場所】

 ※申込完了時に案内のデータを送ります。

 

【参加費】

 

 おひとり 4000円

 盛りつけていただいたサラダ + ハードブレッド ・お茶付き

 (サラダには、自家製番茶オイルをはじめ、

  夏野菜と相性のよいオイル・ドレッシングをご用意いたします)

 (内径20cm程度の器をご利用いただきます)

 

【持ち物】

 

 必ず必要なものではありませんが、

 お洋服の汚れを防ぐエプロンがあると安心です

 

【作家】

 

 夕顔  藤間夕香 HP/Instagram

 

【申込方法】

 

 件名を「夏を盛りつけるワークショップ」とし、

----------------------------------------

 ・ご希望の時間帯(ex.15日1部)

 ・氏名(全員のお名前)

 ・参加人数

 ・携帯電話番号(代表者のみ)

-----------------------------------------

をご記入の上、info@village-mishima.com担当・松村までお申し込み下さい。

 

お申し込み後、Villageよりご返信いたします。返信をもって参加予約完了となります。

(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)

※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。

※参加希望の方は事前にメールにてご予約をお願いいたします。

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、

 空いている時間帯を勧めさせていただく場合がございます。

※参加費のお支払いは梅御殿への入室時にお支払いください。

※事前準備がございますため、お申し込み後のキャンセルはご遠慮下さい。

 開催日1週間をきったキャンセルの場合、

 キャンセル料金として参加費全額のお支払い頂きます。

 

なお、今回のワークショップではVillageに出展する参加作家の器を利用致します。

 

 

【器の貸し出し協力作家】

松本美弥子クロノユキコ芽子生窯 近藤亮介

初澤 勉 / おぐろちはる / モノエ / 石川隆児

a e i  / 土のしごと / 3RD CERAMICS 

KANEAKI SAKAI POTTERY / フナハシトモハル

 

__

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





特別な場所。

 

ここ数日、ワークショップのリハを行っている。

同時に、撮影をしつつ実食も。これは完全に役得です。

 

 

 

今回のワークショップでは、

12組の作家さんに器の貸し出しをお願いし、協力して頂いている。

作家さんの中にはこの為に新作をつくる方もいて、その期待に応えなければ…

と時に身震いすることもままあったり。

 

(協力作家さんの紹介はインスタグラムにて実施中です)

 

 

 

ワークショップが開催される梅御殿。

ここは出展者の方々を招き、誰もが行き来できるような場ではなく、

その時々の目的に応じて、入場する方々が限られた場所として位置づけられている。

 

もちろんそれは、入場制限することが目的ではなく、

梅御殿の本来の姿を壊すことなく活かすため、

そのことを目的として。

 

昨年は甘味処の「茶屋 夕顔」として。

今年は同じく夕顔藤間さんによる「夏を盛りつけるワークショップ」として。

 

(夕顔さんのインスタグラムではVillageのことも紹介されています)

 

 

 

夏を盛りつけるワークショップは梅御殿の空間を余裕をもって使い、

建物が持つ空気を壊すことなく、静けさをもってつつましく行われる。

 

提案したいことは、

日々の喧噪から少しだけ離れ、

ひとりひとりが器と野菜と向き合い、

ひと皿の上で自分自身を表現すること…

 

 

最後に出来上がったものを実食することで、

再び自分自身の中に取り込み体験することが記憶となる。

そんなことが今回のワークショップの着地点だと私は思う。

 

名倉

 

_

 

…とまあ、ここで終われば宣伝記事としての役目を果たせる?のだけど、

そうはいかないのがめんどくさいところ。

なにが?

自分の、だ。

 

ここから先はながら見でお願い致します。

 

Villageは年に1度の2日間のイベントごと。

そんな中でのワークショップの2時間は、

お客さんにとって貴重で大きな時間だと思う。

 

イベントごとは、

楽しく興味津々なものが沢山あって、

過ぎてゆく時間は本当にあっという間だ。

 

イベントごとは、

早い遅いで云えば、おおよそ早いもの。

大きい小さいで云えば、間違いなく大きなもの。

だからこそワア〜っとなり興奮度も増す。

なにもこれは、特別なことじゃなく普通のこと。

 

なぜ梅御殿を沢山の人が行き来できるような場所にしないか?

その理由は上にあげたものへの裏返しのようなものだと思う。

 

早くて大きいもの(Village全体)の中に、

遅くて小さな空間(梅御殿のそれ)をつくり出すこと。

 

合理的で、効率重視で、2つを伴う最大効果を目指さない場所をつくること。

 

こういった場所をつくりだすことで、

VillageがVillageたる個性のようなものが生まれると思っているし、

Villageらしさを支える為のひとつの要素であり、

Villageの未来を作り出す為のヒントやきっかけを生み出す場所と感じている。

 

 

そんなことを年がら年中考え、

ずうっと頭の中で旅をしている状態が続いているので、

時々、自分がつくりだす全てが繋がり過ぎて、

訳もわからずキタ〜と思うこともしばしばな、

本日は7月6日の明け方。

新聞屋さんが配達を終える頃で、

外ではカラスが鳴いています。

 

Villageの開催まで10日をきりました。

皆さんにお会いできることを楽しみにしています。

 

それではまた。

 

名倉

 

______

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





Village開催前の最終確認を行いました

スタッフの高木です。

梅雨なのか?と疑うほどに、雨が降りませんね。

そんな中、三島の柿田川湧水は今日も元気に湧き出て、綺麗です。

Villageの会場である楽寿園の木々も鬱蒼としてきました。

 

さて、6月17日に開催前の現場での最終確認を行いました。

 

 

行ったことは以下です。

 

◯作家さんの搬入・搬出の確認

◯会場準備

◯梅御殿ワークショップ 準備 (ワークショップはこちら)

 

 

搬入についてはすでに書面でご案内した通りですが、

搬出については当日スタッフが皆様のブースにお伺いさせていただきご説明差し上げます。

(搬入についての案内が届いていない方はご連絡ください。)

 

今回の開催から、会場をより活かせるようブースの配置を見直しています。

マップについては以下の画像をご覧ください。

当日不明なことがあれば、なんでもスタッフに聞いてください。

作家さんの皆様がVillageの2日間を気持ち良く始められるよう、

スタッフが全力で対応します!

 

 

 

 

そして今回も沼津・三島・伊豆のいくつかの店舗様に、

Village mishimaのフライヤー(チラシ)をお願いさせていただきました。

フライヤー設置させていただいたのは以下の店舗様です。(敬称略)

 

=三島=

・三島観光案内所 

・佐野美術館 

・ディレッタントカフェ

・ジュンコウボウパン(JUNkobo bakery) 

 

=沼津=

・フェルマータ

 

=伊豆=

・KiKi カフェ+器

・ベケライ・ダンケ

 

各店舗様は、ご協力いただき本当にありがとうございます。

フライヤーを設置させていただいた店舗様のショップカードについては、

開催当日に設置する場所を設けます。

Villageに来て、魅力ある作家さんと出会うとともに、

いろいろな静岡東部の街を知っていただき、魅力を感じていただけたら嬉しいです。

 

Villageスタッフ

高木

 

______

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





畑の見学(夏を盛りつけるWS関連)

 

 

先週末はVillage開催にむけて

午後より会場シミュレーションを実施しました。

午前は「夏を盛りつけるワークショップ」

ご協力頂く農家さんの畑にお邪魔してきました。

 

今回ご協力いただく農家さんは三島にあります

「フードカルチャー・ルネサンス」さん。

 

在来種や固定種の作物を完全無農薬で育てています。

 

 

畑で聞かせて頂いた、土壌のこと。

なにより刺激があったのは

作物の素になる種も自分たちでつくられているとのこと。

 

 

人参や大根などの花は時間の経過と共に朽ち、花は種への変わります。

その種が新たな作物として成る。

自然のサイクルに寄り添い、作物が育つ無理のない環境をつくること。

大変な仕事をされているなあ〜と思いました。

 

そんなフードカルチャー・ルネサンスさんの野菜は

今回の梅御殿でのワークショップで実際にご利用になれます。

 

野菜の姿形。手にした時の感触。匂い。

などを意識しながら盛りつけ、実際に召し上がって頂けたら幸いです。

 

 

 夏を盛りつけるワークショップ at Village内梅御殿にて

 2017年7月15日16日 各日2部制

 お申し込み受付中!

 

 

名倉

 

____

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 





Village 広報活動(6月10日)

 

Villageスタッフの高木です。

  開催まであと約1ヶ月となりました。

  開催日に雨が降らないことを祈りながら日々を過ごしています。

 

さて、6月10日。

三島と沼津、そして富士の店舗様に、

Villageのチラシをお願いさせていただきました。

 

 

 

山口洋佑さんのイラストが描かれたフライヤーとなります。

もし、よろしければお手にとってくださいね。

 

今回、フライヤーをお伺いさせていただいたのは以下の店舗様です。(敬称略)

 

=三島=

・iri http://iri-mishima.com/

・sora https://www.mishimanosora.com/

・chigiri http://utuwa-chigiri.com/

・10-1 Kettle http://10-1kettle.skr.jp/

・Iwase - coffee http://iwase-coffee.com/

・クレマチスの丘 NOHARA BOOKS http://www.noharabooks.jp/

・casa サントムーン店

・サントムーン柿田川

 

=沼津=

・Wild Oven https://www.facebook.com/WILD-OVEN-263596697136458/

・Swing coffee stand https://www.facebook.com/swingcoffeestand/

・THE BLUE WATER http://the-blue-water.com/

・花野子 http://cafe-kanoko.com

 

=富士=

・pain campanio http://pain-campanio.jugem.jp

 

 

特に三島駅の近くのiriさん、soraさん、chigiriさんなどの皆さまには、

非常に励みになるお言葉をいただきました。

スタッフ一同、気を引き締め、頑張ります。

 

私たちVillageはまだまだ開催の歴史が浅いイベントです。

少しでも多くの方々に知っていただけるようにも活動を進めております。

そのような知名度の低いイベントにも関わらず、

各店舗様はご協力いただき本当にありがとうございます。

 

出展される作家の皆さま、そしてご来場いただく皆さまにとって

心に残るイベントとして続けていけるよう準備を進めてまいります。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

*後日、Villageのスタッフが静岡東部の店舗様をご紹介する記事を作成する予定です。

*A&C静岡版はこちら→ ぐるり静岡 / おいしい静岡

 

高木

 

_

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com





ワークショップまとめ(Village 2017)

 

2017年7月15日・16日

第2回 Village mishima rakujuen

 

2日間の開催中、

出展作家のブースにて行われる

ワークショップのまとめ記事をご案内致します。

 

すべてのワークショップの参加方法は直接ブースに訪れご確認ください。

 

*画像をクリックすると該当するページへ移ります*

 

______

 

小浜の森では、

「苔玉のワークショップ」「匙づくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

梅の小径では、

「革のガーランドとキーホルダーづくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

北町では、

「革でつくるバスケットづくりのワークショップ」

「端切れでつくるぬいぐるみづくりのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

西町では、

「手織りのコースターづくるのワークショップ」

「アロマキャンドルのワークショップ」が実施されます。

 

 

______

 

*会場マップ*

事前にダウンロードする際には【こちら】clicksをご覧ください

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 








Profile
New Entries
Archives
Category