RSS1.0 | Atom0.3



「ハレの日の装身具:まとめ」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

 

 

ハレの日の装身具とは?

主にウェディングなど、ハレの日の舞台で身につけることが出来る装身具を集めたエリアです。

 

 

↓参加作家紹介まとめをご覧ください↓

 

 

貝殻アトリエJyarinko(5−1)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1491

 

 

Glass studio chiffon(5−2)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1492

 

 

motonaga(5−3)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1494

 

 

chiiiiiiico(5−4)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1490

 

 

horieee(5−5)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1493

 

 

kico(5−6)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1489

 

 

kana∴kana(5−7)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1495

 

 

SUNn・寸(5−8)

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1496

 

 

 

なお、エリア3−1では参加作家の作品を実際に試着できる空間が御座います。

その名も…

 

 

 

ハ レ の 日

装 い の 間

 

今回、誠に残念ながら「ハレの日 装いの間」の空間は天候状況の確認と準備の関係でなくなりました。

申し訳御座いません。

 

 

 

 

 

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

スタッフ一同

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日 装いの間」(#ハレの日の装身具)

 

 

天候の状況確認と準備の関係で、今回「 ハレの日 装いの間 」の空間の設置は無くなりました。

何卒ご了承ください。

 

 

ハ レ の 日

装 い の 間

 

 

「カガミヨカガミ…」

誰でも一度は唱えたセリフ。

 

この鏡にうつるのは、いつか迎える"ハレの日のあなたの姿"。

 

それは例えば、誰かに想いを伝える日。

誰かの想いを受けとる日。

そして、新たな道を皆に宣言する日であって、いつかは、あの娘の幸せな背中を見送る日かも。

 

もっと身近な勝負の日だって、この鏡にはうつります。

 

ハレの日の装身具に参加する作家8組からお預かりした、それぞれの装身具を、実際に身に纏って鏡にうつしてみませんか?

 

いきなり作家さんに話しかけるのは、なんだかハードル高いかも…

なんて心配はいりません。

あの人の髪飾りと、あの人の耳飾りを組み合わせれたら…

どんどん合わせてやりましょう。

 

私たち女性スタッフが、あなたのハレの日のお守りになる装身具を、一緒にお探しします。

 

装いの間で、鏡と一緒にお待ちしています。

 

 

「ハレの日 装いの間」とは?

 

ハレの日の装身具で出展する8名の参加作家の装身具を試着できる空間です。

参加作家の作品の組み合わせを自由に試着できる空間はまたとない機会。

 

12日は10時〜16時まで。

13日は9時〜15時まで。

 

 

*場所はエリア3−1にて*

 

<ハレの日の装身具:まとめ>CLICK!!

 

 

//////////////////////

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:kana∴kana」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−7出展

 

 

kana∴kana

https://www.instagram.com/kana7na/

 

 

「自己紹介をどうぞ」 

 

ビーズアクセサリーを製作しております、kana∴kanaと申します。 

ヴィンテージアクセサリーの、ぬくもりのある手仕事の技法や表現に魅了され、その技法を、気軽に使える今のアクセサリーに仕立てたいとものづくりをしています。 

細かなシードビーズから生み出される形、その面白さをお伝えできたらと思っています。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

『ハレの日の装身具』

ハレの日=ウェディングというお知らせがあったとき、まだ、とりかかったことのないウェディングアクセサリーにチャレンジしてみたくなりました。 

ビーズとウェディングアイテムは相性がよく、いろんなアクセサリーがありますが、 kana∴kanaらしいアイテムをご提案できたらと思っております。 

幸せな1日を彩るお手伝いが出来たらと思います。 

 

 

「担当スタッフより」

 

ビーズの繊細で、慎ましく、 ひとつひとつが光の粒のような、 そんな輝きがとても好きです。 

kana∴kanaさんの作品を身に着けると、 ふるまいに気を付けるといいますか、 こういう女性でありたいと思う『女性らしさ』を意識させてくれます。

今回の『ハレの日』というテーマに 新たにチャレンジしてくださったkana∴kanaさん。 

リボンと合わせた作品は、可憐で、とてもシック。 

『ハレの日』に髪飾りとお揃いで使える小物の制作も予定しているそうです。 

ぜひkana∴kanaさんのブースにお立ち寄りくださいね。

 

スタッフ あらまき

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:motonaga」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−3出展

 

 

motonaga 

https://www.instagram.com/motonaga_/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

現在静岡を拠点に制作活動をしています。

ご祝儀袋等で使われる水引を使ってアクセサリーを中心に、日々の生活の中でシンプルで使いやすいアイテムを心がけて制作しています。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

特別な日に付けたくなるような、華やかなアイテムをお持ち出来たらなと思っております。

髪飾りなど、この企画のためのオリジナルの作品も数点ご用意いたします。 

縁起のよい水引を使って、心を込めてお作りいたします。

実際手にとって見ていただけたらと思います。 

 

 

「担当スタッフより」 

 

若いうちは世の中の面白いと思われることに一生懸命になるが、何か身が伴わないことが多い。

いろいろな経験をする中で、普通なもの、普遍的なものの、その向こうにさまざまなものが見えてくる。これはそんな作品です。

 

スタッフ てらお

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





「ハレの日の装身具:horieee」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−5出展

 

 

horieee 

https://www.instagram.com/horieeesmarket/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

刺繍とタイポグラフィが好きです。

布に刺繍をしてバングル、ブレスレット、ブローチ、イヤリング、ピアスを作ります。 

埼玉県の自宅で、一つ一つ丁寧に製作しています。

手にとることで、心にときめく作品をお届けできますように。

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

ウエディング。 

それは普段とは違う異空間で、少しよそよそしく、なんだかワクワクします。 

主役であれ、ゲストであっても、どれも、愉しく、華やかであります。 

身にまとう、ドレス・装飾・装身具。 

特別だけど、すっとその人に寄り添うもの。 

これが「ハレの日の装身具」でご提案する、わたしなりのコンセプトです。 

余談ですが、 自分の挙式を行った時に、いまいちピンとくるものが無くて。。。 

そこでとある作家さんがデザインした、アクセサリーの制作キットに出会い、 自分で作ることにしました。 

本番を終えた後は別のシーンで着用したりと、今でも大切に保管してます。 

そしてこれがものづくりの楽しさを知り、現在の活動をスタートするキッカケになりました。 

当日は、皆さまの心にグッとくるものがお届けできますように・・・・。 

 

 

「担当スタッフより」

 

私自身は、自分のハレの日はまだまだ目に見えないものだけど、 自分の大切な誰か(友人・家族)を祝うハレの日にはいつも、 どんな装いで(度のワンピース?靴は?ヘアアレンジは自分でやるか...?!)と、 あれやこれやと何ヶ月もかけて考える。 

そんな時、ご自身のハレの日から生まれたhorieeeさんの装身具が手元にいてくれたら、どんなに心強いだろう。 

主役の"私"にも、お祝いに駆けつける"私"にも、 背中を押してくれるひとつに出会えますように。

 

スタッフ はしもと

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:Glass studio chiffon」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−2出展

 

 

Glass studio chiffon

https://www.instagram.com/chiffonglass/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

こんにちは。 

グラススタジオシフォン川西しほと申します。

愛知県名古屋市でガラスアクセサリーを制作しています。

器用に見えて不器用、せっかちなのにのろまです。

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

ハレの日の装身具という言葉にドキっとしました。

憧れているものを形にしたい、作り出したい、思うだけじゃなく挑戦してみようという気持ちがぴったりと当てはまったからです。 

今回「華」を意識しガラスの光が美しく見えるような髪飾りや、耳飾りなど制作しました。 

普段より大きなデザインのものも沢山揃えたいと考えています。

 

 

「担当スタッフより」

 

ガラスの髪飾りが光輝いていて思わず心奪われました。 

可愛らしさだけではなく、華やかで上品なグラススタジオシフォンさんの作品は新婦の方だけでなく、 参列者の方々にも大切なハレの日に華を咲かせ透明感のある優しい光を放ってくれるでしょう。

是非ブースにてご覧ください。 

 

スタッフ

こやま

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 

 

 





「ハレの日の装身具:貝殻アトリエJyarinko」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−1出展

 

 

貝殻アトリエ Jyarinko

https://www.instagram.com/kaigara_jyarinko/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

蒲郡の海岸で集めた『ナミマガシワ』と言う貝殻を使い、ハレの日の為のブライダルアイテムを制作しています。 

お2人の歩みと重ねて、海岸に流れ着いた貝殻が美しい作品になるまでのストーリーを感じて頂けたら嬉しいです。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

Jyarinkoでは『ナミマガシワ』という貝殻を使ったブライダルアクセサリーやウェルカムボードを蒲郡の海の近くのアトリエで制作しています。 

柏の葉のような形で波に流されてくることからその名がつけられた波間柏(ナミマガシワ)は、 岩や大きな貝などにくっついて生きる2枚貝です。 

ピンク 黄色 白と宝石のように輝く貝との出会い、貝殻拾いは、まるで宝探しのような気分でした。 

この輝きと色は人工的に作ったのではなく天然の貝が持つ特徴です。 

一生に一度のハレの日のために、皆様にもこの感動を届けられたらいいなと言う思いで参加させて頂きます。

 

 

「担当スタッフより」

 

ナミマガシワが放つ輝きはとても穏やか。

煌びやかな宝石の輝きには無い美しさがあります。 

「母なる海」と言うけれど、やさしくおおらかに寄り添ってくれるアクセサリーです。 

Jyarinkoさんでは新郎新婦さんと一緒に貝殻拾いをし、その貝殻を使ったアクセサリーを製作する「参加型オーダーメイド」も行なっています。

ハレの日の装身具を2人の手で。 

ぜひブースへお立ち寄りください。

 

スタッフ

まつかぜ

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:SUNn・寸」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−8出展

 

 

SUNn・寸

instagram.com/sunn_takahashi/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

京都にて革や金属を使い装身具を制作しております。 

異素材の組み合わせはそれぞれの素材の魅力が伝わるよう選んでおります。 

世代をまたぎ、長くお使い頂けるものをご提案できればと思っております。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

例えば凛とした佇まいが似合う女性に向けて、黒髪にシルバーとパールの静かな輝きを加え、少しの静かな華やかさを演出できればと思います。 

背筋が伸びハレやかに、世代を超えて使用できるものを考えております。

 

 

「担当スタッフより」

 

“装身具”という言葉を調べた。
身体へ装飾のためにつける工芸品。アクセサリー。
“アクセサリー”はたくさん持っているけれど、 “装身具”と表現できるものは、ほんのひと握りあるかどうか。
“ハレの日”に身につけられるものはあまり持っていなかった。

今回、SUNn・寸さんの申込書の作品写真を見た時にハッとしたのを鮮明に覚えています。
今似合うかどうかは手に取る基準になりますが、ハレの日は少し背伸びをしたくなります。
ハレの日をよりハレやかに、静かに力強く彩るSUNn・寸さんの作品をぜひ手に取ってご覧ください。

 

スタッフ さとう

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:kico」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−6出展

 

 

kico 

https://www.instagram.com/kico_insta/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

植物の繊細さ、儚さを感じられるアクセサリーをコンセプトに、布花に刺繍を施したアクセサリーを制作しています。 

kicoは、ki = 木 、co = 小さな から名付け、ほろほろと儚く繊細な小枝をイメージしています。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

すべて白い布からつくられていて、布の加工から、カット、染め、刺繍と、ひとつひとつの工程を手作業で制作しています。 

ハレの日の装身具への出品作品は、髪飾りに加え、耳飾り、コサージュをご用意させていただきます。 

幼い頃、摘んできた花を束ねたり、並べて眺めたりした時のどきどきとする気持ち。 

手にした時、そんな記憶を思い出していただけたら嬉しいです。 

 

 

「担当スタッフより」

 

お話を伺い、小さな頃、 摘んできたきれいなお花を母にプレゼントした時のドキドキわくわくとした気持ちを思い出しました。 

あたたかい気持ちを呼び起こし、 寄り添ってくれるkicoさんの作品と一緒にハレの日に参加できたら、また新しい素敵な思い出ができそうです。

繊細で可愛らしく、あたたかいkicoさんの作品を、是非間近でご覧ください。

 

スタッフ

よしひら

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





「ハレの日の装身具:chiiiiiiico」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−4出展

 

 

chiiiiiiico

https://www.instagram.com/chiiiiiiico_hand/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

金沢美術工芸大学製品デザイン卒業。SHARPでプロダクトデザイナーとして働いた後、chiiiiiiicoを立ち上げました。 

生地を染色してコテを当てて成形するアートフラワーの技術を基盤に、耳飾りや髪飾り等をデザイン制作しています。 

お花や葉、実など自然が作り出す美しいフォルムをデザインに取り入れて、自然の空気を感じて頂けるような作品を目指しています。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

バラやマム、カラー、かすみ草等の植物をデザインモチーフにした髪飾りを中心に出展します。 

サテンやオーガンジー、ビロード等の生地を使用して質感豊かに表現した髪飾りの他に、パールとガラスビーズをワイヤーで編んで制作した新作の髪飾りも展示します。 

ドレスやお着物の色に合わせて布染めて制作するカラーオーダー、既存のデザインからアレンジして制作するセミオーダー、お好きなお花等からデザインを考えて制作するフルオーダーも行なっておりますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

「担当スタッフより」

 

純白の美しさに、心を奪われました。 

成人式も卒業式も、とりあえずつけた髪飾り。結婚式も同じように、とりあえず合いそうなものをつけてもらうのかなぁ…とぼんやり思っていました。 

しかし、chiiiiiiicoさんの髪飾りを初めて見たとき、ハレの日に着けたらどんな1日を過ごせるだろうと想像がどんどん膨らみました。 

自分のハレの日には華やかに。

友人のハレの日では控えめに。 

ドレスに合わせて好きな色に変えてみたり。

首飾りを好きな組み合わせにしてみたり。 

魅せたい姿にぴったりあう。そんなchiiiiiiicoさんの作品と、人生のさまざまなハレの日を過ごしてみたいです。

 

スタッフ すずき

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 








Profile
New Entries
Archives
Category