RSS1.0 | Atom0.3



A&C静岡手創り市 2018秋季 申込について。

 

 

2018年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市の開催日と申込についてお知らせ致します。

 

 

開催日:10月13日(土)14日(日)※雨天開催

申込期間:7月2日〜8月1日事務局必着まで

出展者発表:8月12日予定

 

 

 

2018年度より一般部門フード部門共に出展料の改訂を致します。

 

<出展料の改訂について>

 

一般部門は12000円。

フード部門は15000円。

 

 

今回の出展料の改訂は主に2点の理由があげられます。

 

「1」近年の来場者増加に伴い、近隣への対応と安全確保の為のスタッフの増員にむけて。

「2」雨天時を備えて、資材の準備・補填、管理費のため。

 

 

なお、出展規約については、基本、これまで通りとなります。

初めてのご応募の場合、お申し込み前に必ずご一読頂けますようお願い申し上げます。

 

◯一般部門は個人で完結していること。

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=957 

 

◯フード部門は県条例に基づいた規約を遵守すること。

http://shizuoka-info.jugem.jp/?cid=20

 

*注意点*

 

「1」消火器の設置

前回開催時、消火器の設置を忘れている方、

設置する消火器の使用期限が切れている方がおりました。

通常、利用することのない消火器ですが、

万が一に備えてメンテナンスをお忘れなく…

 

「2」ブースのサイズを厳守してください

出展時の基本のブースのサイズは、幅3m×奥行3mです。

出展場所によっては奥行が3m以上とっていただいても構いませんが、

幅(店頭正面)は3mを厳守して下さい。

3m以上のスペースを利用している際には、

その場でもう1ブース分の出展料を頂戴した上で、

次回以降のお申し込みをお断りする場合が御座います。

ご注意下さい。

 

 

_

 

 

今秋の小屋企画は↓こちら↓ですよ。

 

 

2018年の秋季小屋企画では、

用途が決まっているものとそうではないモノと

用途に決まりのないモノが集まり、

小屋企画にて展示されます。

 

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1316

 

_

 

 

お申し込みから出展に関してのお問い合わせは

下記メールまでお気軽にご連絡ください。

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

名倉哲

 

____

 

 

《A&C静岡手創り市・運営スタッフ募集中》

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 気になることがあればお気軽にご連絡ください

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





日日、はさむ(2018秋季小屋企画)

 

 

【今秋開催の小屋企画】

 

 

タイトルは「日日、はさむ」

 

 

日日、はさむでは ”生活とアート” をテーマに開催致します。

 

 

例えばそれは…

 

 

舞台は本の上。

 

 

ベッドの上で本を眺めているとき、配達のお兄さんがやってきた。

いつもやってくる配達のお兄さんは笑顔が素敵な方。

 

 

ぴんぽーん。はーいー。

 

 

この時、人がとってしまう行動は2択だろう。

(ということにしてください…)

 

 

1、ふと目の前にあったマグカップを本に”はさみ”玄関へ駈けた

2、ふと目の前にあった円形を本に”はさみ”玄関へ駈けた

 

 

方や機能があるものを。

もう一方は機能がないものを。

同じ”はさむ”という行為でも見える景色はまったく違う。

けれど、どちらも日常の光景のひとコマ。

 

 

2018年の秋季小屋企画では、

用途が決まっているものとそうではないモノと

用途に決まりのないモノが集まり、

小屋企画にて展示されます。

 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

企画原案_望月

 

写真_名倉

 

____

 

 

 

【次回A&C静岡開催について】

 開催日:10月13日(土)14日(日)

 申込期間:7月2日〜8月1日事務局必着まで 

 発表:8月11日予定

 

 

《A&C静岡手創り市・運営スタッフ募集中》

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 ○気になることがあればお気軽にご連絡ください

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





2018年春季A&C静岡開催のまとめ。

 

2018年4月7日(土)8日(日)

第16回目のARTS&CRAFT静岡手創り市を開催致します。

 

今回も全国より140組を越えるつくり手の皆様が集います。

 

<2018年春季・全出展者リスト>CLICK!!

 

ご来場者の皆様へ。

改めて開催前のご案内と注意事項をお知らせ致します。

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1194 

 

 

ほか会場よりお届けする情報をまとめました。

それぞれの画像をクリックしてご覧ください。

 

 

*出展作家とスタッフが言葉を交わして*

 

 

*今春の小屋企画のテーマは『 本 』をテーマに実施*

 

 

 

 

 

 

 

*しずおかの美味しいを楽しんでみてください*

 

*おいしいのあとは県内をめぐってみよう*

 

_

 

*次回、2018年秋季開催の小屋企画は『生活とアート』をテーマに開催*

 

例えば日常のひとコマにこんなものが…

 

ベッドの上で読書をしている時、配達のお兄さんがやってきた。

配達のお兄さんが笑顔が素敵な人だ。

ぴんぽーん。はーいー。

 

1、ふと目の前にあったマグカップを本に”はさみ”玄関へ駈けた。

2、ふと目の前にあった円形を本に”はさみ”玄関へ駈けた。

 

片や機能があるものを。

もう一方は機能がないものを。

 

用途が決まっているものとそうではないもの。

そんなモノたちが小屋企画で提案されます。

 

*タイトルは「日日、はさむ」 どうぞ宜しくお願い致します*

 

____

 

 

*好きなことを形に・A&C静岡スタッフ募集してます*CLICK!!

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





灯 り だ け / 2018.03.21-03.25

 

 

木工作家 record 齋藤勝弘さんの”灯り”だけを集めた展示会を開催致します。

会場は静岡県静岡市の山の麓にある木藝舎Satoの連なる小屋。

多種多様な木材で様々な照明作品をつくるrecordさんの灯りが一堂に介すこの機会。

ぜひともご来場下さい。

 

 

 

 

灯りだけ

公式Instagram

https://www.instagram.com/akaridake_official/

 

 

 

「作家」

 

record 齋藤勝弘

https://www.instagram.com/record.jp/

 

1975年 千葉県生まれ

技術専門校木工工芸科修了。

家具製作所勤務、特注家具の製作に携わる。

その後、アンティーク家具店にて家具修復・オリジナル家具の制作等を経て、

現在、千葉県最北端のとんがってるところ、野田市にて『木のモノ』制作活動中。

 

*本展では record×木藝舎 / LIMITED作品も十数点並びます*

 

 

「会期」

 

2018年3月21日(水祝)〜3月25日(日)

 

※日付によって営業時間が異なります

 

21日(水祝)12:00〜20:00

22日(木)11:00〜18:00

23日(金)13:00〜21:00

24日(土)13:00〜21:00

25日(日)11:00〜17:00

 

 

「イベント」

 

きてください、みてください、きいてください、たのしんでいってください

 

3月21日(水祝)12:00〜20:00

『 喫 茶 灯り 』店主 鳥仙珈琲 

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1290

 

 

3月23日(金)24日(土)夕暮れ 〜 21:00 くらい

『 B A R 人間 』音楽とお酒と灯り SAITOHとNAGURAがお届け

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1294

 

 

3月23日(金)24日(土)17:00〜21:00

『 未来のあなたへ 』大野写真研究室

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1293

 

 

「会場」

 

木藝舎Sato

静岡県静岡市葵区足久保奥組堀下212(駐車場完備)

https://www.instagram.com/mokugeisya/

 

「お問い合わせ」

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

Tel 080-5191-8554

※電話は営業時間中のみ繋がります(待ち受け専用)

※会期前のお問い合わせはメールにてご連絡ください

※会期中はSquareによるクレジット決済が可能となります

 

 

◯企画 名倉哲(A&C静岡)

◯写真 大野写真研究室

◯デザイン hase

◯協力 木藝舎 / 鳥仙珈琲

 

 

____

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





record × 木藝舎 / LIMITED (灯りだけ 2018.03.21_03.25)

 

 

灯 り だ け

record × 木藝舎 LIMITED

 

 

recordさんと木藝舎とのコラボレーションとも云える

本展限定ラインの照明作品が10数点並びます。

 

 

 

 

 

 

木藝舎が扱う様々な古材を

recordさんなりの解釈で灯りに仕立てました。

一部、スタンド作品も御座います。

 

 

 

最後に。

 

LIMITEDラインは単なるコラボレーションではなくて、

朽ちた古材が灯りとして生まれ変わり

ふたたび木藝舎に帰ってきて

また何処かへ旅立ってゆく。

そんな輪廻のような仕組みを現してみたかった。

会場が木藝舎だったこともそれが理由。

こうした事は思いつきでは絶対に提案出来ないし、

単に、面白いから…とやっちゃいけない。

つくり手が生涯の間でつくるものには限りがあるのだから。

なにより、まず相手があって、相手をよく眺めていると

むこうからやってくるものだから。

 

そんなイメージで提案した今回のLIMITEDラインです。

 

_

 

 

 

灯 り だ け

 

3月21日から25日の17時まで開催される照明作品だけを集めた展示会。

集う照明作品は約100点。様々な角度から灯りをご覧になれるこの機会。

 

 

公式Instagram

https://www.instagram.com/akaridake_official/

 

ぜひともご来場ください!

 

名倉

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





BAR 人間 2018.0323_0324(於・灯りだけ)

 

 

BAR 人間

 

 

バー人間とは

灯りだけ・企画者名倉と

作家のrecord齋藤による2日間限りのお店です

 

バー人間は

借りもののナニカによって

形づくられています

 

場所

提供するもの

ビジュアル

 

その時々によって形を変えるバー人間

 

今回皆さまにお出しするものは

・お出汁だけでつくられた関西風のおでん

・数種類のお酒

のみとなります。

 

お時間にゆとりのあるお方。

ごゆるりとお過ごしください。

 

 

名倉哲(A&C静岡)

record齋藤勝弘

 

_

 

 

「日時」

3月23日(金)24日(土)

夕暮れ頃〜21時まで

 

 

「お品書き」

・関西風おでんの盛りあわせ(お出汁のみで炊いた大根・蒟蒻・木綿豆腐の3種)

・ウイスキーソーダ(とろみのあるウイスキーをソーダ割り・冷凍レモン入)

・日本酒(大村屋酒造場の重兵衛を常温にて)

・キリンクラシックラガー中瓶(勝手にシェア、よろしくどうぞ)

 

※ノンアルコールのドリンクもあるかもしれません(ないかもしれません)

※キャッシュオンのスタンド形式となります

※お車の運転手さんの飲酒は堅くお断りしております。

 

 

「場所」

灯りだけ・会場内

(木藝舎Sato 静岡県静岡市葵区足久保奥組堀下212 / 駐車場完備)

 

 

_

 

 

 

灯 り だ け

3月21日から25日の17時まで開催される照明作品だけを集めた展示会。

集う照明作品は約100点。様々な角度から灯りをご覧になれるこの機会。

 

ぜひともご来場ください!

 

名倉

 

____

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook





未来のあなたへ・大野写真研究室(於 / 灯りだけ)

 

 

未来のあなたへ / 大野写真研究室

於・灯りだけ

 

 

みなさんは、色をどんな温度で感じていますか?

 

例えば、同じ白でも光の温度でいろいろな見え方に変化します。

その光の温度で、我々は色と共にいろいろな感情をいだくのではないでしょうか?

 

recordの斎藤さんの灯りの光を、皆さんはどんな温度で感じるのか?

今回は展示にある、灯りだけの光でポートレートを撮影したいと思っています。

 

どんな温度を感じるのか?

そんなお話をしながら、撮影が出来たら嬉しいです。

 

 

よろしくお願い致します。

 

 

大野写真研究室

大野仁志

http://ohnophotograph.com/

https://www.instagram.com/hitoshi_ohno/

 

_

 

 

「日時」

3月23日(金曜)24日(土曜)

17:00〜 21:00

 

「料金」

2500円(写真+マット代含む・送料別)

 

「場所」

灯りだけ・会場内

(木藝舎Sato 静岡県静岡市葵区足久保奥組堀下212 / 駐車場完備)

 

_

 

 

灯 り だ け

3月21日から25日の17時まで開催される照明作品だけを集めた展示会。

集う照明作品は約100点。様々な角度から灯りをご覧になれるこの機会。

 

ぜひともご来場ください!

 

名倉

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





喫茶灯り 店主より(展示会・灯りだけ)

 

 

 

喫茶灯りの店主、田中と申します。

普段は鳥仙珈琲でコーヒー豆の焙煎をしております。

 

珈琲と灯りの関係はとても深いと思います。

電球色でほんのり明るい古民家ような場所と、

蛍光灯で明るい会議室のような場所で

飲むコーヒーとでは、感じる味わいも変わってきます。

 

 

淹れたての薫り立つ珈琲に写り込むrecordさんの照明。

そんなイメージが喫茶灯りです。

 

それに合わせて当日は、

厳選ロットのお豆を数種類ご用意してドリップいたしいます。

 

 

珈琲と照明、ただそれだけ。

たまにはスマホも車において、

シンプルな時間を味わっていただければ幸いです。

 

 

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

喫茶 灯り

店主 田中(鳥仙珈琲)

http://torisencoffee.com/

 

 

 

_

 

「日時」

3月21日(水祝)

12:00〜20:00

※ラストオーダー19:30

 

「場所」

灯りだけ・会場内

(木藝舎Sato 静岡県静岡市葵区足久保奥組堀下212 / 駐車場完備)

※スタンド形式となります

 

_

 

 

 

灯 り だ け

3月21日から25日の17時まで開催される照明作品だけを集めた展示会。

集う照明作品は約100点。様々な角度から灯りをご覧になれるこの機会。

 

ぜひともご来場ください!

 

名倉

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook





【ご案内:1月末日必着まで。延着対応不可。】

 

2018年春季A&C静岡のお申し込み締切りは1月31日事務局必着まで。

 

手渡しの必要があるものについても、

事務局不在の場合には対応が出来ない場合が御座います。

 

なお、2月1日より選考会の準備の為、

手創り市事務局は不在となります。

 

2月1日以降にポストへ投函されたものの確認やメールの対応も出来ません。

ご了承下さい。

 

_

 

 

2018年のARTS&CRAFT静岡手創り市の開催日は以下の通りとなります。

 

_

 

【春季開催】

 

開催日:4月7日(土)8日(日)

申込期間:1月4日〜1月31日事務局必着まで

発表:2月11日

 

_

 

【秋季開催】

 

開催日:10月13日(土)14日(日)

申込期間:7月2日〜8月1日事務局必着まで

発表:8月12日

 

_

 

 

また、先日ご案内した通り、

2018年度より一般部門フード部門共に出展料の改訂を致します。

 

<出展料の改訂について>

 

一般部門は12000円。

フード部門は15000円。

 

_

 

今回の出展料の改訂は主に2点の理由があげられます。

 

「1」近年の来場者増加に伴い、近隣への対応と安全確保の為のスタッフの増員にむけて。

「2」雨天時を備えて、資材の準備・補填、管理費のため。

 

_

 

なお、出展規約については、基本、これまで通りとなります。

初めてのご応募の場合、お申し込み前に必ずご一読頂けますようお願い申し上げます。

 

◯一般部門は個人で完結していること。

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=957 

 

◯フード部門は県条例に基づいた規約を遵守すること。

http://shizuoka-info.jugem.jp/?cid=20

 

_

 

お申し込みから出展に関してのお問い合わせは

下記メールまでお気軽にご連絡ください。

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

名倉哲

shizuoka@tezukuriichi.com

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





2018年のメインビジュアル

 

A&C静岡手創り市のメインビジュアルがリリースされましたのでお知らせ。

今回も山口洋佑さんにお願いをしました。ありがとうございます!

 

_

 

これまで

通称・グリーンジャイアントをモチーフに

イラストを組み立ててきましたが

それも昨年でおしまいに。

 

2018年のビジュアルは

「狛犬」と「縄文土器」をモチーフにしました。

 

モチーフと云っても

私からのオーダーは土器を入れて欲しい。

ただそれだけ。

 

なぜ土器なのか?

それは昨今の流行へのアンチテーゼ。

…のようなものかもしれませんが、

自分でもよくわかりません。

なんせ思いつきなので。。

 

狛犬は届いたものに描かれていました。

 

頼んじゃいないけど、

狛犬がいることによって

このビジュアルが

現時点で最高なものになったと思います。

 

なにをもって最高か?

それは見る人によって違うのは当然。

あくまで、今の、私の、心境へのアンサー。

ボディーにずしりと響きました。

 

響いたソレは、

自分たちの会場への、

クラフトフェア的なものへの、

「ひよってないですか?」

「それっぽいの止しませんか?」

「それでいいんですか?」

という、投げかけなのかもしれません。

 

_

 

そんな訳で、

完全に後出しですけど、

このビジュアルに込めた意味。

 

ここから先は自分への戒めと期待を込めて。

 

_

 

A&C静岡が始まり、

今年で8年を迎えます。

まだ、たったの8年…

 

私たちなりに、

様々なことに挑戦し、

やりきったこともあれば、

そうじゃないこともありました。

 

特にここ数年は、

クラフトフェア的なものから

ずらそうずらそう…

かわそうかわそう…

とやってきたように思います。

 

クラフトフェア的なもの。

 

それは、

「クラフトフェアの現状」

といってもいいかもしれません。

 

良い作家さんがいて、

美味しいものがあって、

という表層だけでなく…

フェアを眺めていると、

売れてるものの傾向、流行がよくわかる。

その集合体のような場。

まさに市場(しじょう)。

 

主催する人々は

そうした傾向と流行に支えられ、

安全な開催を願い、過ごす。

 

もちろんそこには様々な想いがあり、

考えもあるのだけど、

具体的に発信する訳でもない。

 

なぜだろう?

いつもこのことを不思議に思う。

 

会場に集う作家たちは

全国の様々なフェアに出展しつつ、

そろそろよくね?…的な飽きを感じ、

明確に、出展する場所を選び始めている。

 

それにこうした意見もある。

 

ネット販売だけじゃあね…

ギャラリーに任せているだけでもね…

やっぱ自分でも売りたいじゃん。

楽しいし。直接お客さんの声聞きたいし。

…という本音。

 

そんな風に、

お互いが共有できちゃえて、

けれどお互いに触れず…みたいな

うっすら感じていることを

ひと言で言い表すとこんな感じ?

 

「クラフトフェアの停滞」

 

言い過ぎでしょうか…

 

折りにふれ、

作家さんや店舗さんと話をしていると、

今が悪いのではなく、むしろ良いことが多い。

けど、良きことの裏側にひそむことがあるじゃないか。

想像してくれよ。聞いてくれよ。見つけてくれよ。

そんなことを訴えかけている様に感じる。

 

それらの声ならぬ声。

目には見えないもの。

拾い上げたり、想像したり。

それが、私たち会場をつくる人間に課せられた

オーダーではないでしょうか。

 

 

最後に。

 

イベントは刹那的な場所であると思うし、

それでいいと思っている。

 

だからこそ

いっかいいっかい

ドキドキしたい。

 

土器だけに。

 

 

ここまでお付き合いくださって有り難う御座いました。

それではまた。

 

名倉

 

____

 

 

*運営スタッフを募集してます*

 

◯ ARTS&CRAFT静岡手創り市のスタッフ募集 CLICK!!

 

◯ Village mishima rakujuenのスタッフ募集 CLICK!!

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 








Profile
New Entries
Archives
Category