RSS1.0 | Atom0.3



2016秋季Q&A:FUTAYA / ラフイユ

2016年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市のQ&Aを本日より公開致します。

開催にむけて、参加作家さんの背景を少しでも知ってもらえたら嬉しいです。

それではご覧ください。

 

*全出展者リストは【こちら】clicks!!をご覧ください*

 

・・・・

 

【エリア2−7出展】

FUTAYA

 

 

高山

自己紹介をお願いします。

 

FUTAYA

「東京都出身です。

大学でプロダクトデザインを学び、その後品川の職業訓練校で木工技術を学びました。

卒業後は滋賀県の木工作家さんの元で修行をした後、京都で伝統工芸を学んだ若手達が集まるNPOで木工品の制作やワークショップを学校や施設、イベントで開催したりしていました。

そして去年、東京へ戻って来て国立市谷保に工房を構えました。

谷保天神のお隣にある長屋の一戸建てを、木工をやっている友人とシェアし1階は工房、2階はギャラリーとして自分達で改装しながら個々の制作に励んでおります。」

 

 

高山

コタニさんの作品は、木工のみではなく、ガラスなどと組み合わせての作品があります。

木工以外のガラスの器なども女性的で、作る木工作品にとても合っていると思うのですが、これはどういった制作工程で作られているのでしょうか?また、制作する上で、どういった事にこだわって制作していますか?

 

FUTAYA

「ありがとうございます。

元々古道具が好きで瓶や器や、これはいったい何に使うんだろう?というものなど取り留めもなく収集しておりました。

そういった、古いものと組合せたり、陶芸をやっている友人(今回一緒に参加する野守草)とコラボレーションして作っているものもあります。

木だけで完結しているものももちろん制作しているのですが、他の素材と組合せることで魅力が倍になったり、フタ付きのものになることで違った使い方が想像できたりします。

何よりパッと見た時の「可愛いな」「なんかいいな」という感覚的なものをとても大切にして制作しています。」

 

注)ARTS&CRAFT静岡手創り市出展時には、

  古道具などと組み合わせた作品の出展はございません。

  予めご了承下さい。

 

 

高山

最後に、参加するにあたっての意気込みを聞かせてください。

 

FUTAYA

「今回初めての参加です。

私の作ったものがどんな人と出会うのか、私がどんな人と出会うのかワクワクしています。

また、陶芸の野守草との参加も初めてなのでどうぞよろしくお願いします。」

 

 

古谷さんは、当市では今回が初出展となります。

是非、会場で手に取り、古谷さんの女性的な作品を御覧ください。高山

 

 

・・・・

 

【エリア6−2出展】

ラフイユ 

 

 

執行

簡単な自己紹介をお願い致します。

 

ラフイユ

「名古屋のラフイユという移動型花屋を夫婦で営んでおります。通常は主に植物を用いて、店舗ディスプレイやテレビcm、ミュージシャンのステージ装飾などを手がけております。」

 

執行

生花が主ではなく、ドライフラワーなどを中心とされている事へのこだわりをお聞かせいただきたいです。

 

ラフイユ

「ラフイユのドライフラワーへのこだわりを申し上げますと、生花の瑞々しい良さももちろんありますが、ドライフラワーは植物の一生の集大成かと考えます。

一見枯れてしまったただの植物と考える方もいらっしゃるかとは思いますが、末枯れた美しさや年月を重ね枯れてより輝きを増し、そして生花では成し得ない表現方法や良い意味での生活への取り入れやすさがドライフラワーにはあるかと思います。」

 

執行

作品がとても繊細ですので、どのようにお手入れをしたらよいというのはありますか?

(作品にもよるかとは思いますが)また、ドライの物でもやはり寿命はあるように思うのですが、少しでも長く作品を楽しむためにはどのようなことに気をつけたらよいでしょうか?

 

ラフイユ

「やはりドライフラワーといえど、植物であり人工物ではありませんのでやはり寿命はあります。

長く楽しむためには、種類にもよりますが、できる限り紫外線(直射日光や強いライトなど)や、高い湿度環境を避けれる環境をお勧めいたします。

あと、ホコリなどはチークブラシのようなもので、取り除くと良いかと思います。

植物でできたアクセサリーに関しましては、樹脂でコーティングはしておりますが、持ち運びや保管の際は、クッション材と共にプラスチックケースなどに入れることをお勧めいたします。」

 

 

執行

ARTS&CARFT静岡手創り市へは前回春の際出展されていますが、今回秋に出展されるにあたって、どのようなところをお客様に注目していただきたいなどはありますか?

 

ラフイユ

「今回の見所はなんといっても、春のART&CRAFT静岡手創り市にご出店されていた、とっても素敵なレザーのお店、Lille og Stor (リレ・オ・ストア)さんとラフイユの待望のコラボ商品ですね!コラボ商品の詳細は、Lille og Storさんのレザーボックスにラフイユの季節の植物を詰め込んだアイテムです!」

「春に出店されていたLille og Storさんのレザーアイテムがとても素敵で購入させていただき、使ってもとても使い心地もよく、またお会いできたらなと思っていたところ、夏の三島市でのVillageでも出店されていて、その時にLille og Storさんへコラボ商品のお誘いをさせて頂き、実現いたしました。

出店場所も、前回と同じ場所のエリア6の出店場所もお隣同士の6-2と6-3ですので是非、素敵なLille og Storさんのレザーアイテムと、ラフイユの秋ならではの植物を楽しんでいただけたらと思います。」

 

執行

ラフイユさん、ありがとうございました。

『ドライフラワーは植物の集大成』とても素敵でロマンを感じました。生花として輝いたあとも、その植物の魅力を伝えることのできる、またはちがう形で更に魅力を引き立たせることの出来る、ドライフラワーには優しさが詰まっているように今枝さんの文章を読んでいて感じました。

 

 

また、今回は『エリア6−3』のLille og Stor (リレ・オ・ストア)さんとのコラボ商品があるとのことで、とても魅力的な商品で大注目ですね!

エリア6が熱くなる予感がします!

春の出展とはまた違った、秋色のラフイユさんを、とても楽しみにしています。執行

 

・・・・

次回、2016秋季Q&Aの更新は明日。

引き続きご覧くださいね。

 

2016年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市・出展者発表!!

開催日は10月8日(土)9日(日)となります。

 

小屋企画「酒器と日本酒。」エリア5−1〜4にて!!

 

 

ARTS&CRAFT静岡
手創り市
Mail shizuoka@tezukuriichi.com
HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com
twitter
Facebook
Instagram

 







Profile
New Entries
Archives
Category