RSS1.0 | Atom0.3



「酒 粕 の す ゝ め」参加店舗紹介その1

 

 

【酒器と日本酒。】関連企画

「 酒粕のすゝめ 」

 参加店舗紹介その1 (その2はこちら

 

 

日本の伝統食品である酒粕。

日本酒を造るとき、酒の元であるもろみを搾った後に残る固形物が『酒粕』です。

江戸時代には、手で握ることができるお酒として「手握り酒」とも呼ばれ、親しまれていました。

なんだか、粋な名前ですよね。

 

絞った液体はお酒として、残った固形物は酒粕として日本酒は無駄がありません。

 

【酒器と日本酒。】でお酒をやるからこそ、

酒粕の関連企画もやりたい!ということではじまった本企画。

 

秋の手創り市の会場では、「酒粕のすゝめ」と題して

11組の出展者による、大村屋酒造場さんの酒粕を用いた商品の販売が行われます!

がっつりなお食事から、おつまみ、そしてお菓子などなど。

 

そんな「酒粕のすすめ」の出展者さんをご紹介します。

まず、正面と池のほとりの4組の出展者さんのご紹介です。

 

____________________________________________________________________________

 

ブース番号:S-1

店舗名 :quatre epice

都道府県:静岡県

HP:  www.quatre-epice.com

 

 

自己紹介

季節のフルーツを使ったタルトやケーキ・焼き菓子・アイスなどを販売しています。

カフェでゆったりお召し上がりいただけます。

1年を通してライブや展示のイベントなどもやってます。

2月にはARTS&CRAFT静岡手創り市と一緒にやっている

「ジュエリー&チョコレート」も人気イベントです。

 

酒粕メニュー

フランス伝統菓子カヌレ。

キャトルエピスではカヌレに酒粕を使用し丁寧に焼きあげました。

外はカリッと中はもっちり、それでいて酒粕の風味もたっぷり感じてもらえるように仕上げています。

当日の朝焼いて手創り市会場にお持ちします。その為販売は11:00からとなります。

 

出展の意気込み

毎回参加させていただいているARTS&CRAFT静岡手創り市。

今回は「酒粕のすすめ」にも参加します。

その場で焼き上げたクレープや焼き菓子は手創り市に来て下さるお客様のために「かわいくておいしいもの」と考えて決めています。

酒粕カヌレは数量限定です。みつけたら是非食べてみてください!

 

____________________________________________________________________________

 

ブース番号:F-23

店舗名 :杜屋

都道府県:静岡県

HP:  http://moriya.chagasi.com/
   https://www.facebook.com/moriya.sweets.jam
   https://mobile.twitter.com/moriya415

 

 

自己紹介

静岡県磐田市の自宅兼工房で、静岡県西部産の小麦粉を使った素朴な焼き菓子と、畑で農薬や化学肥料を使わずに自分で育てた果物や、国産の果物でジャム・マーマレードを作っています。

店舗はなく、通信販売やイベントで販売しています。

 

酒粕メニュー

酒粕と塩糀を使った塩味の焼き菓子(ラスクとグリッシーニ)と酒粕と塩糀を使ったディップ。

酒粕と塩糀の相性の良さに目からウロコが落ちました。ビールやお酒のおつまみになるようなものを考えています。

 

出展の意気込み

なるべく添加物や農薬の力に頼らず、素材自身の持つ性質を活かして作ることを心がけています。

今回初めて酒粕を素材に使ってみました。

加熱することで生じたチーズのような味わい、後をひく発酵食品の風味にやみつきになりました。

シンプルな素材で、歯ごたえや舌触りの食感も楽しめるようなものを作りたいと思っています。

 

____________________________________________________________________________

 

ブース番号:F-24

店舗名 :skywalker bakery & cafe

都道府県:静岡県

HP:  http://ja-jp.facebook.com/pages/Skywalker-bakerycafe/

 

 

自己紹介

静岡市駿河区で古民家を改装した店舗で小さなパン屋を営んでいます。

子どもを持つ母がつくるパンやマフィンはココロとカラダにやさしい味を‼という気持ちでつくっています。

そして、使っている材料も北海道産の小麦、砂糖も国産の洗双糖や粗糖を使い丁寧につくっています。

イベントでは手作りの小屋で出店しています。ぜひこちらも注目してください。

 

酒粕メニュー

酒粕を使ったマフィンをお持ちします。

マフィンの生地に酒粕とクリームチーズをあわました。

酒粕とクリームチーズの相性がとてもよく、この生地にフルーツを合わせます。

酒粕のおかげで生地もしっとり。ほんのり香る酒粕とクリームチーズをお楽しみください。

 

出展の意気込み

酒粕は使ったことのない食材だったのでこれでマフィンを作りたいと思いました。(与えられたお題!楽しかったです‼)

酒粕とクリームチーズを何度も何度も試作を重ねながらバランスを考えて両方がちょうどよく香るように…作りました。

skywalkerのマフィンやパンは素材の味が楽しめるように、ひとつづつ丁寧につくっています。

 

____________________________________________________________________________

 

ブース番号:F-26

店舗名 :シイたけぞう

都道府県:静岡県

HP:  http://shi-takezou.jimdo.com/

 

 

自己紹介

原木椎茸農家のシイたけぞうです。家族でやっているちいさな農家です。

大切に育ち木から出てくる椎茸は木の子といわれるくらいしっかりとした味わいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

酒粕メニュー

収穫した椎茸や季節の野菜、自家製のこんにゃくの入った酒粕いり具だくさんのお味噌汁を用意いたします。

 

出展の意気込み

はじめての企画に参加でとても楽しみにしています。

椎茸と酒粕でほっと温まる やさしい味わいになるように。

ていねいにつくりお客さまへ届けていきたいです。

 

____________________________________________________________________________

 

いかがでしたでしょうか。

 

実は、フードエリアと小屋企画とのコラボレーションは、

ARTS&CRAFT静岡手創り市にとっても初めての試み!

 

秋の手創り市は、酒器、酒粕、ワークショップ、

たち呑み屋と会場が、日本酒というテーマで彩られます。

 

そんな会場は、当日一体どうなるのか、

スタッフの私たちもドキドキ、ワクワクです。

 

今から開催日が待ち遠しいですね!

 

(参加店舗紹介その2はこちら

 

 

「酒粕のすゝめ」

 担当スタッフ

 高木

 

・・・・

小屋企画「酒器と日本酒。」エリア5−1〜4にて!!

 

 

ARTS&CRAFT静岡
手創り市
Mail shizuoka@tezukuriichi.com
HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com
twitter
Facebook
Instagram

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category