RSS1.0 | Atom0.3



2017春季A&C静岡開催日記その3(橋本)

2日目の朝、毎回、大野写真研究室さんに撮影してもらっている、の図。

 

*2017春季A&C静岡日記その1*clicks!!

*2017春季A&C静岡日記その2*clicks!!

 

_

 

荒巻ちゃんからもらったバトンをもって、

2日目のスタッフのことをお話ししますね。

 

 

2日目も始まりは雨。

スタッフ全員が集まると、ミーティングがはじまる。

初日のあれこれを受けて、今日どうするかの再確認。

6:30になると大野写真研究室さんにお願いしている、集合写真の撮影。

"雨の静岡"が定着してしまいそうなほどだから、

このところ毎回みんな同じ、カッパと長靴。

でも今回は、男子もちょっと笑っている。

よしよし。

そしてそれぞれの持ち場に散って行く。

さあ、始めるよ。

 

 

 

私は今回、小屋企画の展示一切を任された。

初日はずっと雨だったから、

作家さんからお預かりした作品をなるべく濡らさないように、

狭い小屋内でもお客さんが手に取りやすいように、

展示する数を少し絞って並べた。

 

2日目は、並べる数を少し増やして、

それぞれの作品を少しずつリンクさせて…なんて考えていると、

手の空いたスタッフが入れ替わり立ち替わり、続々と小屋にやってくる。

"なにか手伝いますか?"って。

おっ。小さなことだけど、すごい変化。

 

今までの小屋は、限られたスタッフが3〜5人で作っていた。

3〜5人のこだわりの空間だった。

多分、他のスタッフ達は"蚊帳の外"感があっただろうな。

でも今回は、それぞれが1人ずつの作家さんと作品を担当した。

全員の好きっ!が詰まった空間だ。

気にならないわけがないよね。

 

数人でわいわい言いながら、

作品を組み合わせて朝食セットを作ったり、

アクセサリーやオブジェを点在させたり。

それは、2日目の最後までそうで、

みんな休憩時間には小屋に来て、

作品の配置を変えてみたり、売れ行きを気にしたり、

接客中も、なんとか伝えたいと必死で、そのひとつひとつが楽しそうだった。

それがとても嬉しかった。

 

 

日中は晴れて、お客さんの入りも上々。

参道に人はあふれ、お話ししたい作家さんのブースももみくちゃで、

両手に持った器を真剣に見比べ悩んでいる方も。

フードエリアは完売しているところがほとんどで、

子どもたちは林の中を走り回ったり、

飴細工を手に嬉しそうに歩いていたり。

回を重ねるごと、そんな景色が増えて行く。

この景色を、ずっと見ていたいなと思う。

 

毎回、上手く行った事とそうでない事があり、また新たに気づいた問題もある。

その一つずつをなんとかクリアしながら、14回目を終えた。

 

さて、次のバトンは、半年後の私たちへ。

秋開催は白と黒。

どんな景色を語れるか…愉しみたのしみ。

 

スタッフ

はしもと

 

(春の日記はまだ続く。。)

 

・・・・

 

今秋の開催は「白と黒」をテーマに開催。

出展申込みなど詳細は4月下旬に公開とさせて頂きます。

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 







Profile
New Entries
Archives
Category