RSS1.0 | Atom0.3



取材記事のまとめ。

 

7月15日(土)16日(日)

三島市立公園楽寿園で開催される「Village mishima rakujuen」

 

そこでは個人で活動する作家だけでなく、

『チームで活動する作家たち』も参加を致します。

 

そんな彼ら彼女らの成り立ちと現在を取材してきました。

 

*画像をクリックして頂くと該当する記事へ移ります*

 

 

_

 

話しは変わり。

 

今回の取材では相対する作家の言葉に耳を傾けることに徹してみた。

なぜか?

 

これまで、個人で活動する作家を多く目にし

反面、チームで活動する作家たちのことは

表層の部分でしか知りえない自分がいて

そんな自分が何かを語ったところで

相手の話しの妨げでしかないと考えたから。

そして、その成り立ちと現在進行形の

彼ら彼女らを知ることから始めようと思ったからです。

_

 

取材をしてみて感じたこと。知ったこと。

 

これは恐らくたまたまだと思いますが

KANEAKI SAKAI POTTERYさんも

3RD CERAMICSさんも

ものをつくる出発点は

いずれも個々に製作し始める

というスタイルであったこと。

どちらも轆轤をひき

作品は手から生み出されてゆきます。

 

…とすると、個人で活動する作家との違いはどこにあるのか?

 

それは目に見える部分よりも見えない部分。

元からあるそれぞれの好みや

更に奥深くにある彼ら彼女らの

思想や哲学にあるような気がしています。

(違う言い方をするならば、目指す未来ともいうのか…)

 

まだまだ私たちは彼ら彼女らの活動の一端しか知り得ていません。

もちろん、ほかにも様々な形のチームで活動する形態があるでしょう。

 

今後もVillageを通してそのことを見続けてゆきたいと思います。

 

Village 名倉哲

 

 

Villageでは運営スタッフを募集しております。

応募は随時承っておりますのでご連絡ください!

 

Village mishima rakujuen

公式WEBBSITE www.village-mishima.com

Instagram village.mishima_rakujuen/

mail info@village-mishima.com

 







Profile
New Entries
Archives
Category