RSS1.0 | Atom0.3



はじまりの小屋 Q&A / 田中友紀(金工)

 

 

 

2017年秋季A&C静岡手創り市

 

小屋企画「はじまりの小屋」Q&A

 

 

 

 

「作家名」

田中友紀

https://yuki-tnk.jimdo.com/

https://www.instagram.com/yuki_hosinohada/

 

「出品作品」

はじまりのかたち

tray・card(銅)

 

 

ーーーーー

 

今回のテーマが『BLACK&WHITE』に決まった時、その色について考えました。

よく「白黒つける」というように、その色は対極にあるもののように扱われるし、

わたし自身、その色のイメージは「光と影」「軽い・重い」といった、やはり対極のものでした。

 

しかし、白と黒が合わさる、といいますか。

そのふたつが同じように存在するとき、白も黒も垣根がないもののように思いました。

そしてその時、田中友紀さんのことが思い浮かびました。

 

田中さんの作品は、カトラリーはもちろんですが、

制作されているアクセサリーにおいても、

女性のために、というものを感じないな、と思ったのです。

バングルも、ブローチも、男女関係なく身につけられる作品たち。

フラットで、ニュートラルな印象を受けました。

実際、田中さんはどんなことを考えながら制作をされているのでしょうか。

前置きが長くなりましたが、

 

 

荒巻:

田中さん、まずは自己紹介と普段制作時に考えていることを教えてください。

また今回の『BLACK&WHITE』についてどのような印象を持たれましたか?

 

田中さん:

金属でアクセサリー、暮らしにまつわる道具など幅広く制作しています。

先月に出身の愛知県から、群馬県へ移住をしました。

旅、音楽、暮らしを愛しており、“ 日々の当たり前 ”に強く魅了されています。

 

制作時の頭の中は...、大きく分けて二つの意識があり、一つは「らしさ」です。

それは素材だったり、自身、人という生き物、自然だったり、様々なことへ共通していて

そうであるためには と、問い続けています。

時には普段の生活でも。答えは無限にあるからです。

 

もう一つ大きく占めている考えは、固定概念を崩したい、ということです。

例えば、金属という素材は、冷たい印象があり他素材に比べるといくらか心の距離を感じると思います。

かつての私自身もそうでした。

しかし、手を加えていくことで、あたたかみを帯びることができます。

金属といっても、様々な表情、特性を持っていて、いかにそれらを引き出せるか

駆け引きをするのも、私なりの工程の一つです。

概念を取っ払いつつ、らしさを求める。

二つの思考は、正反対に位置するように見えて、とても近く似ています。

 

荒巻さんが “ 男女関係なく ” と触れていただいていることについては、

私自身が上記のように矛盾性を好むこと、また“ もの ”に性別を望まない思いに由来し、

社会問題に強く関心があることも影響しています。

 

「 BLACK&WHITE 」は、なんというか鋭利なもので外殻を突かれたような衝撃でした。

新鮮な思考が巡って。

そして刺激を受けたことで、段々 じっくりと自己を見つめ直しているのに気がつきました。

答えを用意するために、機会をいただいたようでした。

 

 

荒巻:

とても興味深いです。

概念を取り払い、らしさを求める。

そうしていくことで、田中さんのもつフラットでニュートラルな印象が生まれてくるのですね。

それに対して今回の小屋企画「はじまりの小屋」は視覚的に白と黒を配置する展示となり、

田中さんには新たな作品作りに挑む、そういった機会になったと伺いました。

今回の展示に際し、田中さんはどんなことを考えたり、またイメージしたのでしょうか。

 

 

田中さん:

より素材の美しさを試せると考え、道が開けた感覚になりました。

以前から頭の中に仕舞い込んであったことも、やっと日の目を浴びることができて…。

始めは、自分は白黒でなく、grayなんじゃないかと戸惑いもありました。

それでも双方があるからこそ中間色は生まれるのだと観点を変えたら、すぐに希望へ繋がっていました。

 

長々と綴らせていただきましたが、このような機会をいただきとても感謝しております。

なかなか頭や心の内をお話することはないので。本当にありがとうございました。

 

 

荒巻:

こちらこそ、ありがとうございました!

田中さんの頭や心の内といった深い場所のお話を伺えたこと、とても嬉しく幸せに思います。

 

双方があるからこそ中間色は生まれる。

田中さん自身も、自分自身の中の概念を取り払い、そして自分らしさを求めたように思います。

そうして見つけた答え。

ぜひ「はじまりの小屋」で、田中さんの作品をご覧ください。

 

 

______

 

 

本記事はB&Wの小屋企画「はじまりの小屋」に出品する方々とのQ&Aとなります。

出品された商品はすべて販売を致します。

まとめ記事は<こちら>clicksをご覧ください。

 

*小屋企画「はじまりの小屋」は下記マップ★印の場所となります*

 

 

*ARTS&CRAFT静岡・運営スタッフ募集*

今回の募集は来春にむけての募集となります!

 

 

【2017年秋季ARTS&CRAFT静岡手創り市】

開催日:10月7日(土)8日(日)

※一般部門はBLACK&WHITEに参加する方のみとなります

 

 

ARTS&CRAFT静岡

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

twitter

Facebook

Instagram

 







Profile
New Entries
Archives
Category