RSS1.0 | Atom0.3



行ってきましたツグミ工芸舎

どうも、名倉です。
先週末は高山がゆっくりしている頃?、私は秩父山中のツグミ工芸舎さんのところへ行ってきた。

※アトリエ訪問については「こちら」をご覧ください。

今回のアトリエ訪問は、事前に個展を拝見していたり、昨年は雑司ケ谷の手創り市でワークショップを開催してもらっていたりと、 多少なりともコミミュニケーションの積み重ねがあった。
が、そうは言っても長時間話した事がある訳ではないので程良い緊張感を持ちつつ。

今回の同行者はライター担当のうえおかさん、これから手創り市のサウンドトラックをつくるユキ君、それと今後とある企画でツグミさんと関係する夕顔さん
私含めて4名で、それこそ読んで字のごとく「お邪魔」しました。

まずは写真にてご紹介。
アトリエ内部の核心に至る個所(大袈裟ですが)は今回は載せませんがご勘弁を。


↑工房付近から自宅部分を撮る、自宅前には大きなミモザの木

↑住居カウンター周辺、ここで珈琲をのみながら、しゃべりながら、外の景色を

↑秩父のとあるパン屋さんのパンをいただきながら、ごちそうさま

↑工房内部を少しだけ

↑撮影していたらこんな切れっぱしを発見

↑インタビューをしながらみずっと薪をくべてくれたツグミさん

↑この写真はただ遊んでいるだけだが今回のことを象徴しているようです

ツグミ工芸舎さんは住居とふたつ工房が敷地内にあって、
それぞれ充分な広さを持っていて、これは都内や都市部であるとなかなか難しいと思われる環境。
制作の特徴として、秩父で取れる(譲ってもらった)古材を使っていて、その古材の個性を活かした作品作りに取り組んでいる。
また今回のアトリエ訪問で知ったことであるけれども、
木工作品だけをやってゆくのではなく木工を中心におき、様々な作り手やアーティストと共に何か作ってゆきたい思いがあり、ツグミ「工芸舎」としているとも言っていた。

古材の話に戻るけれど、
単純にこの場所で手にする事ができて、それが自然であるから古材を使っていると言っていて、
それが結果的に環境に負担をかけないし、秩父の自然が身近にあるから当たり前のように四季の変化、自然から気付かされることが多いとも。

アトリエ訪問インタビュー時には、工房の中で焚火をしながら、
ツグミ工芸舎の由来、制作のこと、秩父に住まわれている事、家族の事、ツグミ工芸舎のこれから、
などなど本当にたくさんの話を聞け、これが実際にアトリエ訪問の記事として掲載された時にどれだけの量になるのか?と思う位に色々な話をし、また私たちもARTS&CRAFT静岡の事、手創り市の事も質問され、聞いて頂いた。

これはいつも思う事だけれども、
アトリエ訪問は単につくり手の現場に近づく事が目的ではないし、
アトリエにお邪魔する事が目的でもない。
勿論誰かに頼まれていく訳じゃあない。

様々な作り手がいて、様々な環境と時間の経過があって今がある。
その当たり前の事柄を自分たちが知りたい、感じたいと思うから訪れる。
こういう事を「好きだから」と言ってしまえばそれまでだけども、その通りだと思う。
訪れた場所の事をおもいながらも、様々な作り手さんの事におもいをはせる。
この繰り返しが自分たちにとってのエネルギーになる。
アトリエ訪問だけでなく、私たちがやってることの基本はすべて「おせっかい」です。

そして今回のアトリエ訪問で最後に必ず話したいと思っていた彼と少しだけ話ができた。
それはアトリエ訪問インタビュー記事の時に書かせてもらいますね。

ツグミさんを後にして立ち寄ったのは秩父に在るブックカフェギャラリー「PNB-1253」さん。
前回ツグミ工芸舎さんの個展の帰りにお邪魔したカフェ。

写真では分かりませんが、本があって、ギャラリーがあって、
ネルドリップの美味しい珈琲があるところ。
お店の背景は秩父の自然と、おもわずのぞきたくなるniwa。
お帰りの際にはブランコで遊ぶのもよし。
秩父に訪れた時には是非お立ち寄りください!
※手創り市のフライヤーを置かせて頂くことになりました。ありがとうございます。

最後に、前回ツグミさんの個展の会場であったカフェギャラリーの西瓜堂さん昨日で閉店となりました。一度しかお邪魔していなかったけれど、自分にとっての秩父の入り口としてあった場所で、手創り市もお世話になっていた。
西瓜堂さん、おつかれさまでした。そして、ありがとうございます。

※ARTS&CRAFT静岡、2011年春季の申し込み
 2月15日必着締め切りとなりますのでご注意ください。

ARTS&CRAFT静岡運営スタッフを募集しております。
 お気軽にお問い合わせください。

名倉哲
shizuoka@tezukuriichi.com  






Profile
New Entries
Archives
Category