RSS1.0 | Atom0.3



マグとわたし:作家紹介その3

 

 

マグとわたし:作家紹介その3

 

 

14組のマグカップの作り手が集う展示会。

改めて参加作家の紹介をご案内致します。

 

ご来場前にぜひともご覧ください!

 

 

*まとめ記事はこちら*CLICK!!

 

 

 

 

 

 

 

暮縞

https://www.instagram.com/cla_cima/

 

 

埼玉県川越市の自宅に併設した3屬曚匹両さな工房で作陶しています。

工房には、電動ろくろが2基あり、粘土用と磁器用とに分けて作っています。

窯は、電気窯が2基あり、酸化焼成という焼成方法で焼いております。

 

私が作っているマグカップの多くは『鋳込み成型』という技法で作っています。

この技法は、美濃や瀬戸地方で器を量産するために普及した技法で、液体状にした粘土(泥漿)を石膏型に流し入れ、一定時間置くことで石膏の性質により粘土の水分が石膏型に吸収され、器の形に成形できる技法です。

この技法のメリットは、正確に同じ形の器が量産できる点と、均一な厚みの器が出来る点です。

 

実際にマグカップを手に取った時に自然と手に馴染み、握れる形にこだわった把手、飲み物を入れた時に、均一な厚みによって重さが偏らないという使い勝手を実現するために一番最適な技法だと思って採用しています。

 

鋳込み型の元となる原型は、ろくろ挽きによって作っています。

通常は、鋳込み原型を石膏で作るのが一般的なのですが、石膏による原型は均一すぎて味気ないものになりがちなので、原形をろくろで作ることにより手仕事の温かみを作品に残したいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

雪窯

https://www.instagram.com/yuki.potter/

 

 

兵庫県明石市で陶作しています。

 

私は料理するのが好きです。

器はそれを盛る為の単なる道具ですが、そこに愛着を持った器が加わると生活が華やかに感じます。

 

私の器は料理と一緒になって完成する物を目指しています。

 

細かな結晶をまとったマットな釉薬は光を乱反射し、主役の料理にまるでレフ板を当てている様に輝やくのです。

私の器が白に近い色が多いのはその為かもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

阿部有希

https://www.instagram.com/uuabe/

 

 

作業場は四畳半。

ろくろ、作業台、乾燥棚、窯、土、原料、釉薬、石膏、、、、に埋もれながら、

土が自ら動いてつくり出す、形や質感、模様のおもしろさを大切に作陶しています。

手にとって、土が見せる表情を感じていただけると嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

 

寺田昭洋

https://www.instagram.com/kobo_terada/

 

 

千葉県富津市で白と黒を基調とした陶器の作っている寺田です。

 

富津というところは千葉の南部にあるのですが、都心から一時間余りとは思えない緑豊かな土地で、そののんびりとした空気の中、日々製作をしています。

 

『マグ』というものは生活スタイルにもよりますが、ひょっとすると一番手に取られることの多い器かも知れませんね。

そんな手にすることの多い器、飽きられることなく長く使っていただけるような、そんなマグを作っていけたら、と思っています。

 

是非お手に取ってご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

佐藤久志

https://www.instagram.com/hisashi.satoh0/

 

 

静岡県清水区の日本平を登っていく途中に自宅があり、近くには日本平スタジアムがあります。

 

自宅の一部屋を工房として使用しています。

静かな場所なので作品つくりには良い環境かなと思います。

 

作品は赤土で成型後、白化粧土を施し木の灰による施釉で独特な表情を出しています。

趣のある飽きの来ない作品作りを目指して日々作陶しています。

 

 

 

 

 

◯主催

ARTS&CRAFT静岡手創り市

 

◯企画

名倉哲(A&C静岡)

 

◯DMデザイン

hase instagram.com/hasenokutsu/

 

◯協力

大野写真研究室(写真)http://ohnophotograph.com/

record齋藤勝弘(灯り)https://www.instagram.com/record.jp/

 

 

本展へのお問い合わせは下記メール、名倉宛てまでお気軽にご連絡ください。

Mail : shizuoka@tezukuriichi.com

 

 

____

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 







Profile
New Entries
Archives
Category