RSS1.0 | Atom0.3



「第20回目の2020年春にむけて」

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市は2020年の春をもって20回目の開催を迎える。

丸っと10年で、準備期間を含めれば11年目。

 

第20回目の開催は云うまでもなく節目の開催となるだろう。

その時に何をするのか?

 

彼此5年ほど、毎開催ごとにテーマを設けて開催してきた私たち。

テーマの規模はその時々だ。

会場全体で行ったこともあれば、有志で行ったこともあるし、一部エリアを規定、自作の小屋を使って行ったこともある。

 

これまで会場にてテーマとして行ってきた一覧。

こちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

「ハル 星まとう コヤ」2014年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=588

 

さまざまな作家のアクセサリーが集まる自作の小屋の展示会。

絵描きがアートディレクターとして加わった回でした。

 

 

 

 

 

 

「アキ 花めでる コヤ」2014年10月開催

http://www.shizuoka-tezukuriichi.com/koya/201410/

 

花器を集める展示会を自作の小屋で開催しました。

他会場にて巡回展も開催。

 

 

 

 

 

 

「 g r e e n 」2015年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=765

 

第10回目の開催は未熟から成熟を目指した開催でした。

会場全体でテーマを用いた初めての試みでした。

 

 

 

 

 

 

「MY CUP IS …」2015年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=776

 

取手のつかないフリーカップを集めた場を場内につくりました。

自家焙煎の珈琲豆のWSも同時併催。

 

 

 

 

 

「おやつの時間」2016年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=911

 

菓子皿を中心とした作家が集まる企画を提案しました。

 

 

 

 

 

 

「酒器と日本酒。」2016年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=983

 

あらゆる酒器を集めた展示会を場内にて開催。

県内の酒造蔵と共に企画を進め、料理家にも参加して頂きました。

 

 

 

 

 

 

「春の雑貨展」2017年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1077

 

さまざまな作家や店舗が集まる場所を雑貨店と称して2日間限りのお店をつくりました。

お店は自作の小屋です。

 

 

 

 

 

 

「BLACK&WHITE」2017年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1072

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1191

http://shizuoka-info.jugem.jp/?cid=43

 

会場全体をひとつのテーマ「白と黒」で提案しました。

いつかまた、再び挑戦してみたいテーマです。

 

 

 

 

 

 

「本とわたし」2018年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1246

 

出展者とスタッフの本を通して背景を伝える、入口とする場を作りました。

出展者とスタッフが交わる場としても機能しました。

 

 

 

 

 

 

「日日はさむ」2018年10月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1369

 

生活とアートをテーマに見開きの本を舞台に行いました。

抽象的なこの提案は思いの外、多くの方に楽しんで頂きました。

 

 

 

 

 

 

「キレとクチあたり」2019年4月開催

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1454

 

マニアックな視点と思いがちのキレとクチあたりは体験を通して伝える場になりました。

県内で永く続くお茶屋さんとの協力は私たちにとって新たなチャレンジにもなりました。

 

 

 

 

 

あるべき姿を、目標とする場所を理想とした場合、常に他者の存在を意識しつつ、けれど、まずは自分たちで考え決定するという意志を持って、その時々のテーマを課してつくってきた。

 

いつだって、多くの方に協力してもらってきた。

今は現場にいないスタッフも含めて。

 

いろんなことが同時進行している私たち。

 

そろそろスタッフ内でどんなテーマを提案するのか?

話し合おうと思っている。

 

遅くとも、9月上旬には案内できるようにしたい。

 

第20回目の開催時もきっと多くの方の協力によって形づくられるだろう。

その時には、静岡スタッフの誰ひとり欠けることなく、何かしらの役割をもって、全員でやりたい。

 

正解を見つける為の場所ではないが、チャレンジはするべき場所として。

だからこそ、一歩踏み込んでみよう。

それが次なる1ページの幕開けなのだから。

 

名倉哲

スタッフ一同

 

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category