RSS1.0 | Atom0.3



「ハレの日の装身具:SUNn・寸」

 

 

2019年ARTS&CRAFT静岡手創り市秋季開催のテーマは「ハレの日の装身具」です。

今回、8組の作家がエリア5−1〜8へ出展しております。

ハレの日の装身具・参加作家紹介をご覧ください。

 

 

 

 

 

エリア5−8出展

 

 

SUNn・寸

instagram.com/sunn_takahashi/

 

 

「自己紹介をどうぞ」

 

京都にて革や金属を使い装身具を制作しております。 

異素材の組み合わせはそれぞれの素材の魅力が伝わるよう選んでおります。 

世代をまたぎ、長くお使い頂けるものをご提案できればと思っております。 

 

 

「どんな作品を出品しますか」

 

例えば凛とした佇まいが似合う女性に向けて、黒髪にシルバーとパールの静かな輝きを加え、少しの静かな華やかさを演出できればと思います。 

背筋が伸びハレやかに、世代を超えて使用できるものを考えております。

 

 

「担当スタッフより」

 

“装身具”という言葉を調べた。
身体へ装飾のためにつける工芸品。アクセサリー。
“アクセサリー”はたくさん持っているけれど、 “装身具”と表現できるものは、ほんのひと握りあるかどうか。
“ハレの日”に身につけられるものはあまり持っていなかった。

今回、SUNn・寸さんの申込書の作品写真を見た時にハッとしたのを鮮明に覚えています。
今似合うかどうかは手に取る基準になりますが、ハレの日は少し背伸びをしたくなります。
ハレの日をよりハレやかに、静かに力強く彩るSUNn・寸さんの作品をぜひ手に取ってご覧ください。

 

スタッフ さとう

 

 

///////////////

 

 

 

 

ご来場者専用駐車場は御座いません。

公共交通機関を利用の上、お越し下さい。

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category