RSS1.0 | Atom0.3



10月23日 これぞ 経年変化 。

 

 

 

先日のことなんですけどね。

 

来年、東京で開催する「ふゆの陶器市」の撮影をするっていうんで、呼ばれたんですよ。

撮影自体はなんやかやとやりまして、まあ良い感じで撮れたんですね。

 

 

で、わたくし、見つけました。

 

「これぞまさに経年変化!」

 

って奴を。

 

 

もうおわかりですね。

上の写真がそれです。

 

 

いや、なんかね、それ見た瞬間に嬉しくなっちゃって。

まさにこれ。これだよお。って感じでね。

 

 

このお椀自体、なんてことのない量産品のお椀ですよ。

たぶん皆さんもご存知の国民的ブランド、無印良品さん。

 

それをここまで使い込んでる人って、家庭って、正直、私は初めて見ました。

 

 

家主に聞いたんですよ。

 

「このお椀、何年つかってんの?」

 

そしたら、家主。

 

「もう20年かなあ…」ですって。

 

わたしは、も一度驚愕しましたよ。

20年か…(すげえ)。

 

 

商品として並んでいる時には全く感じられない侘びや色香があるというか。

もう完全に別ものというか。

なんかあがった感じがするなあって。

 

 

2020年の春。

工芸クラフト部門のテーマは「経 年 変 化」として掲げてます。

 

すでに何度もお知らせを出しておりますし、アンケートなども実施してきました。

 

▷経年変化アンケートまとめ

▷http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1476

 

今月末を目処に公募の記事をひとまずリリースする現在ですが、、

 

私が思う、経年変化の回答が、このお椀にある気がしました。

 

 

皆さんが思う、感じる、経年変化ってなんですか?

私はそのことを参加作家の作品を通して知りたいし、皆さんと共有したい。

 

 

それではまた。

 

名倉

 

 

////////////////////////////////

 

 

【2020年開催スケジュール】

 

春季 … 4月11日(土)12日(日)

 

申込期間:1月6日〜2月5日事務局必着まで

発表:2月16日(予定)

 

消費税の増税に伴い経費高騰のため、2020年春より出展料を値上げ致します。

◯工芸クラフト部門は1ブース15000円

◯フード部門は1ブース18000円

 

↓春のテーマはこちら↓

 

工芸クラフト部門は「経 年 変 化」をテーマに。

フード部門は「熟 成」をテーマに。

 

詳細につきましては10月末を目処にご案内致します。

 

▷経年変化にまつわるアンケートの閲覧をどうぞ

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1476

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 







Profile
New Entries
Archives
Category