RSS1.0 | Atom0.3



10月25日 熟成と発酵。

 

 

30の半ばを過ぎるまで東北地方といえば、地図上の、天気予報の、信長の野望の伊達政宗、でしか感じることがなかったんですけどね。

ウインタースポーツにも全く興味ないし、旅好きって訳でもないので。

 

そんな私が、ここ4、5年のことでしょうか。

毎年、冬に差し掛かる頃に秋田へ仕事半分遊びそれ以上で行ってます。

 

 

私が育った静岡とはまるで違う景色でしてね。

当たり前ですけど、雪はつもってるし、日本海は太平洋と景色が異なるし、すべてが新鮮。

 

 

秋田に到着するとですね。

まず日本酒だ!ってんで、地元で名の知れた酒屋さんに直行してます。

そこには多種多様で、地元にしかないような日本酒のほか、地元の酒蔵さんの酒粕とかも売っててですね。

ほうほう、へえへえ、と眺めてます。

 

 

地元の名所観光などしない私はレンタカーを走らせ、道の駅をぐるぐるまわります。

すると目につくのが、東北地方ならでは、その土地の食文化だと思うんですけどね。

 

海のもの山のもの陸のもの、あらゆるモノの保存食が売ってるんです。

今となっては静岡でも洒落たお店では売ってるんでしょうけどね。

ここではそゆうことではないんですね。

古くからあって、根付いた、まさに脈絡と続く、食文化なんです。

 

この話。オチがないのでここでおしまいにしますけどね。ごめんなさい。

 

 

 

 

2020年の春のフード部門のテーマは「熟 成」ということで。

 

「熟成」と「発酵」について調べてみました。

 

 

 

 

【熟成とは?】

 

・成熟して十分なころあいに達すること。

・魚肉・獣肉などが酵素の作用により分解され、特殊な風味、旨味が出ること。

発酵を終えたあとそのままにし、さらに味をならすこともある。なれ。

・物質を適当な温度などの条件のもとに長時間おいて、ゆっくりと化学変化を起こさせること。

(コトバンク参照)

 

 

 

 

【発酵とは?】

 

一般に微生物のはたらきにより糖などの炭水化物が分解され、低分子の有機物を生ずる現象。

普通,分解産物が人間にとって有用な場合をいい、有害な場合には腐敗として区別する。

アルコール飲料、酢、みそ、醤油、パン、チーズなどのほか、多くの発酵現場で利用されている。

(コトバンク参照)

 

 

 

 

元々ある僅かな知識の上で調べたものの、、

違いがあるとすればこういうことでしょうか…

 

「熟成は自らの酵素によって変化してゆくもの」

「発酵は微生物の力を借りて変化してゆくもの」

 

う〜ん、これでもまだ、わかるようなわからないような。。

けれど、変化にもいろんな変化の仕方があることはわかりますし、自ら変わってゆくもの、なにかの力を借りて変わってゆくもの、双方に興味を持ちました。

 

 

その上で、こんな感じで今後の公募を進めます。

 

来春のテーマ「熟成」には『発酵』も含む、として公募を進めます。

 

いかがでしょう?

 

熟成のプロの方。

発酵のプロの方。

いい加減な感じでまとめんじゃねえ!って怒らないでくださいね。

 

 

#静岡手創り市2020春

フード部門テーマ「熟成」の公募は今月末にご案内。

 

 

どうぞ宜しくお願いいたします。

 

名倉哲

 

 

////////////////////////////////

 

 

【2020年開催スケジュール】

 

春季 … 4月11日(土)12日(日)

 

申込期間:1月6日〜2月5日事務局必着まで

発表:2月16日(予定)

 

消費税の増税に伴い経費高騰のため、2020年春より出展料を値上げ致します。

◯工芸クラフト部門は1ブース15000円

◯フード部門は1ブース18000円

 

↓春のテーマはこちら↓

 

工芸クラフト部門は「経 年 変 化」をテーマに。

フード部門は「熟 成」をテーマに。

 

詳細につきましては10月末を目処にご案内致します。

 

▷経年変化にまつわるアンケートの閲覧をどうぞ

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1476

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 







Profile
New Entries
Archives
Category