RSS1.0 | Atom0.3



作家企画ブース no1 【yuta】

いつもARTS&CRAFT静岡手創り市のブログをご覧いただき有難う御座います。
7月1日より参加申し込みがよいよ始まり、今後は一般参加に先駆けて作家企画ブースの参加者発表を行ってゆきます。
私たち運営側よって作り手に作家企画の話をもちかけ、つくり手自身によるつくり手のセレクトとも言えるこの作家企画ブースは、本市にどのような作家が参加するのか?というひとつの物差しにもなります。
今回は【yuta】さんによる作家企画ブースの紹介です。是非ともご覧ください!

【yuta 須原健夫】



[氏名] 須原 健夫

[作家名] yuta

[プロフィール]
1978年 大阪府出身
1997年 上京。その後、アクセサリーの販売・事務を経験
2002年 彫金を学び始める。
2003年 西荻窪の彫金工房にて、彫金技術全般を学ぶ
2008年 アクセサリーブランド「suhara takeo」を起ち上げ
      クラフトフェアまつもと、山口アーツ&クラフツに出展
2009年 工房を青梅に移転。工房名を「yuta」とする
       山口アーツ&クラフツに出展
2010年 アクセサリーショップ「yuta」を開店
      「手創り市」へ出展

[意気込み]
青梅で金属の作品を作っております「yuta」の須原 健夫と言います。
今年は元来のアクセサリー作家という枠から飛び出し、真鍮の道具を本格的に作り始めました。
使い易く、美しく、自分らしく。
なおかつアクセサリーと同じように、ひとつひとつ丁寧に。
そんなことを考えながら、作り始めた真鍮の道具。
ありがたいことに、大鳥神社の手創り市ではたくさんのお客様に気にいっていただき、本当に楽しい時間を過ごすことができました。
お客様の笑顔は、新たな一歩を、さらなる一歩に繋げてくれます。
静岡手創り市では、一年の総決算になるべく、たくさんのお客様に楽しんでいただけるような展示を行いたいと思います。
そして、合同で展示を行う、近藤康弘は20年近くの付き合いになる、陶芸家です。
お互い、時に浮かれたり、時に落ち込んだり、迷ったり、自問自答しながら、それでも作り続けて、ここまで進んできました。
自分らしいかたちを探し続けた、現在の自分らしさがここにあります。
思えば、本格的に合同で展示をするのは初の試み。
この静岡手創り市、作家企画ブースという新たな一歩が、さらなる一歩に繋がるように。
皆様、是非遊びに来て下さい!
・・・・
yutaさんと共に参加するつくり手のご紹介を致します。


【近藤康弘】



[氏名][作家名] 近藤 康弘

[プロフィール]
1978年 大阪府出身
1997年 高校を卒業後、陶芸を学び始める
2004年 栃木に移り住み、益子の伝統的民窯「榎田窯」にて修行
2009年 益子にて独立、開窯
      益子陶庫にて「近藤康弘が提案する暮らしの中の道具展」
          益子陶器市での活動を開始
2010年 Bodaiju Cafeにて「近藤康弘 陶展」

[意気込み]
同じ焼き物といえども、展示する場所、展示の仕方によって見え方はずいぶんと変わります。
今回、静岡県護国神社での緑に囲まれた中での、展示、販売ということで自分としては未経験のことです。
自分が作る焼き物は出来るだけ地元でとれる天然原料を、昔からのやり方で今の暮らしにあったものを作るというものなので、この離れた土地、静岡の神社でどういう見え方をするのか、又、栃木という土地から生まれた焼き物が受け入れられるのか、お客様の反応が今から楽しみです。
どうぞ、よろしくお願いします。
・・・・

ご覧いただき有難う御座いました。

ARTS&CRAFT静岡手創り市
shizuoka@tezukuriichi.com

※お参加・申し込みついては「こちら」をご覧ください。







Profile
New Entries
Archives
Category