RSS1.0 | Atom0.3



お店訪問・浜松

米澤です。
先週日曜日、静岡手創り市のスタッフ宮原さん、泉谷さんと共に浜松のお店を回ってきました。
昨日の雨が心配でしたが、日曜日は昼頃には陽がさしてぽかぽか。
スタッフの宮原さんと泉谷さんがナビを見て、時に住所を調べながらルートを考えて進む。私は2人に任せてきょろきょろ、時にうとうと。

浜松には何年ぶりに来たのだろう。来たとしてもいつも駅ビルだけで市街地は初めてだ。神社やお寺が多い気がする。鈴木の名字がそこかしこにあるのは気のせいではないはず。さすが浜松。

まずは、昨年出展してくださった花屋のrustさんへ新しいフライヤーの設置のお願いに。
rustさんのお店には初めて行ったが手創り市の出展時と同じ空気がそこにあった。rustさんは手創り市以外のイベントでも見かけたことがありその時も同じ空気を感じた。
rustさんは空間自体を作ることが出来るんだねとスタッフが言っていた。自分のお店以外の場所でも同じ空気、空間で表現が出来るなんて簡単なことではないはず。

そのあと、すいかさん、kirjaさん、books and printsさんPhotoCafe and Gallery Barrageさんにフライヤーを置かせて頂きました。
ランチはPAYAKAさんでいただきました。自然循環を考え植物性のものしか使用していないそうです。新たにフライヤーを設置して頂く事になりました。


一緒に行ったスタッフと過去のこと、これからのこと、今のことを話す。
相手の意外な考え方の発見や自分でもみんなと会うときには話さないようなことまでも話してしまう。相手を通して自分のことを確認する。


私は人に話しかけることに苦手意識がある。
話しかけたら、話しかけた自分が舵とりをしなければならない。
大げさかもしれないけれど、どう始まって、どう締めればいいのか…考えて考えて、話したい作家さんとも話せないこともある。いやありすぎる。
特にスタッフとしての立場だったら尚更なわけで、大人の世間話がまだまだ慣れない。

「むすぶ」はお店にお願いをしてフライヤーを置いてもらい、個展などのイベントがあれば掲載させて頂く。お店に出向いてお話をすることを最初は、ああどうしようと思った。

苦手なことは苦手なままでも自分が良ければそれでいいと思うのです。
自分の苦手なことが誰かの得意のことだったら、私はその人に任せたい。
車の運転が苦手だから乗せてもらうし、料理は味見係。

だけど私は人と話すことに慣れたい、楽しみたいと願う。
「むすぶ」を通してなりたい自分になる。その一歩を踏み出した1日でした。
今年の私は自分のために手創り市と関わることにした。それが手創り市の盛り上がりにも、静岡に住む人、遊びに来る人のためにもなるのなら最高だ。


ARTS&CRAFT静岡2012年春季開催のお申し込み
 2月15日着までとなります。どうぞ宜しくお願い致します。

米澤 あす香
mail : shizuoka@tezukuriichi.com
twitter : http://twitter.com/a_c_shizuoka
むすぶ:http://infoshizuoka.blog9.fc2.com/






Profile
New Entries
Archives
Category