RSS1.0 | Atom0.3



小屋とむすぶ連休


スタッフの米澤です。


9月22日、23日の連休中は、打ち合わせ×2や小屋の組み立てに取材と撮影で予定がこんがらがりそうな日程をこなしました。

そもそもこんな日程になったのは、小屋の組み立てシミュレーション天候不良で2回も延期となったからです。三度目の正直!


小屋の組み立ては、あまりにもスムーズに進んで驚きました。

けいごさんと雫石さん、男性スタッフの中でもさわやかさんによる息の合った連携プレーと現場監督化した名倉さんの指示のもと小屋が完成!と、思われたそのとき!手を滑らせて屋根の一部が名倉さんに直撃!!!!!(日頃の仕返し…?)(そして、倍返しされるんじゃ)

一瞬にして場が凍りつき、名倉さんはなにも言葉を発しない。(痛くないの!?)

トラブルはありましたが、屋根をはめ込んで今度こそ小屋が完成!

春の開催では、小屋の中で撮影会を行いました。今回の展示は「MY CUP is …」を行います。

小屋の展示担当のはしもとさんが、完成した小屋の中でイメージを膨らませていました。展示は、開催2日間行われますのでご期待ください!



『むすぶ・鷹匠』の取材で古典菓子のお店、グルノーブルさんへ。インタビュー内容は割愛しますが、自分が好きなお店のこと、店主さんのことを知れてとてもいい時間でした。

これで、メインとなる店主へのインタビューを全て終えました。正直、無事に終わったことにほっとしている自分がいます。しかし、同行していた名倉さんからは「真面目に考え過ぎなんだよ…」と言われてしまいました。どうやら真面目が過ぎてしまい、インタビューが堅かったみたいです。「みたいです」というのは、自分では精一杯でやっているので言われて初めて気がついたということです。

真面目と言えば、学生のときに校内では制服を着崩さなかったり、他のスタッフを待たせているのに「ソフトクリーム食べて行こう」と言われて寄り道しても、ひやひやしてソフトクリームを楽しめなかったりしてしまう自分がいます。(関係ないかもしれない)

不真面目になるんじゃなくて、堅いよりも柔軟な自分になりたいなと思います。

記事は、合格点をもらえるように張り切って書きます!



お店の写真撮影は、開店前にお邪魔しました。お菓子のいい香りに、朝ごはんとお饅頭を食べてきたにも関わらずお腹が鳴りました。

私が時間通りに到着したときには、名倉さんはすでに撮影を始めていました。

名倉さんの集中力が高まりすぎて、言葉を発しても小声で聞き取れないし、聞き返すこともできない雰囲気。とにかく、カメラを向ける方向へ自分の影を作らない、邪魔そうな荷物をすぐにどかす、店の外から撮影するときは柱の影に隠れるなどの出来得る限りの気遣いという気遣いを30分間ほぼ無言で行い、無事に撮影は終了。人の集中力ってすごいなぁと思いました。

『むすぶ・鷹匠』では、スタッフの一生さんと藤本さんが鷹匠町をまわり店舗情報を集めたり、twitterでinstagramをつかって町並みを紹介しています。ぜひそちらもご覧ください!



スタッフ内では、ARTS&CRAFT静岡の開催に向けて、それに『むすぶ・鷹匠』や『くらしのこと市』を含め、スタッフの得意なことを引き出したり、伸ばそうとしたり、やりたいことをサポートし合っています。

遊びに来てくれる人のために静岡の紹介を考えてくれる人、サイトを作ってくれる人、デザインをしてくれる人、小屋企画を盛り上げてくれる人、大工仕事をしてくれる人…。

それは、前回の春季開催前に「動き始めた」と感じたあの時から始まっているように思います。

思いつきで言ったことが、形になったり、次に繋がるヒントになったり、面白く変化していきます。

スタッフみんなが、スタッフという立場を利用して自分がやりたいことをやり、自分の目指すものに向かって行ってほしいと思っています。そうすることによって、ARTS&CRAFT静岡がより一層面白くなりそうな気がします。

それは、「動き始めた」のは“人”だから、 “人”が変化すれば面白くなると思うからです。


米澤あす香

mail : shizuoka@tezukuriichi.com







Profile
New Entries
Archives
Category