RSS1.0 | Atom0.3



静岡手創り市 形づくるシミュレーション


イチゴがおいしい。そんな春です、高木です。

イチゴって遠くから見るとかわいいですけど、近くで見ると意外とかわいくない。

そんなイチゴですが僕は好きです、おいしくて幸せ。


さて、僕自身にとって初めての参加となるARTS&CRAFT静岡手創り市。

そのシミュレーションを先日行いました。

まず、当日は少し早めについて、池の周りを独りてくてくと散歩しました。

もうね、なんとも気持ちがよかった。

なんか気持ちいいんですよ。

そのあと、みんなが集合したときにこそっと名倉さんに言いました。

「ここ、いいですね」って。

名倉さんも言いました。

「いいでしょ、ここ」って。

名倉さんはいい顔して笑ってました。

そんな場所。

僕たちはそんな場所でARTS&CRAFT静岡手創り市を開催します。



開催時シミュレーション。

当日の流れを想定しながら各場所での役割を確認。

自分に割り当てられている仕事を確認。

わかったつもりではいても、試してみると頭の中が整理整頓できていない。

こういう仕事をする、こういう時はこうする。

テンプレートを、頭に入れる。

こうしたほうがいいのではという事は、テンプレート通りやってみて考える。

頭に入っていないこともあって失敗する。

改善点がたくさん自分の中で出てくる。

まだ、想像できない事も多いが、そこは経験不足、とにかく想像を。

そんなこんなで、体感時間としては一瞬にシミュレーションが終わる。

「この場所で、自分が幸せだと思える時間を創りたい。」

僕がこのシミュレーションで感じる事ができた一番重要な事は、この感覚。

僕が幸せに感じられないんだったら、みんな幸せに感じられないでしょう。

そんな時間を作るために必死です。


そんなこんなな新人スタッフこと高木ですが、新人というのは身内だけでのお話。

参加していただく方にとっては、僕はまぎれもない一人の「スタッフ」。

そこに新人とかそういうのはないし、そういう見られ方だってしたくない。

僕は、このARTS&CRAFT静岡手創り市のスタッフ。

参加者全員が気持ちいい時間を作ります。

そういう思いで僕は当日、この場に立ち、実現します。

気持ちのいい場所で、気持ちよくなりにきてください。

遠くから見て楽しそうだなと、近づいて参加してみて楽しいなと。

幸せに、この時を大好きに感じる時間を。

当日がいい天気になる事を祈りながら、今からワクワクしています。


「ハル 星まとう コヤ」企画もお楽しみに。

清水美紅さんの壁画、真っ白な時をこの目で見ました。

その真っ白な壁も、今では清水さんの作った画に。

誰よりも先駆けて、今回開催のアイデアを”形”にしていただきました。

今度は僕たちが、”形”にする番です。



※2014春季A&C出展者紹介は「こちら」clicks!!をご覧下さい。







Profile
New Entries
Archives
Category