RSS1.0 | Atom0.3



東京へ、わたしたち (アキコヤ担当・米澤)


アキコヤ担当スタッフの米澤です。


6月30日で秋季ARTS&CRAFT静岡の小屋企画「アキ 花めでる コヤ」の公募の

お問い合わせを締め切りました。多数のお問い合わせありがとうございました。


先週末は、東京在住のADの清水美紅さんと名倉さんとのアキコヤの打ち合わせのため

アキコヤスタッフみんなで東京へ出張してきました。

スタッフになって3年経ちましたが初の出張。メールで済むこともあるけれど、

済まないことのほうが多いし、もしかしたら会ったときの空気から思ってもないことが

生まれるかも!(あまった時間は吉祥寺散策だ!いぇい)と出張を決めました。


この出張までの1ヶ月間は、3歩進んで2歩下がるような、もどかしいことばかりでした。

やりたいことはあるのに、実現させる手立てが見つからないことや、客観的に考えようと

するあまり、現場の意識が薄れてしまうこと…etc

みんなが同じ方向へ歩いて行けるように話し合いました。

そして、出張まであと1週間というときに打ち合わせでそれぞれがプレゼンをすることを

決めました。

私は、フライヤーをプレゼンすることになりました。

フライヤーを一から考えることは初めてです。

フライヤーに求めることを考えると、まずは手に取ってもらうことが一番。

そのためには小さいほうがいい?大きい方がいい?二つ折のほうがいい?

必ず載せる情報は、企画展のタイトルと参加作家さんのお名前、護國神社での展示日程、

マップ…そうだ、巡回展のお店のマップも必要かもしれない。

持っているあらゆるフライヤーを改めて見てみると、いつもビジュアルしか見ていないけれど、

大きなマップや情報がしっかりと書いてありました。

そうして考えながらノートに図を描いてもぜんぜんイメージが湧きません。

これは、作るしかない。

ハルコヤのフライヤーを少しだけ縮小コピーして、護国神社のマップを切り取る、

A4のコピー用紙を半分にしてフライヤーに見立てて置いてみます。なんだか大きい。

もう少し縮小する。のりで貼る。…

アナログな作業でようやく出来上がって、会議に参加する5人分×2案を一気に作ろうとして

モノクロコピーをしたら一輪挿しの写真が真っ黒になりました。えー!

しょうがないから再度写真をプリントアウトして5人分×2案に貼ります。

出来ました。これが出張の前日でした。

出張前夜は何度か目が覚めてしまいました。心配なことがあるとしっかりと身体に変化が

出るタイプなのです。


そして、フライヤーのプレゼンは自分が想像していた以上に、そして恐らくフライヤー制作

に掛かった時間よりも早く終わりました。

実際に自分が考えていることをそのまま手に取って見てもらったから、スタッフ間の

イメージの共有が出来ました。そして、抜けているところをすぐに指摘してもらえ、

清水さんからもアドバイスがもらえました。

あれだけ心配してたけど、無事に清水さんにバトンが渡せてほっと一息です。


それからプレゼンは他のスタッフの番になり、打ち合わせはずーっと続き、吉祥寺散策は

叶わず時間切れとなりました。

でも、充実した1日なりました。

清水さんと会って話せて「みんなで作っていく」と気持ちが繋がったように静かに

団結できたように思います。そして、他のスタッフもしっかりと準備してプレゼンが

出来たことは、このもどかしい1ヶ月も無駄ではなかったように今は思えます。


打ち合わせが終り、夕飯時にいつもは注文しないクリームソーダを。

おつかれさまでした。




「アキ 花めでる コヤ」担当
 米澤あす香






Profile
New Entries
Archives
Category