RSS1.0 | Atom0.3



#静岡手創り市2019春:日記 前編

 

第18回目となった春の開催を終えて、もうすぐ1週間が経とうとしている。

参加作家の中にはクラフトフェアシーズンにむけて、「次なる準備を!」という方も多いだろう。

生きる為に創作をし。生きる為に創作物を売る。売って得た対価で生活をし、創作物の修練を繰り返す。

それを一生続けることのたいへんさに、現場に身を置きながら、寄り添いたい。

そんなことを改めて考えた2日間だった。

 

 

さて、今回も事前準備よりだらだらと、とりとめもなく、まとまりもなく、綴ってゆきます。

起きたことを、思ったことを、(ほぼ)そのまま話す人間ゆえ、余計なことも、キツめなこともあるでしょうけど、お付き合い下さい。

また、文章の拙さを露呈する箇所が何度もあるかと思いますが、それはそのままスルーしてください。

 

 

4月11日(木曜)。

 

昼過ぎに護国神社に到着し、社務所への挨拶を済ませ、会場のロープ張りを済ませた。

いつからか、事前の会場準備をひとりでやるようになり、試行錯誤の上、今のブースづくりに辿り着いた。

 

この日はとても順調のまま終え、気分良く実家へ帰ることに。

深夜は年老いた両親と共に、いつものイタリアンファミレスへゴー。

 

父親は阿呆のように飯を喰らい、母親と私は一緒にショボいつまみとワインを一本。

いつもと全く変わらぬメニューに、いつもと変わらぬ会話。

 

老いた良心と過ごす深夜のミニマリズム。

いつまでも続けばいいなと思う。

 

 

4月12日(金曜)。

 

さまざまな手違いが重なり最悪のスタート。

大量の荷物が積み込めず、実家の倉庫と護国神社を行ったり来たり。

自分のミスだけれども怒りが込み上げてくる。

なにより、もの凄い焦りが。

 

現場に到着し、少し落ち着いた所で既に設営を始めていた、とある作家さんに声をかけにいく。

 

とある作家とは、今回「薬草喫茶」を企画したひとり、空間演出を担う「ningulu Shinobu Hashimoto」さんだ。

どうやら、橋本さんは私よりも随分と早くに会場入りしたようだった。

 

挨拶もそこそこに自分の作業に取りかかることに。

まずは昨日行ったブース区分けのロープのチェックから。

ロープやペグが外れていないか?ブースNo.の記しが間違っていないか?再度確認。

 

その後、早めのトイレ掃除。

2日間でどれだけの人がトイレを使うのかわからないが、多くの人が使うのはわかりきったことなので、事前のトイレ掃除が大事。

特にトイレの詰まりを回避するため、お通じをよくするため、皆さんご存知、吸引機(通称・スッポン)で執拗にがしゃがしゃと繰り返し、水を流し、再度、吸引しまくる。

あまりに一心不乱に吸引集中していたものだから、神社の職員さんに背後より「ごくろうさまです〜」と云われて吃驚。

「ひゃああhづあ」「うゔぇゔぇb〜」と声にならぬ声が漏れてしまい、職員さんも吃驚。吃驚トイレ祭りだった。

 

話しは変わり、、

 

人間と云うものは時に休息をとることが大切で、現代社会はストレス社会とも呼ばれている。

え?呼ばれてない?ま、そういうことにしといてください。

 

便利になればなるほどに生活は慌ただしくなる。

時に、便利さによって生活が破壊される割に、多くの休みを求める。

便利さからの破壊、とは考えないだろうか。

便利になることをどこかで諦める。

もしくは一部の便利さを捨てる。

そうすれば、自然と休息の時間は増えるよ。

そう思うが、どうだろう?

 

私は余り便利さを選ぶタイプではないが、反面、休みを求めることもなく、自分で云うのもなんだがワーカホリックな人間だと思う。

というか、仕事と遊びの境界線がない故、休む、という意識に欠ける所がある。もう、ずうっとそうだ。

特に半年に1度の静岡では明らかに無理するが、無理をしている時の、良くも悪くもひっくるめた、あのライド感。

あの感触感覚に長いこと中毒ゆえ止められない。

 

そのことを自慢する訳ではなく、無理することを人に勧めることはしないが、好きなことを好きなだけやりたい。

やりたくもないことをしなくていいよう、好きなことで生きる時間のすべてを埋めようとしている。

だって、そうだろう。一日の時間は24時間しかないし、一年は365日と決まってる。

それを自分のやりたいことで埋めてしまえば、どうにもこうにも動かしようがない。

単純過ぎでしょうか…

 

じゃあ、お前の「好き」とはなんだ?と云われたら、果たしてどれだけ楽しい時間があるのか疑問だが…

好きだから楽しい時間があるという訳でもない。

端的に云えば、こう。

 

自分の好きにすべてを捧げたい。

捧げよう。そう決めている。

それは随分と前に決まっていたから。

 

とはいえ、私も生身の人間。

 

肉体的な疲れがたまることはなくても(これからやってくるだろうね…)、内面の疲れがいつしかたまり、時々、身体が動こうとしなくなることがある。自分の意に反して。

おそらく、自律神経の問題ではあると思うのだが、年に1度か2度、身体がいかんとも云うことを聞いてくれない数十分、数時間がやってくる。

それが今回、前日準備の駐車場のライン引きの際にやってきた。よりによって。。

こうなるともう、どうにもならないので、近くのベンチにどうにか腰掛け、じっとするのみ。

時間にして1時間ほどだろうか…身体が「動いてやるよ」というサインを投げてくれ作業を再開。

あれがあのまま数時間続いていたらとても困ったな。ほんと。

 

夕暮れと共に雨もやってきて、どうにか出来ることはやっておしまい。

 

「そうだ!薬草喫茶の設営はどうなってるだろう?」と思い、お邪魔しに行ったら、橋本さんともう一人、明日からの出展者の方がいて手伝いをしてくれているようだった。

 

お互いにはじめましての初対面なのにね。

なんだかいいな。そう思った。

 

 

夕暮れから闇がやってきて夜になり、雨は止まず。

そろそろ家に戻り、あとひと仕事ふた仕事しなきゃ…と思い、橋本さんへ先に帰ることを告げた。

先に帰ることを告げた時、手短ではあったが、橋本さんの設営に対しての感謝を込めて伝えた。

 

「一日ごくろうさまです。まだ、続けますか。根気よく頑張って下さってありがとうございます。」

「遠くで様子をうかがってましたが、出来上がってゆく景色は奇麗でした。」

「暗くなり雨が降っても作業を続けること。それは、誰でも出来ることではないですし、その過程を少しでも立ち合えて良かったです。」

 

彼に伝えたいことはもっともっとあったけれど、本音をサクッとまとめてしまうとそんな感じだった。

 

繰り返し思う。

繰り返し何度でも云う。

 

出来上がったモノやコト。

完成されたモノやコト。

そのことへの興味よりも、過程に興味がある。

立ち合いたい。

そういった場に身を置きたい。

 

理由。

 

過程にこそ私が求めて止まない感動や価値があるから。

そして、過程は皆のものではなく、そこに存在した人間だけのものだから。

 

これは私個人の価値観です。

その価値観によって、手創り市という場をつくり、現場に身を置いてます。

 

自分が感動したことや喜びを誰かに「話す」ことは出来ても、過程の素晴らしさや感動を「教える」ことは出来ない。

そもそもそれは、教えるものではなく、立ち合うことを、現場にいることを選んだ者だけの特権だから。

 

あの日あの時、私は橋本忍さんという人間の、価値観に基づく行いに触れることができた。

もし人から「今季の開催で収穫をひとつあげれば?」と、そう問われたら、迷わずこう回答するだろう。

 

『ningulu Shinobu Hashimoto』という信頼できる人を見つけてしまったこと。」

「彼の行い。姿勢。態度。に触れることが出来たこと。」

「それが、何よりもの収穫です。」

 

 

 

 

前編はこれにて終了。

 

次は中編。

「キレとクチあたり」を中心に会期中に感じたこと。

見たことを綴ってゆきます。たぶん。

 

気分で変更する場合も御座いますが、しょせんは日記と戯れ言。

ご勘弁下さい。

 

それではまた。

 

名倉哲

 

____

 

 

【第18回A&C静岡のまとめ】CLICK!!

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集について*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





2019年春季A&C静岡:開催のまとめ

 

 

2019年春季開催は無事閉幕しました。

 

次回開催は2019年10月12日(土)13日(日)。

 

皆さまとお会いできることを楽しみに日々精進。

秋の開催もよろしくお願い致します!

 

名倉哲

スタッフ一同

 

 

 

第18回ARTS&CRAFT静岡手創り市のまとめをご案内致します。

 

開催日 2019年4月13日(土)14日(日)

時間 9:00〜16:00 ※雨天開催

会場 静岡縣護国神社 ※来場者専用駐車場無し

 

 

【各エリアの出展者紹介】CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=1436

 

ハッシュタグ特集をやってます!

INSTAGRAM_#静岡手創り市2019春 CLICK!!

 

 

画像をクリックして頂くと該当する情報をご覧いただけます。

ご来場前にぜひともご確認下さい!

 

 

【今季のテーマ:キレとクチあたり】まとめ。CLICK!!

 慣れ親しむと気になる奥深さ。

 けれど、そこまでマニアックではないその視点。

 使えば使うほどに、交われば交わるほどに気になる、キレとクチあたり。

 

 

*2019年春季A&C静岡ワークショップまとめ*CLICK!!

 

 

*オリジナルショルダーバッグの販売*CLICK!!

 

 

 

<ご来場者の皆さまへ。お知らせ。>CLICK!!

 

 当会場の案内からクラフトフェアを楽しんでいただく為に。

 ご来場前にご覧頂けたら幸いです。

 

 

「おいしい、静岡」CLICK!!

  静岡市内を中心にスタッフの独断と偏見で美味しいものをご紹介!

 

「ぐるり、静岡」CLICK!!

  静岡県内の様々な施設や店舗をご案内しております!

 

 

_

 

 

*2019年秋季のお知らせとなります*

 

◯秋季開催

開催日:10月12日(土)13日(日)

申込期間:7月1日消印〜7月31日事務局必着まで

出展者発表:8月11日(予定)

 

 

今秋は「ハレの日の装身具」というタイトルで出展エリアをつくります。

_

 

 

*A&C静岡運営スタッフ募集について*CLICK!!

http://shizuoka-info.jugem.jp/?eid=850

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





【ご案内】静岡手創り市、ご来場者の皆様へ。

 

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市へご来場頂く前のお知らせをまとめました。

ご来場前にぜひともご覧ください!

 

 

ー ARTS&CRAFT静岡手創り市とは?

 

年2回。4月と10月に静岡縣護国神社で開催されるクラフトマーケットです。 

全国より140組以上もの、陶磁・木工・ガラス・金工・皮革・染織などの”個人の作家”と、素材にこだわりの持ったフード部門の店舗が集います。

会場では”作ること”を体験できるワークショップもあります。

つくり手と触れ合いながら、お買い物や食事を楽しんでください。

 

 

ー 開催日時は?

 

4月13日(土)14日(日)の2日間。

時間は9:00から16:00です。

入場無料。雨天開催。 

 

〜お願い〜

朝方の場内は出展者の搬入車両の行き来があり歩行が危険です。

万が一の事故を避ける為、8時前のご来場はお控えください。

 


ー 駐車場は?

 

来場者専用駐車場はございません。

周辺コインパーキングをご利用ください。

 

・電車など公共交通機関をご利用をおすすめしております。

JR線・東静岡駅北口より徒歩12分

静鉄・柚木駅より徒歩3分

 

・自転車やバイクでお越しの場合、指定の駐輪場へとめるようにしてください。

 

〜ご注意ください〜

会場周辺の路上駐停車は近隣住民の方への迷惑行為です。

路上駐車、お車でのお迎え、待ち合わせ等はお止めください。

なお、タクシーを使ってのご来場もご遠慮ください。

 

 

ー作品の写真を撮りたいのですが。

 

作品の写真を撮影する際には必ず出展者の方に声をお掛けください。

無断での撮影はお控えください。

三脚や自撮り棒を利用しての撮影は周囲の方への迷惑となるので禁止と致します。

たったこれだけのことで誰もが心地よく過ごせます。

 

 

ー 小さな子どもを連れていきたいのですが? 

 

会場には割れ物や飲食品の取り扱いがとても多い場所です。

万が一のトラブルの際には自己責任となります。ご注意下さい。

 

当会場は砂利敷のため、ベビーカーが進まないことがあります。

会場INFOではベビーカーをお預かりすることは出来ません。

なお、授乳室や託児所の設備も御座いません。

予めご了承ください。

 


ー ペットを連れていってもいい?

 

ペットを連れてのご来場は、ご遠慮願います。

会場は割れ物や飲食品の取り扱いがとても多い場所です。

また、開催中はとても混雑する時間帯が御座います。

どんな状況であれ、万が一のトラブルの際には自己責任。ご注意下さい。

 

 

ーほか注意事項をご来場前にご確認ください。

 

◯場内は禁酒禁煙となります。

喫煙所は別途、場外へ用意しておりますので会場マップをご確認下さい。

なお、雨天時には喫煙所は撤去されます。

予めご了承ください。

 

◯会場にはゴミ箱の用意がございません。

店舗さんで購入した商品のゴミは購入した店舗さんへ返却してください。

ほか、ご自身で持ち込んだもののゴミはお持ち帰り下さい。

 

◯雨天開催時は長靴などのご準備、雨対策は万全に。

 

 

_


ここまでご覧頂きありがとうございます。

 

すべては出展する作家とお客さまに気持ちよく過ごして頂ける為の事前の案内となります。

ほか、会場でなにかお困りの場合には、

「INFO」または「STAFF腕章」をしているスタッフまでお声がけ下さい。

 

 

※ご来場前のお問いあわせは下記メールまでお気軽にどうぞ。

 shizuoka@tezukuriichi.com

 

 

ARTS&CRAFT静岡

手創り市

名倉哲

スタッフ一同

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 





「薬草喫茶」フードエリア 池のほとりにて

 

 

「薬草喫茶」

 

 

ARTS&CRAFT静岡手創り市。

池のほとりで小さなお茶会をひらきます。

 

 

ningulu 橋本忍さんの創る空間。

 

うつしき喫茶の田代沙織さんの茶菓子。

 

チムグスイ鈴木七重の淹れる薬草茶、ハーブティー。

 

出展作家さんたちの器。

 

 

2日の間、立ちあらわれて、消えさっていく空間。

様々にゆらぎ、うつろうものたちをご一緒に愉しめましたら、幸いです。

 

 

 

 

 

 

空間演出 :橋本忍(ningulu)

茶菓子 :田代沙織(うつしき喫茶)

薬草茶 :鈴木七重(チムグスイ)

 

 

「器協力作家」

佐野元春(エリア1−1)

小黒ちはる(エリア1−11)

前田麻美(エリア1−18)

IVY Pottery(エリア3−2)

寺田昭洋(エリア3−9)

小林徹也(エリア3−11)  

石原ゆきえ(エリア4−3)

 

 

「日時」

◯4月13日(土)11:00〜12:00 締め切りました

◯4月13日(土)14:00〜15:00

◯4月14日(日)11:00〜12:00 残席僅か

◯4月14日(日)14:00〜15:00

 

「定員」

各回9名

※事前予約制とします

 

 

「参加費」

2000円(薬草茶2種、茶菓子)

※対象年齢は設けておりません。

なお、1時間のあいだ、一緒にお茶を愉しめるようでしたらお子様のご参加も可能です。

その際はお子様ひとりにつき一名様の料金をいただきます。

 

 

「場所」

フードエリア「★印」池のほとりにて

 

 

「ご予約方法」下記の通りとなります。

 

件名を「薬草喫茶 申し込み」としてください。

 

-----------------------------------------

・ ご希望の時間(例、13日11時から)※第2希望まで頂けると幸いです

・ 氏名( 全員のお名前 )

・ 参加人数

・ 携帯電話番号(代表者の方が必ずお答え下さい)

-----------------------------------------

 

上記項目をご記入の上 shizuoka@tezukuriichi.com  担当スタッフ までメールにてお申し込み下さい。

 

お申し込み後、担当スタッフよりご返信いたします。

返信をもって、参加予約完了となります。

(2日以上返信がない場合、お手数ですがお問い合わせください。)

 

※携帯からお申し込みの方は、パソコンからのメールを受信する設定にしてください。

※参加予約は先着順となります。予めご了承ください。

※ご予約のメールを確認した時点ですでに定員を超えてしまっていた場合、空いている時間帯を勧めさせていただくことがございます。

 

※薬草喫茶のご予約締切は 4月10日 と致します。

 

 

【ほか、ご案内】

*当会場は雨天決行です。予めご了承下さい。

*当会場にはご来場者専用駐車場が御座いません。公共交通機関でお越し下さい。

*参加者のみお席をご用意致します。

 

____

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 





キレとクチあたり:大隅新(スタッフさとう)

ARTS&CRAFT静岡手創り市

2019年春季開催企画

 

「キレとクチあたり」

 

慣れ親しむと気になる奥深さ。

けれど、そこまでマニアックではないその視点。

使えば使うほどに、交われば交わるほどに気になる、キレとクチあたり。

 

今回、わたしたちスタッフは参加作家へQ&Aをしました。

ぜひご覧ください!

 

 

 

 

大隅新(陶磁)

 

出展場所:エリア1−10

 

担当スタッフ

さとう

 

 

さとう:

今回「キレとクチあたり」に参加してくださる大隅新さんにQ&Aいたしました。

まずは自己紹介をお願いします。

 

大隅 新:

岐阜県加茂郡八百津町というところで制作をしています。

周りは山や田んぼに囲まれた自然豊かな所です。

作っている作品は、日常使いのお皿や鉢等で、主に今は粉引きと瑠璃釉のうつわを作っています。

 

さとう:

最近お引っ越しをされたと耳に挟みましたが、引っ越し前と後で何か制作に変化もしくは影響はありましたか?

 

大隅 新:

去年の7月に岐阜県の八百津町という所に引っ越しました。引っ越してから、家から見える田んぼに降る雨がとてもきれいだなと思いました。今まで雨がきれいだとかそういうことを思ったことは

なかったのですが、八百津町に来てとても気持ちよく制作出来ています。あと夕日を見ながらビールを飲むのが好きです。

 

さとう:

自然豊かな所にお引っ越しされたようで。

夕日にビール、一曲出せそうです。

ビールを飲むのはご自身の酒器でしょうか?

 

大隅 新:

そうですね、いろいろなうつわでビールを飲みますが、自分のうつわで飲むことが多いです。

 

さとう:

今季のテーマ「キレとクチあたり」では、どんな作品を出品してくださいますか?

 

大隅 新:

「キレとクチあたり」では急須、湯のみ、片口、盃などを出品したいと思っております。

特にクチあたりに関しては、クチの部分の厚み(薄いとキリッとしたり、ぶ厚いとまろやかになったり)や、形状(開いているのか、すぼまっているのか、切立なのかなど)で実際に味の感じ方に違いが出てくるので面白いなと思っています。

 

さとう:

たくさんの作品を出品してくださるんですね。たのしみです。

クチの部分の厚みや形状で実際に味の感じ方が変わるとのことですが、大隅さんが制作されるにあたってのこだわりを教えてください。

 

大隅 新:

基本的には自分が作っていて楽しい、好きな形を作るのですが、お茶を飲む為の湯のみ等は飲みやすさを意識します。

お酒を飲む為の酒器を作る時は色んな形を作ります。作っている時のイレギュラーなことやハプニングを楽しんで作っています。焼いてから酒器に見立てることもあります。お酒は楽しんで飲むのが一番だと思うので、お酒の場を楽しむ色んな面白い酒器があっても良いかなと思います。

 

さとう:

まずは“自分自身が楽しむこと”見失いがちですが、とても大事なことですね。

最後に今回キレとクチあたりに参加すること、今回の静岡手創り市に向けてお言葉を頂戴したいと思います。

 

大隅 新:

今回「キレとクチあたり」に参加するにあたり、自分にとってチャレンジの気持ちもあり参加させていただきました。

縛りがある中で作る方が面白いものが出来ると考えながら作っています。

少しでも面白いものを出展できればと思います。

よろしくお願いします。

 

 

私の中で大隅さんは少しポーカーフェイスな方だと思っていましたが、今回Q&Aでお話を伺う中でそれは私の受け止め方の問題だったのだと感じました。

 

今回のQ&Aを経て、春にお会いできるのがより楽しみになりました。

 

茶屋すずわさんによる体験の場「呈茶の会」には、大隅さんの作品が体験出来ます。

 

大隅さんのブース1−10ではキレとクチあたりに関する様々な作品が並ぶ予定です。

 

いつかビールで乾杯しましょう。

大隅さん、制作の中ご協力いただきありがとうございました。

 

担当スタッフ

さとう

 

____

 

 

Mail shizuoka@tezukuriichi.com

HP http://www.shizuoka-tezukuriichi.com

Instagram

twitter

Facebook

 

 








Profile
New Entries
Archives
Category